【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

  • 2019/11/14

1月のフロリダから始まった米女子ツアーも、いよいよ最終戦「CMEグループ・ツアー選手権(11月21日〜24日)」を残すのみ。19年シーズンは目まぐるしく様々な選手が活躍した。たとえば世界ランク1位は4回入れ替わり、初優勝を6選手が決めた。いったいどんなニュースが、どんな選手が、あなたの印象に残っているだろうか。ゴルフ界を賑わせた出来事をランキング形式でまとめた。最終戦が始まる前に、今季のハイライトをおさらいしてみよう。

【1位】渋野日向子が42年ぶりに日本勢として海外メジャー制覇!!
20歳の渋野が8月の「全英AIG女子オープン」を制した。試合中でも笑顔を絶やさない渋野に海外メディアが“スマイルシンデレラ”と命名。帰国後の国内ツアーでは、ギャラリー数が大幅に増加するという“シブコ・フィーバー”が巻き起こった。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【2位】畑岡奈紗が日本人史上最年少で米女子ツアー3勝目!
3月の「キア・クラシック」で畑岡が今季初優勝を挙げた。20歳2カ月18日での米女子ツアー3勝目は日本人史上最年少記録である。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:南しずか

【3位】コ・ジンヨン(韓国)が圧勝!
今季の勝利数トップとなる計4勝して、コが最優秀選手賞を勝ち取る。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの翌年の受賞は、米女子ツアー史上4人目。最終戦の結果次第で、賞金女王、ベアトロフィーの3冠達成の可能性あり。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【4位】新世代の台等
今季のメジャー5戦で優勝したのは、国内ツアーのルーキーや米女子ツアー2年目までのいずれも若者であった。コ・ジンヨン(ANAインスピレーション、エビアン・チャンピオンシップ)、イ・ジョンウン6(全米女子オープン)、ハナ・グリーン(KPMG全米女子プロゴルフ選手権)、渋野日向子(全英AIG女子オープン)。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【5位】韓国勢に敵なし
今季32試合のうち韓国勢8選手で計14勝を挙げる(11月11日現在)。イ・ジョンウン6がルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝く。韓国勢の受賞は15年から5年連続となった。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【6位】日本勢、躍動!
今季米女子ツアーに参戦した日本勢5選手のうち、畑岡奈紗、野村敏京、上原彩子、横峯さくらが年間賞金ランク80位以内に入り、来季のシード権を獲得。また山口すず夏、そして国内ツアーの河本結がQシリーズ(最終予選会)に挑戦。見事に来季の出場権を手に入れた。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

【7位】スーザン・ペターセン(ノルウェー)が有終の美
38歳のペターセンが9月の「ソルハイムカップ」の試合後、電撃引退を発表した。現役最後のプレーは、欧州チームに勝利をもたらすウイニングパットであった。宮里藍のライバル世代がまた一人、現役を退いた。生涯成績は通算22勝:米女子ツアー15勝、欧州女子ツアー7勝。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【8位】優勝賞金が過去最高!!
昨年の「CMEグループ・ツアー選手権」では、CMEポイント年間レースの覇者が100万ドル、大会優勝者が50万ドルを手にした。だが、ルール変更して、今年は大会優勝者のみ米女子ツアー史上最高の150万ドル(約1億6200万円)を受け取る!!

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【9位】「ANAインスピレーション」「オーガスタ女子アマチュア選手権」が同週開催に
同週の開催のため「ANAインスピレーション」を辞退して、新設の「オーガスタ女子アマチュア選手権」に出場したアマチュアが複数人いたため、物議を巻き起こした。なお「オーガスタ女子アマチュア選手権」では、18歳の安田祐香が3位タイ入賞を果たした。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

【10位】比嘉真美子がメジャーで大健闘!
最終的に5位タイに甘んじたものの、比嘉は「全米女子オープン」で優勝争いを演じた。昨年の全英女子の4位タイに次ぎ、存在感を示した。

【南しずかコラム】2019年を振り返り!「米国女子ゴルフツアー10大ニュース」

写真:GettyImages

今季のMVPは間違いなくコ・ジンヨンである。年間を通して安定感が際立っていた。だが、日本のゴルフファンの話題をかっさらったのは、メジャー制覇した渋野日向子である。若い日本人選手の飛躍は喜ばしい限りだ。来年は、東京五輪という普段以上のプレッシャーと期待が各国の代表候補選手にのしかかかる。渋野もメジャーを中心に数試合に出場すると予想される。代表に選ばれるためには1戦ごと、特にメジャーの結果が重要となるからだ。五輪イヤーの米女子ゴルフツアーで、どんなドラマが生まれるのだろう。

(文・南しずか)

南 しずか SHIZUKA MINAMI

1979年生まれ、東京都出身。大学卒業後に渡米し、「International Center of Photography(国際写真センター)」フォトジャーナリズム及びドキュメンタリー写真1カ年プログラム修了。LPGA女子ゴルフツアーをはじめとしたスポーツ分野を中心にフリーランスのフォトグラファーとして活躍。2009年より米女子ゴルフツアーを取材。通信社や「スポーツ・イラストレイテッド」、「Sports Graphic Number」、ゴルフ雑誌などスポーツ媒体で精力的に活動中。
インスタグラム:https://instagram.com/minamishizuka/

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの