今季メジャー最終戦、エビアン・チャンピオンシップが開幕!元広島投手の川口さんが副音声で出演「ゴルフと野球は精通している」

  • 2018/09/14

今季メジャー最終戦、エビアン・チャンピオンシップが開幕!元広島投手の川口さんが副音声で出演「ゴルフと野球は精通している」

(c)WOWOW

LPGA女子ゴルフツアーの今季メジャー最終戦、エビアン・チャンピオンシップが13日にエビアン・リゾートGC(フランス)で開幕した。日本勢は、19歳のエース畑岡奈紗、上原彩子、横峯さくららが出場している。本大会を連日中継するWOWOWの副音声には、広島東洋カープ、読売巨人軍で活躍した川口和久さんが生出演。川口さんは、無類のゴルフ好きでゴルフクラブのセッティングはプロ顔負けのこだわりよう。そんな球界を代表した左腕投手に、初日のことやゴルフと野球の類似性などをたっぷりと聞いた。

(c)WOWOW

Q.WOWOW初出演の感想はいかがですか?

「楽しい番組でした。ゴルフの中継を副音声でやるのは初めてだったので、ゴルフは大好きですが少し緊張しました。野球の解説では流れが分かっているのでそんなに緊張はしないです。メジャーが始まるということでいい場所でやらせていただいて、すごく感激しています。」

Q.ゴルフがかなりお好きですが、ゴルフとの出会いはいつですか?

「アメリカです。プロ2年目の秋に(アリゾナの)教育リーグに行かしてもらい、そこで、投手コーチだった外木場さんから「ゴルフ行くから付き合え」と言われました。練習が休みの時です。それまでクラブを振ったこともなければ、持ったこともありませんでした。初めてクラブを振ったのは右でした。僕は元々左投げ右打ちでしたので。(ハマるようになったのは)一番最初に教わった人(外木場さん)が良かったですね。ゴルフで一番大事なのはグリップで、正しく持つように言われました。初めに教わったのは、とにかくクラブを肩まで上げて、そこからボールの手前のターフを思いっきり取りにいけ、と言われました。野球に通じることはありました。バットスウィングは横に振る。その分腰を曲げて、上からしっかりボールをコンタクトするように言われました。最初はやっぱりスライスしか出ませんでしたが、グリップをストロングにしたら曲がりが抑えられました。初めてのゴルフは前半62、後半58の120でした。それで、日本に帰ってカープのコンペに出たら優勝してしまいました。その時のハンディキャップ委員長は山本浩二さんでした。いきなり優勝したもんだから、36だったハンデキャップが24にされました。次のコンペでも優勝してしまい、そうしたらハンディキャップが18になりました。そこから壁にあたりましたね。」

Q.壁を超えたきっかけを教えてください。

「やはり練習ですね。プロ野球選手は11月から翌年1月が休みなのですが、その間に20回ほどゴルフに行きました。それは(ゴルフが)うまくなりますよ。カープ時代は(大分の)湯布院でオーバーホールをしていたのですが、必ず毎日ゴルフですよ(笑)。温泉、ゴルフ、温泉、ご飯、ゴルフの繰り返しですよ。ギアもどんどん良いものになりました(笑)。ジャイアンツに移籍してからも、宮本(和知)、槙原(寛己)、斎藤(雅樹)といったピッチャー陣でしょっちゅうゴルフ行っていました。2011年から2014年までジャイアンツのコーチをした時もキャンプの休みとシーズンオフはほとんどゴルフをしていました。原(辰徳)ともしょっちゅうプレーしたけど、彼は上手いんですよ。」

Q.川口さんのベストスコアはいくつですか?

「僕は69です。でも、一番自負しているのは、レイクウッドゴルフクラブのフルバックで回ってパープレーだった時です。その時は、蓑田(浩二)さんと一緒に回って、蓑田さんは71でした。それが一番自分の中で自負するところです。ハーフのベストスコアは31で、その時は3バーディ、1イーグルでした。」

Q.川口さん、原さん、蓑田さんとプロ野球選手はゴルフがうまいイメージがありますが、ゴルフと野球の類似点はありますか?

「ありますね。(一番の共通点は)ボールを運ぶことと背筋を使うことです。あとは体重移動です。要するに、野球もゴルフも体を捻るスポーツです。切り返すタイミングはピッチングと良く似ています。ピッチャーもゴルフもトップを作って切り返す。下半身をうまく使って上体をうまく合わせていくと、ボールをちゃんとつかまえられます。ゴルフはタイミングをちょっとずらすことでスライスしたり、体を止めることでフックをかけたりします。これは全く野球と同じです。カーブを投げる時に体を止めて腕を振るとカーブがよく曲がります。シュートを投げる時は体を早めに開いて腕を振ります。スライスもフックもカーブもシュートもある意味体の使い方のタイミング次第です。なので、野球とゴルフはよく似ています。あるゴルフの好きなコーチが、野球でボールが飛ばない選手にゴルフをするように勧めたら、シーズンオフにその選手がゴルフ上手くなったんですよ。ゴルフでボールを飛ばすには捻りと体重移動のタイミングを教えたら、急激に(野球の)ボールの飛距離が伸びました。そういう事例があります。14本のクラブには違う機能がみんなあります。野球のピッチャーもストレートだったり、変化球でもカーブ、シュート、スライダー、フォークとみんな変化が違って機能が違います。そういうボール使い、バット使い、グローブ使いというのは、ゴルフに精通するところがあります。」

Q.話をエビアン・チャンピオンシップに戻します。畑岡奈紗選手は初日を、-4の4位タイでホールアウトしました。初日の畑岡選手はいかがでした?

今季メジャー最終戦、エビアン・チャンピオンシップが開幕!元広島投手の川口さんが副音声で出演「ゴルフと野球は精通している」

(c)WOWOW

「畑岡奈紗さんの上がり3ホールは、3連続バーディでしたが、そんな感じがしていました。というのは、パターの距離があっていたからです。パターも良かったし、最初はショットが乱れていたけど、ロングホールでスプーンで打って刻んで最初のバーディを取りました。あれが、一種の切り替える能力だと思います。バーディ取ったホールでショットが曲がりながらも跳ね返ってグリーン位置まで転がって下りのラインに入りました。ミスが重なった時にバーディを取ったのは運も味方していますが、それを自分のリズムに変えられたのがすごいと思います。ピッチャーで言えば、二死満塁になって四球出してヒット打たれて死球与えてグダグダな時もありますが、そこで切り替えられてゼロに抑えて、そのあと味方が大量点を取ってくれて勝つなんて平気であります。そんなメンタルの強さが畑岡選手には感じられます。」

Q.ゴルフでは畑岡選手、テニスでは大坂なおみ選手、メジャーリーグでは大谷翔平選手が若くして海外で活躍しています。海外で活躍している選手についていかがですか?

「大谷は楽しんでいますよね。彼は楽しんでやっているからいい方向にいきますよ。良い風が吹いています。田中将大は5年連続で2けた勝利。やはり、良い選手には良い風が吹いています。僕も若い頃に言われました。良い選手と付き合えば、良いものがもらえると。一軍の大野(豊)さん、北別府(学)さん、高橋(慶彦)さんと付き合って可愛がってもらったので、自分にも良い風が吹きましたよ。」

Q.この日の中継を見て気になった選手と、これからも応援していきたい選手について教えてください。

「やはり、奈紗ちゃん。(日本人選手の中で)一番メジャーに近いと思います。アメリカのツアーで1勝していますが、メジャーに勝つことは、選手にとって大きいです。勲章になります。畑岡選手は能力もあるしメンタルも強いので、今後も期待したいですね。あと、一緒にゴルフを回ったこともある上原彩子ちゃん。彼女が学生の頃に沖縄でプレーしました。こういうご縁もあって、上原選手にはいつも頑張ってほしいと思っています。」

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの