実況 桜田明彦のメジャーコラム【全英女子リコーオープン】

  • 2018/08/01

実況 桜田明彦のメジャーコラム【全英女子リコーオープン】

世界最古のメジャー、男子の「全英オープン」が始まったのは1860年。147回目となった今年は、イタリアのフランチェスコ・モリナリが見事な逆転でメジャー初優勝を成し遂げました。これに対して「全英女子オープン」の第1回大会は1976年で、メジャーへ昇格したのが2001年ですから、まだまだ若いイベントと言えます。イギリスのゴルフの歴史から考えると不思議な感じがするかもしれませんが、実はプロの大会に先駆けて「全英女子アマチュア」の方は今から125年も前の1893年から行われており、これは男女同時に始まった「全米アマチュア」より2年早いものでした。

この「全英女子オープン」は、LGU(イギリス女子ゴルフ連盟)の主催でLET(欧州女子ツアー)のイベントとしてスタートし、1984年には日本の岡本綾子さんが優勝しています。その後アメリカのLPGAとの共催となり、去年から主催者が男子の「全英オープン」と同じR&A(ロイヤル&エンシェント)に代わりました。

さて“全英オープン”といえば海岸線のすぐそばに広がる“リンクス”というイメージですが、今年の会場「ロイヤル・リザム&セントアンズ」は、アイリッシュ海から約2.5キロ離れています。“全英”開催コースの中ではやや内陸に位置しており、プレー中に海が見えることはほとんどありません。ただし200個を超えるポット・バンカーとグリーンの独特のアンジュレーション、そして海からの重い風に選手は苦しめられることでしょう。

このコースでは、男子の「全英オープン」が過去11回開催された他、欧米対抗戦「ライダー・カップ」が2回、「全英シニアオープン」が4回、そして「全英女子オープン」は今年で5回目の開催を数えます。「マスターズ」の創始者で生涯アマチュアを貫いた球聖ことボビー・ジョーンズの“全英”初優勝(1926年)は、このコースでした。その栄冠を称えるプレートが17番ホールに埋め込まれています。メジャー初のレフティ(左利き)の優勝者となったボブ・チャールズの優勝(1963年)も、このコース。そして1979年の最終日、16番ホール横の臨時駐車場からのスーパーショットで優勝をもぎ取ったのがセベ・バレステロスでした。

「ロイヤル・リザム&セントアンズ」での、過去2回の「全英女子オープン」では、2009年に宮里藍が3位タイ、宮里美香が11位タイ。2006年には宮里藍9位、横峯さくら16位タイと日本勢が健闘を見せています。今年は、日本から6人が出場を予定しています。フェアウェーが硬い“リンクス”ならば、飛距離に劣る選手でも充分に戦えるチャンスがめぐってきます。日本人選手がコースに果敢に挑戦する姿を応援しましょう。

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの