実況 桜田明彦のメジャーコラム【全米女子オープン】

  • 2018/05/24

実況 桜田明彦のメジャーコラム【全米女子オープン】

画像提供:Getty Images

(左上から時計回り)ブルック・ヘンダーソン、パク・ソンヒョン、ミシェル・ウィー、レクシー・トンプソン、上原彩子、畑岡奈紗、野村敏京

 今シーズンのメジャー2戦目「全米女子オープン」と言えば、1946年に始まり、現在5つのメジャーの中では、最も古い歴史を誇る大会です。アメリカ最古の女子スポーツ団体組織と言われているLPGA (Ladies Professional Golf Association) の創設が1950年ですから、その4年前から行われていたことになります。ここでちょっと、女子ゴルフのメジャーの歴史を振り返ってみましょう。

 実は、現在は開催されていませんが「全米女子オープン」より古いメジャー・トーナメントがLPGAツアーの記録によると、2つもありました。1930~67年に行われていた「ウエスタン女子オープン」と1937~1972年(2度の中断あり)の「タイトルホルダーズ選手権」です。

 1955年に「全米女子プロゴルフ選手権」が加わったことで、男子同様メジャーが4試合となりましたが、上記の2つが消滅した後は一旦2試合に減り、1979年に当時カナダのナショナル・オープンとして開催されていた「デュ・モーリエ・クラシック」(2001年からは「全英女子オープン」に引き継がれた)と1983年「クラフト・ナビスコ選手権」(現「ANAインスピレーション」)で再び4試合に、さらに2013年「エビアン選手権」の昇格で5つのメジャー大会となりました。

 ところで本選出場資格のないプレーヤーが「全米女子オープン」へ出場するには、プロゴルファーもしくは公式ハンディキャップ2.4以下のアマチュアが、主催者のUSGA(全米ゴルフ協会)へ申し込んで、36ホールの予選会を勝ち抜く必要があります。エントリー料は、わずか$200(約2万2千円)です。今年は、全米21会場の他に、日本、英国、韓国、中国(上海)。合わせて25会場で行われました。USGAによると、今年の大会には1,592人がエントリーし、4月末の段階で本選へ出場できる資格を持っていない約1,500人が、予選会で戦いました。

 さて「公式ハンディキャップ2.4以下なんて無理だから、プロ宣言して申し込もう。」などと思っている方がいるとしたら、ちょっとお待ちを。確かに日本のプロ資格は、比較的厳格(女子の場合、プロテストかクォリファイ・トーナメントの通過、ティーティングプロ認定など)なので、そんな人はまずいないでしょうが、国によっては限りなく自己申告制というところもあるようです。それでも戦えるだけの実力があれば、大会としては大歓迎でしょうが、予選会の場でも大叩きをして他の選手の迷惑になるような選手は、当然お断りです。

 実は、そんな事件が去年の男子「全米オープン」一次予選会で起きていたのです。2017年5月11日アラバマ州シルバー・レイクスでの予選会に出場した、ミシシッピ州出身の自称プロ、クリフトン・マクドナルド氏は、先に回ったバックナインの16番パー5で14、18番パー4で11を叩くなど9ホール終了時点で32オーバーの68。その後も棄権することなく18ホールをプレーし、55オーバーパーの127で終了しました。その情報は、すぐ後ろの組を回っていた米2部ツアーメンバー、リー・マッコイ選手のツイッターで瞬く間に拡散し、米国内のスポーツ誌にも取り上げられる注目の惨事?となりました。

 もちろんUSGAとしても予防策として、予選会のスコアがコース・レーティング(スクラッチ・プレーヤーが通常出しうるスコア)より12打(男子は8打)を上回った場合、翌年以降の予選会には、プレーの能力を証明する書類などを提出しない限り出場できなくなる旨、申込書には記載されています。それにしても、とんでもないプロゴルファーがいたものです。

 今年の「全米女子オープン」には、日本での予選会を勝ち抜いた5人を含め、総勢9人の日本人選手が参戦します。好プレー、そして優勝争いを期待しましょう。

文:桜田 明彦 サクラダ アキヒコ (実況)

9年間の地方局アナウンサー勤務ののち、1991年渡米。
ロサンゼルスの日系TVプロダクションで、ディレクター兼リポーターとして5年間、事件やスポーツ報道に携わる。1996年10月「ゴルフチャンネル」の日本向け放送開始とともにフロリダへ。以来、トーナメント中継の実況や特別番組の制作などを担当。

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの