【南しずかコラム】横峯、山口、上原、野村 ―― 新たな戦いは真夏から!?

  • 2019/02/04

【南しずかコラム】横峯、山口、上原、野村 ―― 新たな戦いは真夏から!?

 新規則が施行されて、約1ヶ月が経過した。大した混乱もないようにも思われたが、ついに規則違反のニュースが飛び込んできた。1月27日、UAEのドバイで行われた欧州男子ツアーの試合で、リ・ハオトン(中国)が2打罰を受けたという。最終ホールでパッティングのスタンスを取り始めた時に、キャディがハオトンの後方線上に立っていたことがホールアウト後に判明した。新ルールでは「プレーヤーがスタンスをとり始めてからストロークを行うまでにキャディはプレー線の球の後方延長線上やその近くに故意に立つこと」が禁止されている。(ハオトンの名誉のために付け加えておくが、映像を見る限り、故意ではなかった。)

 横峯さくらは2004年にプロに転向してからずっと、ショットやパットを打つ前に、アドレスの向きを後方からキャディに確認してもらっていた。今年から「キャディさんの方を見ないようにすること」を心がけると言う。オフには自分だけで確認する練習を繰り返した。「最初は違和感がありましたが、だいぶ慣れてきました。ただ練習と試合では雰囲気が違うので気をつけたいです!」

 2月7日(木)〜10日(日)、オーストラリアで開催する「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」に横峯は出場する。日本勢では、上原彩子、野村敏京らも出場予定である。横峯と同様に、上原もキャディにアドレスの向きを確認してもらっていた。共に長年親しんだルーティンから脱却して初戦に臨む。また、同大会では注目の日本人選手が初陣を飾る。18歳の山口すず夏である。宮里藍、畑岡奈紗に次いで日本ゴルフ界史上3人目となる高校生プロゴルファーが、いよいよLPGA女子ゴルフツアーのデビュー戦を迎える。先輩2人のデビュー戦の結果は、宮里は48位タイ、畑岡はカットラインに1打足りずに予選落ちを喫した。目先の結果より、まずは山口のプレーを温かく見守りたい。

 同大会の特徴は、欧州ツアー、LPGA女子ゴルフツアー、オーストラリアPGAツアー、オーストラリア女子ツアーという複数ツアーが承認する男女同時開催であること。男子と女子が同じゴルフ場内の2コースで同時に試合をするというユニークな試合形式である。日本の男子勢からは石川遼、池田勇太、川村昌弘が出場を予定している。

 横峯は「目標は予選を通って20位以内に入ること。新シーズンの良い弾みをつけることができたら」と意気込むが、20位どころかさらなる上位フィニッシュのチャンスは十分にある。殆どの出場選手にとって開幕戦になることに加え、上位選手が揃って欠場予定だからだ。昨年のLPGA賞金ランキング20位内で出場予定は3選手のみ。良い意味でリーダーボードの予想が全くつかないという非常に楽しみな大会である。

 その翌週もオーストラリアで引き続き試合が行われる。2月14日(木)〜17日(日)に開催の「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」。3年前に野村が優勝した大会である。昨年、野村は腰の怪我に苦しんだが、万全の体調で復活となるか期待したい。同大会には野村、横峯、上原、山口のほか、黄金世代の新垣比菜や原英莉花、2018年の日本女子アマ優勝の吉田優利ら9名の日本人選手が出場する。

 南半球に位置するオーストラリアは夏まっただ中。天気予報によると、最高気温が40度近くに達する日もあるという。各選手は気持ちやルーティンを新たにして、熱い初戦に挑む。

(文・写真/南しずか)

南 しずか SHIZUKA MINAMI

1979年生まれ、東京都出身。大学卒業後に渡米し、「International Center of Photography(国際写真センター)」フォトジャーナリズム及びドキュメンタリー写真1カ年プログラム修了。LPGA女子ゴルフツアーをはじめとしたスポーツ分野を中心にフリーランスのフォトグラファーとして活躍。2009年より米女子ゴルフツアーを取材。通信社や「スポーツ・イラストレイテッド」、「Sports Graphic Number」、ゴルフ雑誌などスポーツ媒体で精力的に活動中。
インスタグラム:https://instagram.com/minamishizuka/

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの