カリー・ウェブが語る
畑岡奈紗のポテンシャル

  • 2018/10/12

カリー・ウェブが語る畑岡奈紗のポテンシャル

2014年の第1回大会から2年毎に開催し、今回で3回目を迎える女子ゴルフ国別対抗戦「ULインターナショナル クラウン」。過去2大会はアメリカで行われたが、第3回は韓国のジャック・ニクラスGCで開催。LPGA(全米女子プロゴルフ協会)が主催する本大会の出場資格は8カ国/地域で、各国のロレックス世界女子ゴルフランキングにおける上位4名のポイント数で決まる。3位で出場資格を得た日本は畑岡奈紗、上原彩子、比嘉真美子、成田美寿々の4名で挑んだが、予選リーグでプレーオフの末敗退。惜しくも決勝ラウンドには進めなかった。

 さて、本大会に合わせて今月6日、都内にて開催されたWOWOW加入者を対象としたイベントにスペシャルゲストとしてLPGA女子ゴルフツアー41勝、メジャー7勝を誇るカリー・ウェブが登場。加えて、無類のゴルフ好きで知られるお笑い芸人のハジメ(フォーリンラブ)、ゴルフやNBAにも造詣が深く、現在はスポーツナビゲーターとしても活躍する長澤壮太郎もゲストとして参加した。そこでその3人に「ULインターナショナル・クラウン」の魅力、そして、これから続くアジアシリーズからフロリダでの最終戦まで、畑岡ら日本勢はどうなるのか聞いてみた。

─本日のイベントではWOWOW加入者の皆さんに特別にパッティングのレッスンを行っていましたが、いかがでしたか?

カリー・ウェブ(以下、カリー) 皆さんゴルフが大好きな方ばかりで、日本チームについての話もしたり、楽しい時間でした。あとは私のアドバイスでパッティングが少しでも良くなるきっかけとなれば、と祈っています。

─長澤さんとハジメさんも受けられたんですか、カリーさんのレッスン?

長澤壮太郎(以下、長澤)、ハジメ (声を揃えて)受けたかったですが、受けてません!(笑)

長澤 でも、僕はレッスン中、ずっとカリーさんの近くで20人以上の通訳していましたので、かなり習った気でいます(笑)。なかでは、初めてパターを握った方もいらっしゃったりしたのが興味深かったですね。実際プレーする人も、試合を見るのが好きでプレーしない人も、同じゴルフファンに変わりないですから。

ハジメ プレーは半年に一回だけだけれども、試合は毎週観に行っているという、自ら“スーパーギャラリー”と呼んでいる方もいらっしゃいましたね(笑)

カリー・ウェブが語る畑岡奈紗のポテンシャル

─さて、「ULインターナショナル・クラウン」についてお伺いします。本大会の面白いところはどんなところでしょう?

長澤 レギュラーツアーでは見られない、国を背負った戦いは独特の緊張感がありますよね。チーム4人の団結力が問われますし。パッティングの時にキャディ含めて4人でラインを読んでいるところも普段見られない光景なので興味深いと思いました。

─カリーさんは過去2度、本大会に参加されていますが、通常のツアーとは違う団体戦はどのようなものでしたか?

カリー 個人で戦う通常のツアーとは違うプレッシャーが団体戦ではあります。自分のプレー次第でパートナーやギャラリーをがっかりさせてしまうこともありますので本当に独特ですね。ただ、経験上、過去優勝しているスペインとアメリカは「ソルハイムカップ」で団体戦の経験を積んでいるので戦い方を知っていることもあり、有利だと思います

─今後、日本チームがこういった団体戦に勝利していくためにどんなことが必要でしょうか?

カリー そうですね。もっとジュニアの段階から、マッチプレーや団体戦の経験を積ませていくことが、まず課題となってくるでしょう。例えば、アメリカは「ソルハイムカップ」においても、ヨーロッパ各国の連合軍と戦うので、国の総合力としては高いものがあります。チームプレーにおけるスキームを持っていますし。

─なるほど。ちなみに、ハジメさんは今回どの選手に注目していましたか?

ハジメ もちろん日本人選手は応援しています。でも、あえて言わせていただくとすると、見た目も好きなんですが(笑)、アメリカ代表のレクシー・トンプソン。あんなにキュートなのに、あんなにパワフルに飛ばすなんて、カッコいいじゃないですか。LPGA(女子ゴルフ)ツアーもWOWOWで良く観て、プレーの参考にしていますね。男子プロのスイングって、マネするのが難しいですし。

─そんな、LPGA女子ゴルフツアーもいよいよ終盤です。今後は韓国、中国、台湾、日本でのアジアシリーズを経て、アメリカ・フロリダでの最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」に向かっていきます。日本のエースとなった畑岡選手の今後について、カリーさんはどう予想されますか?

カリー 畑岡選手は本当に期待値が高いのがわかります。昨シーズンはいわば、経験値を積むための一年だったと思います。今シーズンはすごく充実したプレーで、優勝争いに絡むような戦いをしていますよね。次のレベルまで行く可能性が大きいです。11月に行われる日本での試合では、日本のファンの前で最高のプレーを見せてくれるでしょう。また、今シーズンの賞金ランキングも6位(10月6日時点)ですし、次のシーズンも今年以上の活躍を見せて、賞金女王争いにぜひ絡んでいっていただきたいと願っています!

(取材・文/高橋 真之介 写真・西村彩子)



◆◆◆WOWOW LPGA 放送スケジュール◆◆◆

LPGA女子ゴルフツアー
<韓国>LPGA KEBハナバンク選手権

【放送情報】

第1日 10/11(木)午後2:00〜WOWOWプライム 生中継 [無料配信]

第1日 10/12(金)午後2:00〜WOWOWライブ 生中継

第1日 10/13(土)午後0:00〜WOWOWライブ 生中継

第1日 10/14(日)午後0:00〜WOWOWライブ 生中継


【出場注目選手】

畑岡奈紗、上原彩子、パク・ソンヒョン、レクシー・トンプソン、アリヤ・ジュタヌガーン、ブルック・ヘンダーソン


番組の最新情報は「WOWOW LPGA」

https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/、WOWOW公式ツイッターアカウント @wowowgolfでチェック!日本人選手のインタビュー動画や速報ダイジェストなど充実のラインナップ♪


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの