TOPページ    アーティスト

アーティスト

キャノンボール・アダレイ ライブ イン '63

マイルス・デイビスのグループで活躍したキャノンボール・アダレイの名演をお届け!
  バイオグラフィー

収録日/1963年

収録場所/スイス、ドイツ

インタビュー映像:
ジョシュア・レッドマン

ディスコグラフィー

 

 録音から50周年を迎えるジャズ・アルバムの最大のベスト・セラー、マイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」。その参加者の一人として忘れてはならない名アルト・サックス・プレイヤー、ジュリアン・“キャノンボール”・アダレイ。

 彼は1928年9月15日、フロリダ州タンパ生まれ。1955年、フロリダからトランペット/コルネット奏者で弟のナット・アダレイと共にニューヨークに進出。当時ニューヨークで評判のジャズクラブ、カフェ・ボヘミアンに飛び入り参加し、その並外れた技量の豪快且つ流麗な演奏は人々の心を一夜で捉えたと言う。

 折しも、伝説の名アルト・サックス・プレイヤー、チャーリー・パーカーの亡くなった頃のことであり、人は彼をチャーリー・パーカーの再来と囃し立てた。その才能にほれたマイルスは彼をいち早くグループに引き入れ、キャノンボールの名義で名盤「サムシン・エルス」を録音、さらにマイルス自身の名作「マイルストーン」(1958年)、そして「カインド・オブ・ブルー」(1959年)に起用。その後、弟と組んだグループで彼の名声はより高まり、そのグループもジャズ史で最も印象的なセクステット(六重奏団)のひとつに数えられている。

 今回のJAZZ FILEではその名セクステットでのキャノンボール・アダレイの演奏をご紹介。この映像はジュリアン・“キャノンボール”・アダレイがジャズの歴史において最も傑出し、高く評価されたアルト・サックス・プレイヤーの1人であり、ブルースに根ざしながらも、あらゆる音楽の流行スタイルを見事にこなす真のジャズ・マンであることを証明している。

 

♪OA曲目
ジェシカズ・バースデイ、エンジェル・アイズ、ジャイヴ・サンバ、ボヘミア・アフター・ダーク、
ディジーズ・ビジネス、トラブル・イン・マインド、ワーク・ソング、ユニット・セブン、ブラザー・ジョン

  ディスコグラフィー

1

2

3

4

5

1.「サムシン・エルス」(1958年録音)
2.「ゼム・ダーティ・ブルース」(1960年録音)
3.「ノウ・ホワット・アイ・ミーン」(1961年録音)
4.「ニッポン・ソウル」(1963年録音)
5.「マーシー・マーシー・マーシー」(1966年録音)
6.「Phenix」(1975年2月~4月録音)輸入CD

6


  BACK