TOPページ    アーティスト

アーティスト

ティル・ブレナー ライブ・イン・バーゼル 2008

チェット・ベイカーの再来と言われ人気を集めるトランペッター、ティル・ブレナーの2008年のライブ
  バイオグラフィー

191ch [HV] 再放送 9月22日(木) 午前8:40
[WOWOWライブ] 再放送10月10日(月・祝) 深夜3:30

収録日/2008年11月16日

収録場所/スイス・バーゼル

ディスコグラフィー

 

 チェット・ベイカーの再来といわれるトランペッター、ティル・ブレナー。端正な顔立ち、情感あるプレイ、そして包み込むヴォーカルでヨーロッパを中心に活躍しているが、ここ日本でも人気を集めている。
 番組は、2008年11月、スイス・バーゼルでおこなわれた、AVO Sessionに出演したときのもの。この年、ボサノバ誕生50周年にちなみ、ミルトン・ナシメントやセルジオ・メンデスなどブラジル音楽の巨匠を迎えて制作したクールなアルバム『RIO』からは「Cafe com Pao」を、初めてのLA録音で久々のカバー中心となったアルバム『Oceana』からは「Bumpin'」「In My Secret Life」など、ティルは、息のあった自身のバンドを従え、クールにトランペットをプレイし、ヴォーカルを聴かせる。

 

  ディスコグラフィー

1

2

3

4

5

1.「ミッドナイト」(1997年作品)
2.「チャッティン・ウィズ・チェット」(2000年作品)
3.「オセアーナ」(2006年作品)
4.「ザ・クリスマス・アルバム」(2007 年作品)
5.「リオ~ボサ・ノヴァの誘惑」(2008 年作品)

※ピーターさんの今月のお勧め
【推薦CD】byピーター・バラカン
6.「Air Hadouk」(2010年4月発売)
 Hadouk Trio

6


  BACK

TOP