UEFA EURO 2012TM サッカー欧州選手権|ニュース|WOWOWオンライン



TOP»NEWS»奥寺康彦のユーロ準々決勝展望4・・・「イングランド×イタリア」

ニュース/NEWS

6月24日更新

奥寺康彦のユーロ準々決勝展望4・・・「イングランド×イタリア」

6月8日に開幕し、連日熱戦が繰り広げられているサッカー欧州選手権(以下ユーロ)。6月24日の準々決勝最終戦は、世界屈指のリーグを誇るサッカー大国同士の対戦だ。WOWOWのユーロ現地解説者である奥寺康彦氏は「イタリアに分があるだろう」と分析。カギを握るのはピルロか、ルーニーか。ベスト4最後の椅子に座り、ドイツに挑むのはカルチョかフットボールか、激闘を見逃すな!

■ピルロの大仕事から目を離すな!

イタリア代表ピルロ

奥寺「ドイツ、スペインの2強を追うのはイタリアだろう。特にピルロは個人的にグループリーグのMVPだと思っている。いい選手という印象はあったが、33歳になってなお、あそこまで走ってチームに貢献できる選手だとは思ってなかった。

初戦(vs.スペイン)のアシストも、ディフェンスに時間を費やしながらも速攻と遅効を意図して効果的にチョイスしていたね。ボールを持つと大きな仕事をすることも証明した。

2戦目(vs.クロアチア)なんて本当にノーミスで、フリーキックまで決めた。完璧な内容だったと思う。

ピルロやデ・ロッシらを中心に、イタリアはズルズルと最終ラインを下げずに高く保って、とにかく中盤からボールに対して早く寄せる。それに尽きる。ハードワークではあるけれど、それを90分間継続できる強さと頭の良さが備わったチームだよね。ここまで完成度が高いとは、正直思ってなかった。

そういう意味ではクロアチアも彼らに近く、スペインに対してすべきことをかなり高い水準で遂行していた。あんなに苦しんでいるスペインの姿は久しぶりに見たからね。他のチームも参考になったんじゃないかな」

■無敗通過も内容は乏しく、大幅な入れ替えも!?

奥寺「イングランドは予選の結果だけを見ると問題は見当たらない。ルーニーも帰ってきたのは確かに好材料ではある。復帰していきなりスコアするなど、彼にはやはり特別な存在感があるからね。

しかし、実際にゲームを分析してみると、彼らの強さがいちばん発揮できるゲーム構築ができているかといったらノー。

本来はジェラードがゲームを作るはずなのだろうけれど、ディフェンスに時間をとられたり、ボールキープに腐心せざるをえなかったりと、ゲームメメイクまでに手が回らない状況だ。

ルーニーが点を取ること、ジェラードが指揮を執ることにそれぞれ集中することができれば、タレントは豊富なのだから、トーナメントを昇っていける可能性は小さくない。ただ、グループリーグ3試合を観た限りは正直、苦しいと思う。ロイ・ホジソン監督が大きなテコ入れをしてくるのか、スターティングチョイスや戦術にも注目したい」

写真:Action Images/アフロ


更新情報/UPDATE



全31試合ロングハイライト動画配信!
「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ12-13シーズン」放送決定!
スマホ&タブレットで楽しむ! WOWOWメンバーズオンデマンド 全31試合リアルタイムライブストリームング配信!


宮本恒靖の焦点 世界の舞台を経験した宮本が欧州最高峰のサッカーを語る
「体験するWEBコラムマガジン 別冊WOWOW UEFA EURO 2012TMでエンターテイメントツアー」ページへ

EURO情報満載!無料スマートフォンアプリ

WOWOWサッカー
UEFA EURO2012TM
  • Androidマーケット
  • App Store

ページの先頭へ戻る

[an error occurred while processing this directive]