メニュー

元RIZINライトヘビー級王者プロハースカがUFC3戦目で王座挑戦『UFC275』WOWOWで独占生中継&ライブ配信!注目の一戦“世界のTK”はこう見る!

  • 2022/06/09

元RIZINライトヘビー級王者プロハースカがUFC3戦目で王座挑戦『UFC275』WOWOWで独占生中継&ライブ配信!注目の一戦“世界のTK”はこう見る! (写真左より)グローヴァー・テイシェイラ、イリー・プロハースカ、ヴァレンティーナ・シェフチェンコ、タイラ・サントス  Getty Images

 日本時間の6月12日(日)、シンガポール・カランのシンガポール・インドア・スタジアムで『UFC275』が開催される。

 UFCナンバーシリーズのシンガポール初開催となる今大会。メインイベントは王者グローヴァー・テイシェイラに、元RIZINライトヘビー級王者のイリー・プロハースカが挑戦するライトヘビー級タイトルマッチ。日本のファンも大注目のこの一戦の見どころをWOWOW『UFC-究極格闘技-』解説者としても知られる“世界のTK”髙坂剛さんに語ってもらった。

――日本でもRIZINライトヘビー級王座を獲得するなど大活躍したイリー・プロハースカが、いよいよUFC王座に挑戦しますね。
「プロハースカはUFCに来て3戦目でこのチャンスをつかんだわけですから、すごいことですよね。」

――ただ、ヴォルカン・オーズデミア、ドミニク・レイエスというトップランカーをしっかりKOしての文句なしの王座挑戦でもあります。
「勝ち方も衝撃的でしたからね。だから、もしかしたらトップコンテンダーに連勝したという結果だけでなく、プロハースカのファイターとしての特性的なところも評価したんじゃないかというフシもあるんですよ。というのも、プロハースカはこれまでのUFCライトヘビー級にはいないタイプの動きができる。簡単に言うと、ドミニク・クルーズとかTJ・ディラショーの重量級版という気がするんです。」

――変幻自在の高速ステップでバンタム級に革命を起こしたふたりのような動きが、ライトヘビー級でできると。
「プロハースカは、あんなにデカいのにステップを使うし跳ねるし飛ぶし。なおかつ相手の見えないところから打撃が飛んできて、全局面で倒すものを持っている。このタイプって、世界のトップ選手が揃った今のUFCライトヘビー級でもちょっと見当たらないな、と。だから、もしかしたらUFCサイドも“こいつは面白いな”“さらに化けるんじゃないか”と感じて、次々とチャンスが与られた部分もあったんじゃないかと、自分なんかは思ってるんですけどね。」

GettyImages Getty Images

――マイケル・チャンドラーは、元ベラトールライト級王者としてアメリカでも知名度抜群だったから、2戦目でいきなりUFCライト級暫定王座決定戦のチャンスが与えられたのもわかりますけど。プロハースカの場合、それまでアメリカではほぼ無名だったわけですからね。
「またプロハースカは、すごく武道的な戦いをしようとしているように見える。本人の中ではまだ構築中だと思うんですけど、相手に触らせずに自分の攻撃を入れることをやろうとしてるんじゃないかと思うんですね。だからこれまでの試合を見ても、打ち合いになっているように見えて、じつは打ち合いになっていない。相手のパンチは空振ってるのに、プロハースカのパンチだけが当たっているとか、そういうことが起こっている。
とくに前回のドミニク・レイエス戦はそうだったなって思うんですよ。お互い打撃をやり合って見える場面もあったけれど、試合後のプロハースカの顔を見ると、ほとんど傷がついてなくてきれいなんです。ということはパンチをもらってないし、もらったとしてもスリッピング・アウェーなどの技術、動きを使ってダメージを逃している。その上で、自分はダメージがない状態で相手を斬る、そんなことをやろうとしている感がありますよね。」

――それをジョン・ジョーンズとスタンドで互角以上の闘いを展開したドミニク・レイエス相手にやっているわけですからね。
「1ラウンド後半から2ラウンドにかけて、レイエスのほうが“どうすりゃいいんだよ?”という感じで追い込まれていたので、相手がどう攻めたらいいかわからなくなることを、プロハースカは試合の中で起こしてるんじゃないかな。
プロハースカがRIZINで藤田(和之)とやったとき、自分も(藤田の)セコンドに付いたんです。あの時もいろいろと策を練ったんですけど、試合の途中に“これはどうすりゃいいんだ!? 捕まえるのは無理だな”って思うような状況にさせられてしまいましたから。」

――重量級の中で抜群のテイクダウン能力を持つ藤田選手でもそうだった、と。
「プロハースカは動きが止まらないのと、攻撃の強弱が頻繁に変わるんですよ。普通、強打を打つ時というのは、やはり出力を大きくするために若干スピードを落とさなきゃいけなかったりもするんですけど、プロハースカは速い動きの中で急に強い打撃が来たりする。これは相手にとって休む暇もないし、本当に厄介な選手でしたね。」

――ただ、スタンドではそれだけの強さを発揮するプロハースカですが、王者テイシェイラは打撃ももちろんできる上でのグラウンドの達人のような選手です。
「そうなんですよね。テイシェイラに組み付かれてコントロールされたら、誰も抜け出せないんじゃないか、というくらいの技術を持っていますからね。だからテイシェイラの方は相手がプロハースカだからといって、何か奇策を練ったりはしないと思うんですよ。これまでと同様に“自分のやるべきことをまっとうするだけ”という試合をすると思います。ただ、動き回るプロハースカをテイシェイラがどう捕まえるかでしょうね。」

――先ほどの話でもありましたが、プロハースカはこの階級屈指のフットワークを誇るわけですからね。
「テイシェイラは右フックを振ってすぐにタックルに切り替える連続技が、勝利につなげる大きな武器としてありますけど。それを仕掛けるためには、触れられる距離に詰めなければいけない。でも、単純にリーチの長さでもプロハースカが10cm上回っているので、どこをどうプレッシャーかけていくかが、ひとつ大きなポイントになるでしょうね。
触ろうとしてもその前に打撃をもらうかもしれないし、ステップでかわされてるかもしれない。そういう中で、どうグラウンドに持ち込んでいくか。テイシェイラが自分の得意な体勢に入ることができたら、プロハースカだろうが誰であろうが勝てると思うんですよ。だから、そこに持ち込めるかどうか。本当にそこだと思うんですよね。」

GettyImages Getty Images

――UFCライト級はジョン・ジョーンズが長期政権を築いたあと戦国時代が続いていますが、ここで完成度の高い王者であるテイシェイラを破るようなことになれば、『プロハースカ時代』が来るかもしれないですね。
「その可能性はありますね。プロハースカはRIZINでもうまくステップを使っていましたけど、UFCに来てからはさらにオクタゴンを広く使う動きを見せているので、まだ攻略の仕方が見えてきてない部分があるんですよ。ただ、ひとつ懸念するならば、あれだけ動き回るので、5ラウンドあの動きができるのか? というのがあるんですよ。そこはちょっと未知数ですよね。」

――たしかにプロハースカは、現在10連続KO勝利を続けていますけど、長期戦になった場合どうなるのかをまだ見せたことがないです。
「そうなんですよ。さっき“プロハースカは、ドミニク・クルーズやTJ・ディラショーの重量級版”と言いましたけど、ドミニクやTJは61.2kg以下のバンタム級なので、動きが落ちないまま5ラウンド戦えますよね。でも、ライトヘビー級であの動きを5ラウンド続けるというのは、さすがに難しいんじゃないかな。」

――ライトヘビー級リミットは93kgですけど、試合当日は100kg超えてるでしょうからね。
「しかもフレームもデカいですから。フレームがでかいということは、自分の体を制御するための体への負担というのがすごく大きいはずなんですよ。ステップ切って、バッと体を止めようとするときなど、全身の筋肉を使わなきゃいけないので。」

――車で言えばトラックが急ハンドル、急ブレーキをかけるようなものでしょうからね。
「そうやって自分の体を制御していくだけで、だんだん疲労していくはずなんです。だからこそ、プロハースカがあの動きを5ラウンド続けられたら、本当にすごいことだと思います。」

――では、試合が長期戦に持ち込まれるのかどうかも注目ですね。
「やっぱり長期戦になればなるほどテイシェイラ有利になると思うんですよ。プロハースカの動きが鈍れば、テイシェイラのやりたいことがやりやすくなるわけなので。だから両者にとって試合時間というのも大きなポイントになるんじゃないかと思います。」

(取材・文/堀江ガンツ)



◆◆◆WOWOW『UFC -究極格闘技-』放送・配信スケジュール◆◆◆
『生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC275 in シンガポール テイシェイラvsプロハースカ ライトヘビー級タイトルマッチ!』

6/12(日)午前11:00 WOWOWライブ ※生中継
(WOWOWオンデマンドで同時配信)

6/17(金)午前10:00 WOWOWライブ ※リピート
(WOWOWオンデマンドで同時配信)

【対戦カード】
ライトヘビー級タイトルマッチ/グローヴァー・テイシェイラ vs イリー・プロハースカ
女子フライ級タイトルマッチ/ヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs タイラ・サントス
フライ級/ホジェリオ・ボントリン vs マネル・ケイプ

【収録日・収録場所】
2022年6月11日〈現地〉/シンガポール シンガポール・インドア・スタジアム

【出演】
解説:髙坂剛、堀江ガンツ
実況:高柳謙一

■生中継前後に出演陣のYouTube配信!
『スタジオ裏トークUFC275』
YouTube「WOWOWofficial」で検索!

【番組オフィシャルサイト】
https://www.wowow.co.jp/sports/ufc/

【WOWOW格闘技公式Twitter】
https://twitter.com/wowowkakutogi

【WOWOWofficial YouTube】
https://www.youtube.com/user/WOWOWofficial

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる

この番組には、一部「無料トライアル対象外」配信があります。

無料トライアル対象外の配信を見る方法はこちら >

閉じる

この番組には、一部「放送視聴登録者限定」配信があります。

「放送視聴登録」は、テレビや録画機のB-CASカード/ACAS番号の登録が必要です。

放送視聴登録者限定の配信を見る方法はこちら >