「餌の撒き合い、先の読み合いの展開になれば、すごく面白い試合になる」UFC史上初のナンバーシリーズ2大会連続、21日ぶりの防衛戦となる『UFC256』の注目ポイントをWOWOW解説者の“世界のTK”髙坂剛が解説!

  • 2020/12/09

「餌の撒き合い、先の読み合いの展開になれば、すごく面白い試合になる」UFC史上初のナンバーシリーズ2大会連続、21日ぶりの防衛戦となる『UFC256』の注目ポイントをWOWOW解説者の“世界のTK”髙坂剛が解説! (写真左より)デイブソン・フィゲイレード、ブランドン・モレノ/Getty Images

 日本時間の12月13日(日)、『UFC256』がアメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催される。
 メインイベントは、わずか3週間前、11月22日の『UFC255』でフライ級王座の初防衛に成功したばかりのデイブソン・フィゲイレードが、ナンバーシリーズ2大会連続で出場。同級ランキング1位のブランドン・モレノ相手に2度目の防衛戦を行う。
 この一戦の見どころを、WOWOW『UFC -究極格闘技-』解説者としても知られる“世界のTK”髙阪剛に語ってもらった。

――『UFC256』はメインイベントに予定されていた、ピョートル・ヤンvsアルジャメイン・スターリングのバンタム級タイトル戦が延期となり、急きょ、先月フライ級王座初防衛に成功したばかりのフィゲイレードが、わずか3週間のインターバルで2度目の防衛戦を行うことになりました。
「3週間間隔っていうのは、UFCのタイトルマッチとしては最短らしいですね。ただ、フィゲイレードは前回のタイトルマッチもノーダメージだし、短時間での勝利だったので、まだ暴れ足りないんじゃないかな。彼は暴れたいタイプだと思うので、“もっと暴れさせろ”という感じで、連続でのタイトルマッチをやることにしたんじゃないか。そんな気がしますね。」

ジャスティン・ゲイジー GettyImages Getty Images

――また、2カ月連続のタイトル戦となると話題にもなるし、自分自身やフライ級という階級をアピールする意味合いもあるとも見れます。
「それはあると思います。前回、アレックス・ペレス戦での勝ち方は衝撃的でしたし、フライ級というUFCでの最軽量級の戦いに懐疑的だった人たちの認識を覆して、“フライ級、おもしれえな”と思わせた試合だった思うので。だから彼の中では、試合に勝つことはもちろん、自分自身とフライ級というカテゴリーをどうアピールするかということもしっかり考えていて、その二つがちょうどリンクしている状況じゃないかと思います。」

――UFCフライ級は一時、廃止の噂もありました。普通の勝ち方をしているだけじゃダメだ、という考えがあるかもしれません。
「そこまで考えてるんじゃないかな。そういう選手が出てくるっていうのは大きいですね。だからある種、同じ階級の選手からすると、目標でありライバルであるんだけど、心強い存在だと思います。また、“どうやって、あのモンスターを倒すの?”ということを、みんなが取り組むわけだから、フライ級自体のレベルの底上げにもつながるでしょうね。」

——フィゲイレードは4試合連続フィニッシュを含む5連勝中ですが、このところの強さをどう見ていますか?
「試合を重ねるごとに、フライ級の中でのチカラ加減やバランスをつかんでいっている感がありますね。またグラウンドにおいては、自分の得意なところに誘い込むというか、罠を仕掛けて極める能力が非常に高い。あれは本人の持っている才能、センスでしょうね。」

――そして挑戦者のブランドン・モレノも同じく3週間のインターバルの試合で、現在3連勝中です。
「モレノもフィゲイレードとちょっと似ていて、“暴れたいタイプ”ですよね。試合でも、自分からどんどんプレッシャーをかけていって、相手が返してきたところに、もう一歩踏み込んで自分の打撃を当てていくような。リスクはあるけれど打ち合い上等で仕留めにいく戦いをしている。そういう試合を好んでいるのか、自分をアピールするために、リスキーな戦いをしているのかはわかりませんけど、それがいい方向に作用してる選手ですね。」

――モレノは昨年、ちょうどフライ級廃止の噂が出た頃に連敗してしまい、一度UFCをリリースされていますよね。でも、LFAという団体でフライ級王者になって再契約を勝ち取って、そこから引き分けを挟んで3連勝中です。
「その一度契約を解除されているからこそ、必死さが伝わってくるのかもしれないですね。また、モレノはフィゲイレードと比べて、身長もリーチも2インチ(約5センチ)長いんですよ。そしてスタンドの構えがワイドスタンスで、手と頭を常に動かしているんですけど、あれは自分の手足の長さを活かすスタイルだと思います。」

――対戦相手を幻惑するというか。
「そうです。元ミドル級王者のアンデウソン・シウバもそんな動きをしますけど、ワイドスタンスで手を忙しく動かすと、相手は捉えどころがなくなるというか、全体像がすごく大きく見えるようになるんですよ。そうすると、顔面にパンチを入れようとしても、なかなか距離設定がつかめなかったり、空振りしてしまったりする。モレノもそういう考えで、常に手を動かしてるんじゃないかと思いますね。」

ジャスティン・ゲイジー GettyImages Getty Images

――となると、出入りのスピードやタイミングで勝負するフィゲイレードからすると、やりにくい相手と言えますか?
「ただ、フィゲイレードはそうなったときの手として、カウンター狙いというのがあるんですよ。モレノが距離を狂わせながら打撃を出してきたところに、そのタイミングで踏み込んで打ちにいくということもできる。だから今度の試合では、その辺りのタイミングと間合いの取り合いが起こる気がしますね。」

――あとフィゲイレードもモレノも、寝技の一本勝ちが多い選手ですが、その辺りはどうですか?
「グラウンドでも、自分なりに見た2人の共通項というのがあって。寝技の攻防の中で、ちょっと雑なところを見せたりするんですよ。それは本当に雑なのか、わざと隙を見せているのかはわかりません。相手が“チャンス!”と思って極めに来たところを、逆にポジションを奪い返して、自分が極める段階まで持っていくという試合が、お互い何度かあったんですよね。」

――わかりやすく言うと、ヒクソン・グレイシーみたいな、きっちりとした隙のない寝技じゃないってことですね。
「そう。ヒクソンのような理詰めで隙間を与えない寝技じゃなくて、隙があって相手も“いける”と思ったところで、その瞬間に首を取りにいったりとか。フィゲイレードはまさに前回のペレス戦がそうでしたけど、モレノもそうだなって思う場面がいくつかあったので。その辺の駆け引きがポイントになるんじゃないかな。どちらも止まらない動き回る寝技になるので、立っても寝ても、すごく面白い試合になると思います。」

――フィゲイレードが前回ペレスをギロチンチョークで極めたのも、二手三手先を読んだようなフィニッシュでした。
「フィゲイレードの試合後のコメントが本当だとしたら、わざとバックを奪わせておいて、ペレスが一瞬安心して気を抜いたところで、極めているわけですからね。そういった餌の撒き合い、先の読み合いが展開されて、それでいて動きが止まらないという試合になれば、相当ハイレベルな試合になると思うんですよ。そして“これこそが、UFCフライ級の戦いなんだ”というものを、あの2人なら見せてくれるんじゃないかな。」

――スタンドでもグラウンドでも動きが止まらず、さらに先を読み合うようなハイレベルな戦いが、『フライ級』ということになるかもしれませんね。
「それを5ラウンドやられたら、実況・解説陣がかなり大変になりそうですけど(笑)。そういった心地いい疲れを感じさせるような試合を期待したいですね。」



◆◆◆WOWOW『UFC-究極格闘技-』放送スケジュール◆◆◆
『UFC‐究極格闘技‐ UFC256 in ラスベガス フライ級王者フィゲイレード、2大会連続の防衛戦!』

12/13(日)午後0:00 WOWOWライブ 生中継
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

12/15(火)よる9:00 WOWOWライブ リピート
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

【対戦カード】
フライ級タイトルマッチ/デイブソン・フィゲイレード vs ブランドン・モレノ
ライト級/トニー・ファーガソン vs シャールズ・オリヴェイラ

■詳しくはWOWOW番組オフシャルサイト
https://www.wowow.co.jp/sports/ufc/)をチェック!
■番組最新情報はWOWOW格闘技Twitterアカウントでも配信
twitter.com/wowowkakutogi

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの