『UFC244』マスヴィダルvsネートは世紀の死闘に!?――WOWOW解説の“世界のTK”髙阪剛「テレビを通しても両者のただならぬ殺気を感じるはず」

  • 2019/10/30

©WOWOW (写真左より)ホルヘ・マスヴィダル、ネート・ディアス/Getty Images

日本時間の11月3日(日・祝)、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで『UFC244』が開催される。

メインイベントは、ホルヘ・マスヴィダルvsネート・ディアスのウェルター級マッチ。『UFC239』でベン・アスクレンを飛びヒザ蹴りでわずか5秒でKOしたマスヴィダルと、コナー・マクレガーと1勝1敗の激闘を展開したネート。“ギャングスター”同士の戦いは、どちらに軍配が上がるのか?

この一戦の見どころを、WOWOW『UFC-究極格闘技-』解説者としても知られる“世界のTK”髙阪剛に語ってもらった。

――「UFC244」では、マスヴィダルvsネートという、今最も旬なカードが組まれました。
「選手同士の対戦機運が盛り上がり、ファンも“この試合が観たい!”と思ったところですぐ組まれたので、期待は相当高まっていますよね。」

――あのマクレガーと2度にわたる激闘を展開したネートが、3年ぶりの復帰戦となった『UFC241』で元ライト級王者アンソニー・ペティスを下して直ぐに、アスクレンをわずか5秒で下したマスヴィダルを次のターゲットとして指名するという。
「しかも、それがニューヨーク大会のメインですから。」

――ナンバーシリーズのメインがタイトルマッチじゃないというのは、UFCでは異例ですけど、それぐらいこの試合の注目度は高い。
「UFCって、今はトップアスリートによるハイレベルな戦いが常に展開されていますけど、これをメインにこれを持ってくるあたり、黎明期にあった血生臭さがまだ残っている感じがして、ちょっとうれしいですよね(笑)。」

――MMA(ミックスド・マーシャル・アーツ=総合格闘技)というより、初期の呼称であるNHB(ノー・ホールズ・バード=なんでもありの戦い)が似合うという(笑)。
「とはいえ、当然のことながら、両者とも高い技術を持っているからこそ、これだけの結果を残せているわけで。そういう2人の戦いだからこそ、これだけの注目が集まっているんだと思います。」

——では、この試合のポイントはどこになりますか?
「マスヴィダルもネートも共に、高いレベルの打撃を持っていることが挙げられます。まずマスヴィダルの方は、“相手を倒せる打撃を持っている”ということを認識した上で試合を組み立てていると思うんです。非常に拳が硬くて、パウンドでも相手をTKOするぐらいの強い打撃がありますので。今年3月にやったダレン・ティルとの試合では、2ラウンドまではティルの方が、スタンドの距離設定もうまくいって、ダウンも奪っているのですが、3ラウンドにマスヴィダルがサウスポーに変えて、左フックで逆転KO勝ちした。これなんかは、“当てれば倒せる”という強い思いがあるからこそ、できることなんですよ。」

――劣勢に見えても、しっかり自分の戦いを貫けると。
「また、マスヴィダルは非常に近い距離で戦う選手で、自分から前に出るからこそなんですけど、けっこう打撃をもらうんですよね。だから正直、目の良さはそんなにないんですけど、自分の攻撃力が高いものだから、そこはあまり気にしてないかもしれない。」

©WOWOW 写真:Getty Images

――どつき合い上等なわけですね。
「多少殴られても、最後は自分が仕留めればいいという。裏を返せば、そこの気持ちがものすごく強い。また空振りが多くて、空振りをするとすごく疲れるのですが、その疲れた状態でも倒す力が残っている。相手からすると、体力を削っても削っても最後まで油断ができない、ちょっと普通のくくりでは考えないほうがいいタイプですね。」

――“根性のスタミナ”がハンパじゃないという。ネートもまた、そのタイプですよね?
「だから似た特性を持った者同士の戦いなので、殴り合いになる可能性が高いと思います。ネートも距離を詰めて戦うタイプですから。本来、ネートは手足が長くてジャブもうまいので、離れた距離でも戦えるはずなんですよ。でも、それをやらないっていうのは、なんか殴られたほうが本人の気合が入るんじゃないかと思うくらいで(笑)。」

©WOWOW 写真:Getty Images

――殴られれば殴られるほど強くなる、漫画の世界ですね(笑)。
「だからネートもまた、普通では考えられないタイプですよ。みんな、なるべく打たれないように戦うわけですから。」

——実際、マクレガーも殴っても殴ってもネートが倒れないから、殴ってるマクレガーの方が削られていきましたもんね。
「攻めてるほうが疲れちゃうという、不思議な現象が起こるんですよね。あのダメージはどこにいってるんだという。だから打たれ強さでいえば、ネートの方が上だと思います。マスヴィダルは回復早いですけど、ダウンしますからね。」

――ネートはあれだけ殴り合い上等の闘いでMMA31戦行なって、KO負けは一度だけです。
「だから自分的には、どつき合いに適した身体を持った2人の不思議な戦いという感じですよ(笑)。」

——常識では考えられない。根性の張り合いになりそうです。
「そういう感じになるんじゃないかと思いますね。ただ、倒すパンチはマスヴィダルの方が持っているので、もしかしたらネートがパンチでノックダウンされる珍しいシーンが見られるかもしれない。一方で、もしグラウンドになったら、圧倒的にネートのほうがコントロールするテクニックはあるので、そうなるとさすがのマスヴィダルも削られていくんじゃないかな。マスヴィダルはデミアン・マイアという柔術のトップ選手との試合も経験していますが、ネートとマイアはタイプが違うので。」

――一番の違いはなんですか?
「ネートは寝技でコントロールしながらその途中途中でバンバン打撃を入れてくるので、相手はいちいちそれに反応しなければいけないから、余計に疲れるんですよね。」

——なるほど。綺麗な柔術ではなく、文字通り“暴力柔術”という。
「だから、マスヴィダルが削られるシーンが見られるとしたら、そこかなと思いますね。」

――では、意外とグラウンドの攻防もポイントになるかもしれないですね。
「ただ、観客からしたら“殴り合ってくれよ”と思うかもしれないですが(笑)。そうなると、2人ともプロ意識が高い選手だから、もちろん勝つための戦いをするのですが、“MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)でどえらいことをやってやろう”という気持ちの方が強いかもしれない。」

——「いっちょ、伝説の死闘を残してやろうか」と。
「2人ともそういう意識は高いと思います。マスヴィダルも勝ちだけにこだわる試合、ポイントを取ることを考える戦い方をしないじゃないですか。そしてネートもそうですよね。そういう選手同士だから、グラウンドだろうが、スタンドだろうが、決着をつけるつもりで試合をすると思うので。」

――いや~、楽しみですね。
「だからこれは、本当に見た方がいい試合ですね(笑)。格闘技の目が肥えている人でも、うならせる展開を見せてくれるだろうし、格闘技ビギナーでも、両者のただならぬ殺気みたいなものは伝わってくるはず。とにかく、テレビの前の人たちも盛り上げてくれると思いますよ!」

(取材/文・堀江ガンツ)



◆◆◆WOWOW『UFC-究極格闘技-』放送スケジュール◆◆◆
『生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC244 in ニューヨーク 激戦区ウェルター級、喧嘩屋同士の一戦!殴り合いを制するのは!?』

11/3(日・祝)午前11:00 WOWOWプライム 生中継
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

11/10(日)午前7:05 WOWOWライブ リピート
(WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信)

【対戦カード】
<ウェルター級> ホルヘ・マスヴィダル vs ネート・ディアス
<ミドル級> ケルヴィン・ガステラム vs ダレン・ティル

【収録日・収録場所】
2019年11月2日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデン

【出演】
解説:髙阪剛、堀江ガンツ
実況:髙柳謙一
進行:渋佐和佳奈

■詳しくはUFC 番組オフィシャルサイト(https://www.wowow.co.jp/sports/ufc/)をチェック!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの