【木村浩嗣コラム】非常事態宣言下にサッカーのできること

  • 2020/04/02

text by 木村浩嗣

スペイン全土に非常事態宣言が出されて今日(3月24日)で10日目になる。

学校、商店、飲食店、娯楽施設は閉まり、ライフラインを維持するのに必要な病院、公共交通機関、食料品店、薬局、銀行、煙草屋、キオスクだけが開いている。外出は屋外での運動を含めて禁止で、上記の場所へ行くことと犬の散歩のみが許されている。警官と軍隊が街角を見張り、違反すると罰金または逮捕。ワクチン無き今、人の交流と接触を止めることが唯一で最も効果ある感染防止策なのだから仕方がない。非常事態宣言が切れる少なくとも4月11日まではこんな毎日が続く(宣言は更新の可能性あり)。

リーガが止まって3週目に入った。

8日に取材したベティス対レアル・マドリーが有観客での最後の試合になった。あれから2週間余り、再開がいつになるかは誰にもわからず、考える余裕すらない。国中がサッカーどころではないからだ。

平和の証サッカー。戦時にヒーローが失う輝き

止まってみると、サッカーが平和時にのみ成立する娯楽であることがよくわかる。

平時だから楽しめる。戦時には止まる。サッカーへ注がれるエネルギーは、別のはるかに重要な戦線で勝利するために動員される。サッカーがある日常は平和の証であることを実感すると、我われが楽しんでいた時にもサッカーどころではない人がいたんだろうな、とあらためて思う。

日常はしばしば退屈だが、あのルーティーンが、勝った負けたで大騒ぎできる“のどかさ”が、一刻も早く戻って来ることを願い、今は我慢するしかない。

こういうふうだから、非常事態宣言下でサッカーのできることは限られている。

当初、突然の外出原則禁止に戸惑っている私たちに、サッカーのヒーローたちは「家に居なさい!」というメッセージを発信した。SNS上で呼び掛ける彼らの声は特に子供たちへは届いたことだろう。

在宅キャンペーンが終わった頃、どこからともなくトイレットペーパーでリフティングする“チャレンジ”が現れ、娯楽に飢える私たちを笑わせた。真似をして、今は十分あるが当初枯渇した、憎きトイパーを蹴って憂さを晴らす者もいただろう。

想えば、あの時はまだサッカーのヒーローたちが一定の影響力を保っていた……。

浮世離れ批判と、真のヒーローを支える有志

だが、こちらも隔離生活にストレスを溜めていき、事態の深刻度が増し、日々奮闘かつ絶望する医療関係者の姿が伝えられるにつれ、サッカーとそのヒーローたちの影はどんどん薄くなっていく。

広い庭付き、温水プール付き、ジム付きの豪邸で、ボールを蹴ったりトレーニングをしたりする姿をSNSにアップした選手たちは、称賛よりも反感を買った。平時なら「いいね!」が稼げるところで、スポーツニュースの埋め草レベルで済んでいた話だが、今は戦時だ。あらためて自分と家族が閉じ込められている家を見回してみると、浮世離れが鼻をつくという気持ちは良くわかる。

ヒーローに求められているのは具体的な勝利への貢献である。医療関係者という無名だが本物の現在のヒーローが得点できるようなアシストを出すことである。

サッカー界ができること、それは医療物資の供給支援である。

マスクが足りない。ベッド不足はホテルや催し物会場を転用することで補えそうだが、手袋、白衣、防護服が行き渡っていない。非常事態宣言で国が安定供給を約束したものの、感染者数の激増に対応し切れず、独自ルートを確保しようとする自治体も出てきた。

以下に、スペインサッカー界のヒーローの名を挙げておく。
(順不同。報道により筆者がピックアップしたものなので見落としはご容赦を)

トゥルキ・アル・シェイフ(アルメリア会長):寄付金
エスパニョール:医療用具寄付
ベティス、バレンシア、ソシエダ:寄付金(セルヒオ・カナーレス/ベティス&ダニ・パレホ/バレンシア主催のNGOを通じ)
アトレティコ・マドリー:寄付金(サウール・ニゲス/アトレティコ・マドリー主催の慈善団体を通じ)
レアル・マドリー:医療用具寄付
メッシ:寄付金
ピーター・リム(バレンシア会長):医療用具寄付
ルイス・ガルシア・プラサ(元レバンテ等監督):医療用具寄付
レガネス:寄付金
バルセロナ:医療用具寄付
ラジョ・バジェカーノ:医療用具寄付
レバンテ:医療用具寄付
ウェスカ:寄付金
セラーデス(バレンシア監督):寄付金
デニス・スアレス(セルタ):医療用具寄付
その他バジャドリーとエイバルはチーム用検査キットを医療関係者へ譲渡

※原稿に関しては3/24時点執筆。寄付リストに関しては3月末までの主な選手・団体をまとめたもの

photo by getty images
text by 木村浩嗣

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの