来日後、日本のテレビ初の独占取材に応えたイニエスタ「何かを変えれば影響は出る。でも、僕たちは努力を続ける」

  • 2018/10/24

12歳でバルセロナに加入して実に22年、世界のトップレベルで輝き続けたアンドレス・イニエスタが、ヴィッセル神戸に合流して約3か月が経った。ホーム戦はチケット完売が続き、アウェー戦でも神戸戦チケットが入手困難になるなど、超一流選手の加入に、この夏、日本サッカーは沸いた。しかし、フェルナンド・トーレスが加入したサガン鳥栖に同じく、一人選手が加わっただけで、そう簡単に勝てるわけではない。苦戦も続く中、それでもイニエスタは「どんなことであれ、変化には困難が伴う」「ここにいる間に、一番の高みへたどり着きたい」と、情熱をチームに注ぐ。イニエスタが日本のテレビ初となるWOWOWの独占取材に応じ、日本への想い、今週末に控えたクラシコの記憶などを語った。

「どんなことにも、ある程度の難しさはある」

——ご家族との楽しそうな写真をSNSにアップしていますが、日本の印象はいかがですか?


日本に来てから3ヶ月が経ったけど、僕たちは神戸や日本のいろいろな場所に行って、楽しもうとしているよ。有名な場所とかね。もちろん、できる範囲でだけど。練習も試合もあるなら、なかなか行けないけど、ここにいる間に行ってみたいと思っているよ。
今まで何度も言っているけど、日本は素晴らしい国だ。人々は両手を広げて、私たちを温かく迎え入れてくれた。今回のことが有意義な経験、挑戦になるといいなと思っている。

——以前「神戸にアイデアとフィロソフィーを根付かせたい」とおっしゃっていました。その「アイデアとフィロソフィー」とは、どんなものでしょう。


僕が日本に来たのは、ヴィッセルの人たちが僕を信頼してくれたからであり、僕たちはヴィッセルをさらに一歩前進させたいと考えている。プレーのレベルを含めて、すべての面で一歩前進させたい。これは、三木谷会長、三浦スポーツダイレクターも同じ考えだ。魅力的なサッカーをするという哲学、他のチームを上回るサッカーをすること。それが今回のプロジェクトであり、目指していることだよ。
どんなことでも成し遂げるのは大変だし、何かを変えれば、様々な影響が出る。でも、僕たちは日々、チームをさらに良くしようと努力しているところなんだ。

——あなたの新しい挑戦には、特別な覚悟があるように思います。日本と神戸にどのような夢を描いているのでしょうか。


何よりもまず、日本のファン、ヴィッセルのサポーター、一緒に仕事をする人たちに、選手として、プロフェッショナルとして、僕について最高の印象を持ってもらいたいと思っている。その次に、チームの成績という挑戦があり、僕たちは常に最も上の順位を目指していく。今までも僕は、ずっとそうしてきた。
ここにいる間に、チームの目標を何か達成したいし、一番の高みにもたどり着きたい。それが最大の夢だし、一歩一歩成長するための、大きなモチベーションになるんだ。

——ヴィッセル神戸でのプレー、チームのサッカー、そしてプロジェクトの進捗など、手応えはいかがでしょうか。この3ヶ月で見えてきたこと、今後の課題をお聞かせください。


どんなことであれ、変化には困難が伴う。今回、僕は新しい場所にやって来た。チームメイトたちも僕もお互いのことを知り、合わせていかなければならない。どんなことにも、ある程度の難しさがあるんだ。
でも、毎回、もっとうまくやれるようになるだろうという期待感はあるよ。逆に、すごく悪い結果が続いてしまう難しい時期もある。それでも、僕たちはこのプロジェクトのコンセプトを、続けていく必要がある。成長し続けて、最高のチームを目指していく。それがとても難しいことなのはわかっているけど、1日で成し遂げられることではないから、100%できると信じて、努力を続けるだけだよ。

過去のクラシコで一番思い出深いのは「ホームで5-0で勝った試合」

——ここからは、話題を変えて、リーガ・エスパニョーラでのバルセロナとレアル・マドリードの対戦、クラシコについてお伺いします。あなたはクラシコに38回出場していますが、その中で一番思い出深いのはどの試合ですか?理由も教えてください。


僕は多くのクラシコに出場する幸運に恵まれた。それは素晴らしいことだ。僕にとって、バルサ対レアル・マドリードは世界で最も大きな試合なんだ。地球上のほとんどの人々が釘付けになる、そんな試合に出場して主役の一人になれるのは、選手としてかけがえのない経験だよ。
クラシコではいろいろなことを経験した。当然、良い思い出として残っているのは勝った試合。その中から1試合を選ぶとしたら、ホームで5-0で勝った試合かな。相手のホーム、サンティアゴ・ベルナベウでも、僕たちは2-6で勝ったこともある。大量得点じゃなくても、素晴らしいプレーをして勝った試合もあるね。バルサが素晴らしいチームで、しばらく良い結果を残していた時代もあった。それは素晴らしい思い出だよ。
でも、僕にとっては、クラシコのような試合を経験できる感動が一番なんだ。観客、サポーターにとっても大きな意味があるし、特別な試合だよ。

——昨シーズンの第36節、4つのゴラッソが飛び交ったカンプ・ノウでのクラシコは、イニエスタ選手にとって最後のクラシコとなりました。この試合には、どのような思いで臨みましたか?


特別な思いと同時に、妙な感覚があったよ。“これが最後の試合”という状況に適応するのは簡単じゃない。感情的に複雑な試合だ。それは最後のクラシコでも経験したし、バルサでの最後の試合でも経験した。最後だとわかっているから、普段と違った気持ちになるんだ。試合を心ゆくまで味わって、できるだけ楽しもうと思った。ホームゲームだとサポーターがいるので、さらに特別さが増すよね。僕にとって特別かつ感動的な日だったよ。

——クラシコとは、バルセロナの選手にとって、どんな意味を持つ試合でしたか?また、バルセロナの人々にとってはどんな意味を持つ試合だと感じていますか?


1試合以上の重みがある。最大のライバルに勝つと、単なる勝ち点3ではなく、感情面、気持ちの面で、大きな満足感を得られるんだ。クラシコのような試合は他になく、メディアやサポーターの関心の高さという点でも、唯一無二の試合だよ。だから、レアル・マドリードに勝てれば、すごく嬉しいし、最大のライバルの士気を下げることにもなる。

レアル・マドリードは「C・ロナウドがいてもいなくてもすごいチーム」

——間も無く今シーズン最初のクラシコです。今のバルセロナをどのように見ていますか?


とても良い選手たちが揃っていると思う。若い選手も経験豊かな選手も、レベルの高い仲間が加わり、競争力の高いチームになっている。もうチームの中にはいないから適切な評価はできないけど、すべてのタイトルの可能性を残してシーズン終盤を迎えられることを願っているよ。毎年、厳しいシーズンになるし、良い時期もあれば、それほど良くない時期もある。でも、すべてのタイトル争いをするだろうと確信しているんだ。クラシコを外から観るのは今年が初めてだから、どんな気持ちになるか、わからないね。

——クリスティアーノ・ロナウドがいなくなったレアル・マドリードをどう思いますか。


レアル・マドリードはC・ロナウドがいてもいなくてもすごいチームで、バルサと同じように、間違いなくすべてのタイトル争いに絡むだろう。出ていく選手もいれば入ってくる選手もいる。それでも、常に強いチームなんだ。

——一人のサッカーファンとして、今回のクラシコにはどんなことを期待していますか。


外から観るのが楽しみなのと、素晴らしい試合になることを期待しているよ。僕たちがいつも観たいと思っているバルサのサッカーが観られることと、試合に勝つことを期待したいね。

——クラシコを楽しみにしている日本のファンに向かってメッセージをお願いできますか。


クラシコをご覧になるすべての日本のファンの皆さんにご挨拶し、メッセージを送ります。
ぜひクラシコを心ゆくまで楽しんでください。僕はバルサに勝ってほしいと思っていますが、皆さんが応援しているチームが勝つことを願っています。
皆さんに熱い抱擁を!

メッシ、シャビ、プジョル、エトー、アンリ、ロナウジーニョ、デコ、マルケス、ルイス・スアレス、ネイマール。世界最高の選手たちと共に、プレーを続けてきたイニエスタ。「多くの選手たちから、サッカーに関しても、人間としても、たくさんのことを学んだ」と語る彼は、その経験のすべてをもって、神戸に尽くそうとしている。クラシコという世界最高のゲームで、存在価値を発揮してきたイニエスタから受ける“世界最高峰の刺激”を、日本サッカー界は大切にしていきたい。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆
『<イニエスタ緊急参戦>リーガダイジェスト!クラシコ拡大版』
【放送日】10/26(金)よる6:00 [WOWOWライブ]※無料放送

★『生放送!バルサvsレアル直前スペシャル~今夜決定 ベスト・オブ・クラシコ~』
【放送日】10/26(金)よる7:00 [WOWOWライブ]※無料放送

★『現地より生中継!リーガ・エスパニョーラ18-19 伝統の一戦クラシコ 第10節 バルセロナvsレアル・マドリード』
【放送日】10/28(日)深夜0:00 [WOWOWライブ]
・現地解説/野口幸司
・ゲスト解説/エジミウソン(元ブラジル代表)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの