リーガ・エスパニョーラを見るならWOWOW ご加入はこちら
リーガを見るならWOWOW ご加入はこちら

リーガ・エスパニョーラの楽しみ方 2018-2019

世界最高峰のサッカーリーグは、今シーズンもエキサイティング!

1929年に誕生したスペインサッカーリーグ『リーガ・エスパニョーラ』。
リーガでは、オランダのスーパースターであるヨハン・クライフをはじめ、フランスの将軍ジネディーヌ・ジダン、ブラジルの天才ロナウジーニョ、イングランドの貴公子デヴィッド・ベッカム、スペインの至宝ラウール・ゴンサレスなど、世界各国の名選手たちが、数多くの名勝負を繰り広げてきた!
その90年余りの歴史を積み重ねた現在、世界から集まったスタープレーヤーたちが、世界最高のプレーを魅せる、まさに『世界最強のサッカーリーグ』とも呼ばれている!

スター選手揃いの3強が、リーグの覇権を激しく争う!

現在のリーガのトップスターといえば、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ。 そのメッシ擁するのが、2017-2018シーズンの覇者であり、リーグ優勝回数25回を誇る『FCバルセロナ』だ。 昨シーズンはリーグと国内カップ(コパ・デル・レイ)の2冠を達成。 UEFAチャンピオンズリーグを含めたトレブル(3冠)を目指す今シーズンは、バルサ下部組織の最高傑作アンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸へ移籍し、ブラジル代表のコウチーニョやクロアチア代表のイバン・ラキティッチなどに期待がかかる!

そして、バルセロナをリーグ優勝回数33回で上回るのが、白い巨人『レアル・マドリード』。 昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで前人未到の三連覇を果たすも、リーガでは失意の3位。 今シーズン、大黒柱のクリスティアーノ・ロナウドはイタリアへと旅立ち、数々のタイトルをもたらした指揮官ジダンもチームを去った。 新指揮官ロペテギ監督のもと、ロシア・ワールドカップMVP、FIFA年間最優秀選手のクロアチア代表ルカ・モドリッチや新エースとしてガレス・ベイルやカリム・ベンゼマがどれだけ躍動できるのか、新生レアルの戦いに注目が集まる。

さらに、打倒バルサ・レアルを虎視眈々と狙うのが、昨シーズン2位の闘将シメオネ監督率いる『アトレティコ・マドリード』。 エースでフランス代表をロシア・ワールドカップ優勝へ導いたアントワーヌ・グリーズマンがピチーチ(得点王)争いに絡んでくるようであれば、5シーズンぶりのリーグ制覇も夢ではない。

Modric Messi
Inui

真価の問われる移籍と正念場の2年目。乾と柴崎、ふたりのサムライを見逃すな!

そして今シーズンは、日本人選手の活躍に大いに期待が高まる。 ロシアワールドカップで2ゴール1アシストという特大のインパクトを残した乾貴士は、攻撃的なパスサッカーを標榜するキケ・セティエン監督が率いる『ベティス』へ移籍。 前所属のエイバル時代よりも、攻撃的ポジションでの起用が予想され、より得点チャンスに絡む活躍が観られるだろう。

また同じくワールドカップで類まれなポテンシャルを発揮した柴崎岳は、『ヘタフェ』での2シーズン目を迎える。 本職のボランチでの起用が濃厚で、日本人としてはスペイン人をオーガナイズする背番号10の姿は必見だ!

Shibasaki

バルサ・レアルも油断大敵 曲者揃いのリーガの面々!

さらにバルサ、レアル、アトレティコの3強や日本人の所属クラブだけでなく、多彩なカラーのクラブが揃っているのもリーガ・エスパニョーラの特徴だ! 近年、低迷続きも昨シーズンは久しぶりに上位へ返り咲いた名門『バレンシア』。攻撃のキーマンは、成長著しいロドリゴとサンティ・ミナ。 プレーメーカー、ダニエル・パレホの生み出すチャンスを確実にゴールに結びつけられるかが上位進出への鍵となる。 他にも、全選手がバスク地方出身者である純血主義を貫く『アスレティック・ビルバオ』や、昨シーズン2部からの昇格組ながら旋風を巻き起こした『ジローナ』、ブラジル代表の怪物・ロナウド氏が経営権を獲得した『バジャドリード』など、個性豊かなクラブが多い。

また、日本の約1.4倍の国土を誇るスペイン各地には、さまざまな街があり、文化面も多種多様。 各クラブは、そうした街の特色や文化的背景を象徴する存在でもあり、その視点でリーガの試合を観戦するのも面白いだろう。 今シーズンのリーガ・エスパニョーラも、過去の歴史に負けず劣らず、多くのドラマや名シーンが観られることは間違いない!

ALAVES CELTA EIBAR ESPANYOL HUESCA LEGANES LEVANTE RAYO VALLECANO REAL SOCIEDAD SEVILLA VILLARREAL

まだまだある!リーガ・エスパニョーラの楽しみ方

ールドカップの勝敗を左右したVAR
(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を導入!

ロシアワールドカップで試合結果を大きく左右したVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)システムが2018-2019シーズンからリーガでも導入された。 すでに序盤戦の数試合で、VAR判定でジャッジが覆る場面も見られ、試合の流れが大きく変わるケースも発生。例年以上に試合終了のホイッスルが鳴るまで、目の離せない試合が増えることだろう。

や街をふたつに分ける
「ダービー」が盛りだくさん!

「ダービー」とは、同じ州や街をホームに持つチーム同士の直接対決。リーガはダービーが多く、それぞれの特色が豊かなことでも有名だ。 “世界一熱い戦いダービー”と称されるのが、乾が所属するベティスとセビージャが相まみえる「セビージャ・ダービー」。 ダービーでの乾のプレーにも注目が集まる。その一方で“友好的なダービー”が、バスク地方のアスレティック・ビルバオと レアル・ソシエダの戦い。両クラブともに下部組織の出身選手が多く、サポーターはさながら家族の試合を見守る気持ちだ。 さらに、エスパニョールが世界一のクラブと対等に戦う「バルセロナ・ダービー」や、バレンシアを中心にビジャレアル、レバンテが争う「バレンシア自治州ダービー」も。 そして、今シーズンはラージョ・バジェカーノの昇格によりマドリード州に5つのクラブが存在し、さまざまな「マドリード自治州ダービー」も勃発。 まさにダービー祭りとなっている、今シーズンのリーガの楽しみは尽きない。

リーガ・エスパニョーラの主なダービーマッチ

クラシコ
レアル・マドリード
バルセロナ
マドリード・ダービー
レアル・マドリード
アトレティコ・マドリード
バルセロナ・ダービー
バルセロナ
エスパニョール
バスク・ダービー
アスレティック・ビルバオ
レアル・ソシエダ
ガリシア・ダービー
デポルティーボ・ラ・コルーニャ
セルタ
セビージャ・ダービー
セビージャ
ベティス
アンダルシア・ダービー
セビージャ
マラガ
バレンシア・ダービー
バレンシア
レバンテ