メニュー

生中継!
第75回トニー賞授賞式

演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰の賞であるトニー賞!豪華スター競演&圧巻のステージは必見!

トニー賞とは、該当期間中にニューヨークのオン・ブロードウェイで開幕した演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。作品賞や俳優賞はもちろん、演出家、デザイナーらスタッフへの賞が演劇とミュージカルそれぞれの部門に設けられており、まさに1年のブロードウェイを総括するアワードといえる。また、旧作の新演出上演に贈られるリバイバル作品賞があるのもこの賞の特徴だ。授賞式全体がショーアップされ、ブロードウェイの現状が垣間見られる豪華パフォーマンスが見どころとなっている。

授賞式の模様を二カ国語版(同時通訳)で

独占生中継にて放送&配信

WOWOWでは、6月13日(日本時間)にアメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催される第75回トニー賞授賞式を独占生中継。2020年6月に予定されていた前回(第74回)の開催は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2021年秋に変更、前代未聞の授賞式となった。しかし、今年は例年通りのスケジュールでトニー賞がラジオシティ・ミュージックホールに帰ってくる!お見逃しなく!

ノミネーション速報や、現地の最新情報もお届け!

ノミネーション速報やブロードウェイの最新情報をお伝えする事前番組、ミュージカルの世界を深く楽しめるプログラムを多数お届け!今年もトニー賞、そして演劇・ミュージカルの世界をWOWOWで楽しもう!

CAST 出演者

WOWOWスタジオ

授賞式(ニューヨーク)

ホスト

  • アリアナ・デボーズ
    アリアナ・デボーズ

NOMINATIONS ノミネーション

ミュージカル作品賞

  • ガール・フロム・ザ・ノース・カントリー
  • MJ
  • ミスター・サタデー・ナイト
  • パラダイス・スクエア
  • SIX
  • ア・ストレンジ・ループ

演劇作品賞

  • クライズ
  • ハングメン
  • リーマン・トリロジー
  • ザ・ミニッツ
  • スケルトン・クルー

SNS ハッシュタグ  #トニー賞 #WOWOW 
をつけて投稿しよう!

WOWOWを配信でも

WOWOWオンデマンド

いつでもどこでもWOWOWを
楽しめる番組配信サービス

ココだけのWOWOWなエンタメショップ

wowshop

スポーツやエンタテインメント関連グッズ、
WOWOWセレクションのこだわり便などの
オンラインショッピング

フォローWOWOW!
最新情報はこちらから

twitter
Facebook
YouTube
LINE
閉じる

トニー賞とは?
WHAT’S THE TONY AWARDS®?

トニー賞(正式名称:アントワネット・ペリー賞)とは、アメリカン・シアター・ウィング及び全米劇場プロデューサー連盟により授与される、アメリカ合衆国の演劇とミュージカル分野における賞。“EGOT”(米テレビ界のエミー賞【Emmy】、音楽界のグラミー賞【Grammy】、映画界のアカデミー賞【Oscarオスカー】)の「T」で、アメリカ演劇界及びエンタテインメント界で最高権威を誇る。

賞のカテゴリーには投票で選ばれる26部門(演劇作品賞やミュージカル作品賞など作品部門、それにスタッフ、キャストに対して贈られる部門)と選考委員会が決める功労賞などの特別賞がある。対象作品は、40以上あるオン・ブロードウェイの劇場で、2020年2月20日~2022年5月4日に正式にオープンした作品。また、主演男優賞や女優賞といった俳優へ贈られる賞は、正式オープン日の出演者が対象となる。今年の授賞式は、アメリカ、ニューヨークのラジオシティ・ミュージック・ホールで開催される。
※前回(第74回)の対象期間が、ブロードウェイ公演の全面休止に伴って短縮されたため、今回は対象期間の開始が早くなっている。

受賞作品は、ブロードウェイ・リーグ(北米の劇場所有者、支配人、プロデューサーなどによる団体)のメンバーとアメリカン・シアター・ウィング(第一次世界大戦中、寄付金集め、慰問などの社会貢献を目的として設立)の指名された会員を中心に、俳優、劇作家、演出家、振付家など様々な演劇関係者の団体のメンバーも加わった約850人の投票で決定される。

閉じる

井上芳雄

コロナ禍で劇場閉鎖したブロードウェイが再開してから2年目となったトニー賞が、今のブロードウェイの勢いをどのくらい伝えてくれるか楽しみです。まだまだ現地には行けないため、向こうの空気を感じつつ、今のショービジネスの状況や新作情報を知りたいなと思います。今まではショー自体に自分の興味がありましたが、それと同時に今のブロードウェイのトレンド、ブロードウェイが何をテーマにしているのか、そこを大事にお伝えしながら、宮澤エマさん、そして出演者の皆様と一緒に進行していきたいです。
そして現地に負けないくらい、日本のスタジオからトニー賞を盛大にお祝いし、日本のエンターテインメントの盛り上がりもお伝えしたいと思います。

閉じる

宮澤エマ

前回の第74回にナビゲーターとして番組に出演させていただき、司会という立場でしたが、自分が一番楽しんでしまっていたかもしれません。日本の演劇ファン、ミュージカルファンの方々も、この1~2年でブロードウェイを訪れることができなくなり、日本においても来日する作品を見られる機会も減っていき、我慢の2年でした。
今年もナビゲーターを務めさせて頂きますが、今年は少し通常モードに戻ったトニー賞をお届けできるのではないかと思っています。演劇ファン、ミュージカルファンの方々の気持ちに寄り添いながら、昨年よりヒートアップしてコアファンの皆様にお届けしつつ、まだブロードウェイに行ったことのない方にも興味を持っていただけるような時間になればと思っています。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの

配信中の番組を今すぐ見よう!

WEB会員登録(無料)してログインすると視聴できます。

\簡単入力/ご登録はこちら