新着番組

広瀬香美 30th Anniversary WOWOW Special

広瀬香美 30th Anniversary WOWOW Special

2023年1月28日(土)午後8:00  ほか

デビュー30周年を迎えた広瀬香美を2カ月連続特集!初のオーケストラ公演による全国ツアーの模様と歴代ミュージックビデオを一挙放送・配信。“冬の女王”の魅力に迫る!

 広瀬香美のデビュー30周年を祝し、2カ月連続特集をお届けする。ビルボードクラシックスとの初共演を果たし、冬の代名詞として親しまれてきた名曲の数々をオーケストラアレンジで披露する最新コンサートの模様を、1月に独占放送・配信。続く2月には、歴代ミュージックビデオを一挙放送・配信。2022年、TikTokでユーザーによる「ロマンスの神様」の振り付け投稿が大きなムーブメントを生み、時の人となった広瀬。WOWOWでは2本立てのプログラムによって“冬の女王”の過去と現在、その魅力を解き明かしていく。



<ラインナップ>
広瀬香美『billboard classics Kohmi 30th「ロマンスの神様」Symphonic Concert』   2023年1月28日(土)午後8:00

デビュー30周年を迎えた広瀬香美。ファン待望となる今回のツアーは周年を記念した初の、オーケストラ公演による全国ツアー。その中から東京公演の模様を独占放送・配信。

 ゲレンデに似合うヒット曲の数々がCMを通じて大ヒット、“冬の女王”として不動のポジションを誇る広瀬香美。そんな彼女がデビュー30周年を記念してビルボードクラシックスと初共演し、全国4都市でフルオーケストラとのコラボレーションコンサートを開催、冬の名曲群をシンフォニックアレンジで披露する。WOWOWでは12月8日にBunkamuraオーチャードホールで開催される東京公演の模様を収録、1月末に独占放送・配信する。
 1993年に発表されミリオンヒットを記録した「ロマンスの神様」は長年にわたり愛され続けてきたが、2022年、TikTokのユーザー振り付け投稿をきっかけに関連動画再生数16億回を突破。幅広い世代からの支持を得て「TikTok2022上半期トレンド大賞」を受賞するなど、過去最大級のリバイバルが巻き起こっている。本公演は2部構成で行なわれ、第1部では広瀬自身が指揮に挑戦し、ピアノ演奏も披露する。音楽活動はもちろんのこと、指揮の猛特訓を受ける動画を公開し、その姿勢を通してメッセージを発信する広瀬。30周年を到達点と捉えず、チャレンジし続ける彼女の最新の姿をお届けする。

収録日:2022年12月8日
収録場所:東京 Bunkamuraオーチャードホール



広瀬香美 Music Video Collection   2023年2月8日(水)午後8:00

デビュー30周年を迎えた広瀬香美。彼女がそのキャリアにおいて情熱を注ぎ込んだ歴代ミュージックビデオを一挙放送&配信!広瀬香美の歩みを映像表現の軌跡でたどる。

 2022年にデビュー30周年を迎えた広瀬香美の歴代ミュージックビデオを一挙放送・配信、その歴史を映像表現の軌跡で振り返るプログラム。1992年にデビューを果たし、同年1stシングル「愛があれば大丈夫」をリリース。1993年、CMソングに起用された3ndシングル「ロマンスの神様」が約175万枚という驚異的なセールスを記録。以降、1995年の「ゲレンデがとけるほど恋したい」など、冬の代名詞として親しまれる名曲群を生み出してきた。ミュージックビデオにも印象深い作品が多く、例えば「DEAR...again」(1996年)では、遠く離れていてなかなか会うことのできない恋人を想う女性を広瀬が好演。クリスマスの再会を願う切ない心情をロマンティックに描いている。どの作品にも共通するのは、音程が急激に上下する難易度が高いメロディーを歌い上げる広瀬がパワフルで生き生きとしている、ということ。TikTokのユーザー振り付け投稿を起点とし「ロマンスの神様」が大きな注目を集める中、このMusic Video Collectionオンエアをきっかけに、新たなリバイバル曲が生まれるかもしれない。

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの