メニュー

新着番組

4カ月連続!NCT 127特集

4カ月連続!NCT 127特集
放送予定日

5月28日(土)午後5:55 [WOD] ほか

パフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が評価されているグローバルグループ、NCT 127の初となる東京ドーム公演など5番組をWOWOWで大特集!

 活動グループ、メンバー数の制限がないという新たな概念を持った次世代グローバルグループ、NCT。その中で抜群のパフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が評価されているのがNCT 127だ。2018年5月に日本デビューした彼らが、ファン待望のドームツアーを日本で初開催!そのツアーの中から東京ドームでの公演の模様を独占生中継・配信する。また、同公演の模様と新撮インタビューで構成される90分番組や、2018年に出演した「a-nation」でのライブ、過去のライブ2本を特集する。



<ラインナップ>
・生中継!NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY : JAPAN - THE LINK’   5月28日(土)午後5:55[生][WOWOWシネマ][WOD]   
NCT 127初となる待望のドームツアーから、東京ドームでの公演初日をお届け。世界的アーティストとなったNCT 127のフレッシュな姿をお見逃しなく!

 バンテリンドーム ナゴヤ、東京ドーム、京セラドーム大阪という東名阪のドーム球場を股にかけて展開されるNCT 127初のドームツアーから5月28日の東京ドーム公演を独占生中継・配信する。
 今回のツアータイトルはワールドツアーの日本公演として2022年1月に行なう予定だった、さいたまスーパーアリーナ公演に冠されていたものだが、同公演が新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受けて形を変えてオンラインでの韓国公演のディレイビューイングとなったが、その無念を吹き飛ばすファンへのサプライズとして、今回は会場規模を拡大、さらに開催地・公演数も増大となるドームツアーを発表した。そんなパワーアップした公演が組まれることになったのは、 NCT 127に対する注目度が日を追うごとに高まっているからともいえるだろう。埼玉でのライブが発表された際にはチケットの当選倍率が非常に高く、壮絶な争奪戦となった経緯もあり、早々と今回のドーム公演もファンの熱でヒートアップしている。そんな大注目の公演をWOWOWでお楽しみいただきたい。

収録日:2022年5月28日
収録場所:東京 東京ドーム



・NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’   6月14日(火)午後8:00[WOWOWライブ][WOD]
NCT 127が世界へと飛び出す瞬間に開催された2019年のワールドツアーの日本公演の模様をお届け。熱狂渦巻く圧巻のパフォーマンスをお見逃しなく。

 2016年7月、NCTから選抜されたグループとして活動を開始したNCT 127は2017年に韓国国内、2018年に日本における足場固めを終えると、迎えた2019年、一気に世界へ向けての動きを本格化させる。コンサートツアーを1月にソウルでスタートさせ、日本上陸を果たすと、2月~3月にかけて7都市で14公演を行なった。そして4月に入ると、その旅は北米へと進む。アメリカ・カナダの北米11都市、メキシコ、さらには東南アジア、ヨーロッパへと続く大規模なワールドツアーが展開された。そんな印象的なツアーから、さいたまスーパーアリーナで行なわれた日本公演の模様をお届けする。
 初のコンサートツアー、世界への扉として位置づけられたこのツアーの日本公演の直後に発売された日本での1stフルアルバム『Awaken』の収録曲も交え、熱狂の中、幕を閉じた。NCT 127が刻んだ確かなマイルストーン的公演をお見逃しなく。

収録日:2019年3月31日
収録場所:埼玉 さいたまスーパーアリーナ



・NCT 127 a-nation 2018 Live in Tokyo   7月放送・配信予定
2018年に東京・味の素スタジアムで開催されたa-nationに登場したNCT 127が満員の音楽ファンの心に刻み込んだ渾身の5曲を余すことなく放送・配信!

 新型コロナウイルス感染症拡大により2020年、2021年と開催中止なってしまったものの、日本の夏を彩る都市型音楽フェスとして屈指の動員、反響を集め続けているa-nation。同フェスには、エイベックス系列のアーティストも多数参加するが、そんな人気イベントにNCT 127が2度目の登場をしたのは2018年。真夏の東京・味の素スタジアムに詰めかけた音楽ファンに強烈な印象を植え付けた彼らのステージをお送りする。
 事務所の先輩でもある東方神起がヘッドライナーを務めたこの日の公演、日本デビューミニアルバムのタイトル曲「Chain」でライブをスタートさせたNCT 127は、同ミニアルバムの収録曲「Limitless」を披露。そして、「Fire Truck」「Cherry Bomb」という韓国で発表してきたナンバーを並べ、「Touch」の日本語バージョンを初披露。絶対的自信を持つパフォーマンスを見せつけた。披露された5曲に込められた彼らの決意がほとばしるステージを放送。a-nationに刻まれたNCT 127の確かな一歩は永久保存版だ。

収録日:2018年8月25日
収録場所:東京 味の素スタジアム



・NCT 127 Japan Showcase Tour “Chain” in Tokyo   7月放送・配信予定
日本デビュー直前に4都市で約2万人のファンと交流を深めたNCT 127のショーケースツアー。圧倒的パフォーマンスと客席との触れ合いが新鮮な日本での第一歩を放送・配信!

 ショーケース、それはアーティストが記念すべきデビューを前にお披露目をする大事なステージ。NCT 127の日本デビューショーケースは、2018年5月23日デビューミニアルバム『Chain』の発売を控えた4月~5月に福岡、愛知、大阪、東京の4都市で7公演開催された。
 多国籍メンバーで構成されグローバルグループを標榜するNCT 127は、単独での大規模な公演はこの時が初。そんな緊張感の中、幕を開けたショーケースツアーだったが、会場はことごとく満員、約2万人を動員する人気ぶりでその存在感を見せつけることとなった。
 デビュー作や代表曲を交えて進行していくライブと、日本人メンバーのユウタをはじめ全員が日本語で客席に語りかけ交流を深めていくトークコーナーなど、初々しさの中にも非凡なステージパフォーマンスを見せつけた貴重なひと時。世界を揺るがす存在になった今だからこそあらためて見ておきたいスペシャルプログラムだ。

収録日:2018年5月19日、20日
収録場所:東京 チームスマイル・豊洲PIT



・NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY : JAPAN - THE LINK’ スペシャルダイジェスト&インタビュー   8月放送・配信予定
NCT 127待望の東京ドーム公演の映像+WOWOW独占のメンバーインタビューで構成された90分のスペシャル番組。旋風を巻き起こすNCT 127の魅力がここに!

 自身初のドームツアーの中から東京ドーム公演の模様をWOWOWで独占生中継・配信することが決定したNCT 127。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、生のパフォーマンスを長らく目にすることのできなかったファンにとって待望久しいステージとなるが、そんな注目のライブの模様と新たに撮影されたメンバーへのインタビューを交えた90分の特別番組が放送・配信される。
 世界レベルで活躍を続けるNCTのメンバーだけに、パフォーマンスはもちろん、個々のインタビューをじっくりと楽しめる機会も貴重。全編が生中継される本公演とともにチェックすることで、より深くライブのこと、メンバーのことを知ることができるはずだ。もちろん、インタビューはこの番組のために撮り下ろされるWOWOWだけのもの。2022年のミュージックシーンに新たな風を吹かせること必至のNCT 127の魅力を凝縮した90分にご期待いただきたい。

収録日:2022年5月28日
収録場所:東京 東京ドーム

関連情報

※全番組、WOWOWオンデマンドの無料トライアル対象外です

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの