メニュー

新着番組

特集:おうちブロードウェイ

特集:おうちブロードウェイ
放送予定日

2022年2月12日(土)午後2:45~ [WOD]

本場ブロードウェイの作品をおうちにいながら楽しめる!今回は「シラノ・ド・ベルジュラック」「キンキーブーツ」の2作品をお届け。

 2020年7月~10月に「おうちブロードウェイ」特集と題し、ブロードウェイミュージカルを放送していたWOWOWが2022年2月に新たに2作品をお届けすることが決まった。本特集は2020年、新型コロナウイルス感染症拡大により劇場でミュージカルを楽しむ機会がなかなかない状況となったことから、ぜひおうちでブロードウェイミュージカルを楽しんでいただきたいという想いで企画された。
 今回の放送ラインナップは、「松竹ブロードウェイシネマ」シリーズとして上映されたブロードウェイミュージカルの中から、フランスを代表する悲喜劇の舞台版「シラノ・ド・ベルジュラック」と、トニー賞を受賞した「キンキーブーツ」。懐かしいブロードウェイミュージカルをWOWOWでお見逃しなく!

<ラインナップ>
「シラノ・ド・ベルジュラック」   2022年2月12日(土)午後2:45
アカデミー賞、トニー賞を受賞し、映画界・演劇界に大きな足跡を残すケヴィン・クライン主演、ジェニファー・ガーナー共演で送るフランスを代表する悲喜劇の舞台版。
 初演から100年以上、演じ継がれた傑作がニューヨークのブロードウェイに帰ってきた。1897年のエドモン・ロスタンの戯曲をトニー賞作品「NINE」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」などで有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務め、再演。
 本作は、17世紀中頃のフランス・パリを舞台にした、剣豪作家シラノの生死を懸けたロマンティックな悲恋の物語。主人公のシラノをケヴィン・クライン、相手役のロクサーヌをジェニファー・ガーナー、シラノに助けられる若者クリスチャンをダニエル・サンジャタが演じる。豪快なセリフ回しや、100人斬りといわれるシーンでの殺陣、演劇史に残る、シラノがクリスチャンに成り代わってロクサーヌへの愛を語り上げるバルコニーシーンなど必見。世界中で大人気の本作で、いつの時代も変わらぬ恋する者のひたむきさ、この悲恋劇の結末を涙を拭わずに目撃していただきたい。

収録日:2007年
収録場所:アメリカ
スタッフ・キャスト/
 演出:デヴィッド・ルヴォー
 出演:ケヴィン・クライン、ジェニファー・ガーナー、ダニエル・サンジャタ

「キンキーブーツ」   2022年2月12日(土)午後5:15
実話をもとにした映画をニューヨーク・ブロードウェイ界の明星、H・ファイアスタインの脚本とC・ローパーの作詞作曲で舞台化した、トニー賞受賞大ヒットミュージカル!
 本作の舞台はイギリスの倒産しそうな靴工場。跡継ぎのチャーリーは経営困難に苦しんでいた。そんな中、チャーリーはドラァグクイーンのローラやその仲間たちに出会う。外見も振る舞いもまるで違うチャーリーとローラだったが思いがけない共通点があった。キリアン・ドネリーが自分の方向性に悩みためらいながらも、進むべき道を猛進するチャーリーを熱演。マット・ヘンリーはゴージャスな見た目だが、心の中はガラス細工のように繊細な面を持つローラの人物像を作り上げている。人と違うことを恐れずに突き進んでいくことで、本当の絆が生まれることを本作で感じていただきたい。

収録日:2018年
収録場所:イギリス
スタッフ・キャスト/
 脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン 
 音楽・作詞:シンディ・ローパー 
 出演:マット・ヘンリー、キリアン・ドネリー

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの