新着番組

アニメプライム

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部

アニメプライム
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部
放送予定日

4月8日(水)スタート[第1話無料放送]

 毎週水曜深夜0:30

小説単行本・コミックスは、シリーズ累計200万部(電子書籍含む)を突破した「本好きの下剋上~」、TVアニメ第二部が4月にスタート!

 シリーズ累計は200万部(電子書籍含む)を突破した香月美夜のライトノベルが原作。宝島社が発行している「このライトノベルがすごい!」のランキング単行本・ノベルス部門において、2年連続1位に輝いた話題作「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」のTVアニメ、第二部が4月8日にスタートする。
 事故で亡くなった本好きの女子大生が、兵士の娘マインとなって意識を取り戻した中世ヨーロッパ風の異世界で、本を求めて奮闘していく。神殿の図書室を利用するため、青色巫女見習いになることが決まったマイン。第二部で登場する魅力的な新キャラクターを演じるのは実力派声優陣。マインに仕える灰色神官見習いのギル役の三瓶由布子、同じく灰色神官のフラン役の狩野翔、灰色巫女見習いのデリアは都丸ちよが演じる。舞台を神殿に移し、マインの本をめぐる新たな冒険が始まる。

<ストーリー>
 本を偏愛する女子大生・本須麗乃は不慮の事故で命を落とし、兵士の娘マインに転生する。しかし、その世界には本がなかった。平民は識字率が低く、羊皮紙で作る本は高価でお貴族様のもの。そこでマインは決意する。「本がなければ作ればいい!」
 試行錯誤の末、植物製の紙を完成させるが、マインの体は魔力を宿しており、増え続ける魔力を吸い取る魔術具がなければ生き永らえることはできないという「身食いの熱」にむしばまれていた。そんな中、洗礼式で神殿の図書室を発見したマインは、巫女見習いになりたいと神殿長に直談判する。マインは魔力を奉納する青色巫女見習いになることが決まるが、本来、貴族に与えられる「青の衣」を平民出身のマインがまとうことを快く思っていない者も多く、マインの行く手は前途多難。
 問題児ばかりの側仕えや、神殿の階級社会。マインの前に神殿の常識が立ちはだかる。果たして、マインが心ゆくまで読書できる日は来るのか?

関連情報

<スタッフ・キャスト>
原作:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(TOブックス刊)
著者:香月美夜/イラスト:椎名 優
監督:本郷みつる
副監督:川崎芳樹
シリーズ構成:國澤真理子
キャラクターデザイン:柳田義明、海谷敏久
総作画監督:柳田義明、海谷敏久、遠藤江美子
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術監督:木下了香
美術設定:天田俊貴
色彩設計:一瀬美代子
撮影監督:北村直樹
編集:長坂智樹
音響監督:渡辺 淳
音響効果:倉橋裕宗
音響制作:JTB Next Creation
音楽:未知瑠
音楽制作:フライングドッグ
OPテーマ:諸星すみれ「つむじかぜ」
アニメーション制作:亜細亜堂
プロデュース:ジェンコ
声の出演:井口裕香(役名:マイン)、速水 奨(役名:フェルディナンド)、中島 愛(役名:トゥーリ)、折笠富美子(役名:エーファ)、小山剛志(役名:ギュンター)、田村睦心(役名:ルッツ)、子安武人(役名:ベンノ)、日野 聡(役名:オットー)、前野智昭(役名:マルク)、内田 彩(役名:フリーダ)、中 博史(役名:グスタフ)、三瓶由布子(役名:ギル)、狩野 翔(役名:フラン)、都丸ちよ(役名:デリア)

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの