新着番組

WOWOWバレエの日〜絢爛たるロシアバレエの世界〜

WOWOWバレエの日〜絢爛たるロシアバレエの世界〜
放送予定日

5月5日(日・祝)午後5:00〜

ロシアバレエ界の裏側を追ったドキュメンタリーと、ロシア伝説のダンサー来日のコラボステージをお届け。

 長い歴史を持ち、数々の名作と、体系的教授メソッドでクラシックバレエを確立させたロシアバレエ。ロシアバレエが生んだ、チャイコフスキー作曲、マリウス・プティパ振り付けの「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」は“三大バレエ”と呼ばれ、世界中で愛されるクラシックバレエの代表的演目。
 今回のWOWOWバレエの日では、そんなロシアバレエの若き才能と、レジェンドの姿を特集し、ロシアバレエの魅力に迫る!

<ラインナップ>
・バレエ☆プルミエール #18   5月5日(日・祝)午後5:00

・ロシアバレエの宝石たち(全10回) #1〜5   5月5日(日・祝)午後5:20〜[モノラル] ※#6〜10は今夏放送予定 
 名門校ワガノワ・バレエ・アカデミーの教室から、有名バレエ団の劇場や公演まで、ロシアの若きダンサーたちを追ったバレエドキュメンタリーをお届け。
[内容]
 伝説のスターダンサーを数多く輩出してきたワガノワ・バレエ・アカデミーで学ぶ生徒や、プロの世界で活躍するバレエダンサーたちの舞台裏に迫るドキュメンタリーをお送りする。
 そこには、一流のダンサーになるための厳しい試練があった。不慮の事故に見舞われ、けがで踊れなくなってしまったダンサー、家庭を犠牲にしてツアーに打ち込むダンサー、国際的なバレエコンクールへ挑戦するダンサーたちや、自身が望むクラシックバレエを踊るため苦悩する日本人ダンサーの姿も。さまざまな困難と現実の中にある、ロシアバレエの舞台裏を目撃する。

監督:オリガ・パストゥホワ
出演:ニコライ・ツィスカリーゼ、レナータ・シャキロワ、キミン・キム、ソフィア・ヴァリウリーナ、ヴァチェスラフ・ゴルデーエフ、アンナ・シェルバコワ、ドミトリー・コテルミン、ウラジミール・ミネフ、アルチアン・アラケリャン、アンナ・マルコワ、イヴァン・ティトフ、西島勇人、千野円句、クリスティーナ・リュムシナ、ドミトリー・プルサコフ、アレクサンドラ・チモフェーエワ

・川井郁子×ルジマトフ LUNA〜千年の恋がたり〜 ヴァイオリンミューズとロシアバレエの至宝 夢の協演   5月5日(日・祝)夜8:00
 ロシアが生んだ偉大なバレエダンサーのルジマトフと世界で活躍する作曲家・ヴァイオリニスト川井郁子のスペシャルコラボレーション。
[内容]
 2018年2月23日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行なわれた「川井郁子コンサートツアー2018 LUNA〜千年の恋がたり〜」東京公演に、スペシャルゲストとしてロシア伝説のバレエダンサー、ファルフ・ルジマトフが登場した。
 ルジマトフは2018年に舞踊生活40周年を迎え、生ける伝説といわれるその鮮やかなテクニックと華麗な演技で多くのファンを魅了し続けるロシアバレエ界の帝王。自身の独創的な表現世界を持ち、ジャンルを超えた芸術家との共演が注目を集める作曲家・ヴァイオリニストの川井郁子とは、2010年の「COLD SLEEP」以来の共演となる。
 今回、源氏物語の世界と月をテーマに3部構成で展開した2人のコラボレーションを放送。神々しいほどの世界観を見せる音楽舞台を、ルジマトフ出演のバレエシーンを中心とした1時間バージョンでお届けする。

収録日:2018年2月23日
収録場所:東京 Bunkamuraオーチャードホール
出演:川井郁子、ファルフ・ルジマトフ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの