新着番組

アニメプライム

文豪ストレイドッグス

アニメプライム
文豪ストレイドッグス
放送予定日

4月17日(水)スタート[第1話無料放送]

 毎週水曜深夜0:30

架空の都市・ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介ら文豪の名を懐く登場人物たちが活躍する異能アクションバトルの第3シーズンがスタート!

 架空の都市・ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介、江戸川乱歩、宮沢賢治といった文豪の名を懐く登場人物たちが活躍する、異能アクションバトルのアニメ第3シーズンを放送する。組合(ギルド)襲来時に裏で暗躍していた魔人・フョードルが、ついにヨコハマの街で動き出す。
 原作・朝霧カフカ、漫画・春河35による同名漫画は、シリーズ累計700万部を突破し、テレビアニメ、ノベライズのほか、2019年夏には第3弾の舞台が上演するなど、さまざまなメディアミックスが展開されている。アニメは2016年4月~6月に第1シーズン(12話)、同年10月~12月に第2シーズン(12話)を放送し、2018年3月には映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』が上映され大ヒットを記録した。WOWOWでは、この劇場版を4月13日に放送。17日にスタートする第3シーズンと合わせてご覧いただきたい。

<ストーリー>
 「武装探偵社」の中島敦と「ポート・マフィア」の芥川龍之介の共闘によって、フランシス・Fとの決戦を制し、大国より襲来した「組合(ギルド)」との巨大異能戦争は終結した。戦いの中で結ばれた「武装探偵社」と「ポート・マフィア」の休戦協定は継続。壊滅の危機から守られたヨコハマの街では何事もない日常が続いているように見えた。しかしそこには、流入する海外犯罪組織の噂や、「組合(ギルド)」残党の影が見え隠れしていた。
 一方、太宰治は新たなる災厄の始まりを案じていた。地下水路にうごめいていたのは、盗賊団「死の家の鼠」の頭目フョードル・D。その恐るべき謀略が、ついに牙をむく!

関連情報

<スタッフ・キャスト>
原作:朝霧カフカ、漫画:春河35(「ヤングエース」連載)、監督:五十嵐卓哉、シリーズ構成・脚本:榎戸洋司、キャラクターデザイン・総作画監督:新井伸浩、メカニックデザイン:片貝文洋、美術監督:近藤由美子、色彩設計:後藤ゆかり、撮影監督:神林剛、CGディレクター:安東容太、編集:西山茂、音楽:岩崎琢、音楽制作:ランティス、音響監督:若林和弘、音響制作:グロービジョン、オープニング主題歌アーティスト:GRANRODEO、エンディング主題歌アーティスト:ラックライフ、アニメーション制作:ボンズ、製作:2019文豪ストレイドッグス製作委員会
声の出演:上村祐翔(役名:中島敦)、宮野真守(役名:太宰治)、細谷佳正(役名:国木田独歩)、神谷浩史(役名:江戸川乱歩)、豊永利行(役名:谷崎潤一郎)、花倉洸幸(役名:宮沢賢治)、嶋村侑(役名:与謝野晶子)、諸星すみれ(役名:泉鏡花)、小見川千明(役名:谷崎ナオミ)、小山力也(役名:福沢諭吉)、小野賢章(役名:芥川龍之介)、谷山紀章(役名:中原中也)、羽多野渉(役名:梶井基次郎)、小清水亜美(役名:尾崎紅葉)、瀬戸麻沙美(役名:樋口一葉)、宮本充(役名:森鴎外)、雨宮天(役名:エリス)、櫻井孝宏(役名:フランシス・F)、植田ひかる(役名:ルイーザ・M)、森川智之(役名:ポオ)、花澤香菜(役名:ルーシー・M)、福山潤(役名:坂口安吾)、石田彰(役名:フョードル・D)

<関連番組>
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE   4月13日(土)夜10:00[WOWOWシネマ]

<関連情報>
「文豪ストレイドッグス」第1シーズン全12話、第2シーズン全12話、OVA1話[WOWOWオンデマンド]

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの