728
728

第61回 グラミー賞授賞式

WOWOWライブ字幕版
3/31(日)午後3:00

ニュース/コラム

【コラム #5】「グラミーの魔法」

すでにロサンゼルスはグラミーウィークに入り、方々で音楽関係者たちによるパーティーやイベントが行なわれている。そして(この原稿を書いている時点で)大部分のパフォーマー、さらにはプレゼンターも発表となり、いよいよ授賞式の内容も九割方が見えてきた。堂々オープニング・パフォーマンスを飾るカミラ・カベロを中心とするラテン圏のスーパースターたち、レッド・ホット・チリ・ペッパーズとポスト・マローンのコラボレーション、音楽界の至宝にして生きる伝説ダイアナ・ロス、そしてドリー・パートンのステージ、ゴスペルやR&B界きっての実力派女性3人、ヨランダ・アダムス、アンドラ・デイ、ファンテイジアによるアレサ・フランクリン・トリビュート。そして、レディー・ガガやブランディ・カーライルなどノミニーたちのパフォーマンスほか今回も実に懐の深いグラミーだからこそ成し得る、まさしく一夜限りの祭典となりそうだ。その一方で今回ノミニーでもあるアリアナ・グランデが授賞式でのパフォーマンスをオファーされながらも、その内容に納得がいかないとの理由から授賞式自体を欠席すると発表、大きな話題を呼んでいる。(その他、ケンドリック・ラマー、ドレイク、チャイルディッシュ・ガンビーノがHIP HOPに対するグラミーの見解に異を唱え、パフォーマンスを断ったとも報じられた)先に授賞式の“九割方が見えてきた”とお伝えしたが、このように開催間近になるとグラミー側からはもちろん、多くのメディアがグラミーにまつわる様々なニュース(ネタ)を発信する。その真相はともかく、それらが授賞式に及ぼす影響も少なからずあるだろう。ゆえに授賞式の進行や内容が事前に変更されることは度々起こり得るのだ。先のニュースに付随するが、例えばレコーディング・アカデミーが出演をオフォーしているアーティストやビッグネームが授賞式前日に出演を了承した場合、決められた放送時間枠のなかでその演出を実現するには予定していた何かを変更せざるを得ないわけだ。これはまだ良い例としよう。長きに渡りWOWOWグラミー賞の生中継に携わらせて頂いているが、現地で体験した忘れることのできないハプニングが2回ある。ひとつは今から10年前09年の第51回グラミー賞。授賞式前日(正確には当日早朝)リアーナが当時交際していたクリス・ブラウンから暴行を受けて、これが大事件に発展。2人ともに予定されていた授賞式でのパフォーマンスがキャンセルになってしまった。その穴を埋めたのがソウル/R&Bレジェンドのアル・グリーン。バックに使えたのはキース・アーバン、ジャスティン・ティンバーレイク、ボーイズⅡメンなど。この時ノミニーだったアル・グリーンは会場には来ていたもののパフォーマンスする予定はなく、ましてやリハーサルもほとんど出来ていない状況にも関わらずグラミーの舞台で見事に代表曲「Let’s Stay Together」を先の面々と披露した。二度目は世界中に衝撃を与えた12年の第54回グラミー賞。授賞式当日、その前夜に亡くなったホイットニー・ヒューストンの訃報に生中継の準備に追われていた我々も耳を疑った。この緊急事態にグラミーはどう対応するのだろう、誰が彼女をトリビュートするのだろう、様々な情報が錯綜した。結果、そのあまりも重過ぎる大役を担ったのはジェニファー・ハドソン。そんな状況を受けてグラミーの舞台に立った彼女の気持ちを推し量ることは出来ないが見事に歌いきった「I Will Always Love You」は、ホイットニー・ヒューストンの偉大なる功績と悲しい現実を強く実感させるものだった。
グラミー賞授賞式、そのステージにはアーティストが自らの限界を超える事のできる計り知れない大きな力が潜んでいる、それは“グラミーの魔法”かもしれない。世界最高峰の音楽賞のノミニーとなった栄誉あるアーティスト達、そして世界最高峰のステージに立つアーティスト達にどんな“グラミーの魔法”がかかるのか、一瞬たりとも見逃すわけにはいかない。

増子 仁

文:増子 仁

90年代からフリーランスとしてFMラジオで番組制作を開始。その後、洋楽を中心にTV/ラジオ番組の監修や構成を務める。'09年に株式会社オフィス・プラスナインを立ち上げ、洋楽作品のプロデュース/PR業務にも携わる。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる