番組情報PROGRAM
INFORMATION

第62回グラミー賞授賞式

WOWOWライブ同時配信字幕版
3/24(火)よる10:00

音楽界で最も権威ある賞として全世界の音楽ファン、ミュージシャン、音楽関係者が注目するグラミー賞。日本時間2020年1月27日にロサンゼルスのステープルズ・センターで行われた授賞式の模様を生中継でお届けした。

最多8部門でノミネートされていたリゾは、3部門を受賞。6部門にノミネートされ、BTSとのパフォーマンスも話題になったリル・ナズ・Xは2部門を受賞した。

そして、主要4部門を含む計6部門にノミネートされていたビリー・アイリッシュは、主要4部門を含んだ計5冠の快挙を達成!!史上最年少(18歳)での主要4部門独占は、第23回(1981年)のクリストファー・クロス以降39年ぶりの史上2度目であり、また、女性としては初、かつ史上最年少の主要4部門独占となり、グラミー賞に新たな歴史を刻んだ。さらに彼女の唯一のコラボレーター、プロデューサーで実兄のフィニアスも同じく5部門を受賞。

また、授賞式当日、元NBA選手のコービー・ブライアント氏が急逝。グラミー賞が行われたステープルズ・センターは、彼が所属していたチーム「ロサンゼルス・レイカーズ」の本拠地でもあることから、随所に彼を追悼するパフォーマンスが行われた。そのほか、エアロスミス&RUN DMC、カミラ・カベロ、アリアナ・グランデなど絢爛豪華なコラボやパフォーマンスが繰り広げられた。

【主な受賞結果】
ビリー・アイリッシュ
年間最優秀レコード/年間最優秀アルバム/年間最優秀楽曲/最優秀新人賞/最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

フィニアス
年間最優秀レコード/年間最優秀アルバム/年間最優秀楽曲/最優秀録音アルバム(ノン・クラシック)/最優秀プロデューサー(ノン・クラシック)

リゾ
最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)/最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス/最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム

リル・ナズ・X
最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)/最優秀ミュージック・ビデオ

出演アーティスト

【司会者】
アリシア・キーズ

【パフォーマンス】
エアロスミス&RUN DMC、ビリー・アイリッシュ、リゾ、グウェン・ステファニー&ブレイク・シェルトン、アリアナ・グランデ、デミ・ロヴァート、カミラ・カベロ、H.E.R.、ジョナス・ブラザーズ、ボニー・レイット、ロザリア、タイラー・ザ・クリエイター、チャーリー・ウィルソン、タニヤ・タッカー&ブランディ・カーライル、カーク・フランクリン、DJ キャレド、ジョン・レジェンド、ミーク・ミル、ロディ・リッチ、YG、リル・ナズ・X&ビリー・レイ・サイラス&BTS&ディプロ&メイソン・ラムジー、ゲイリー・クラーク・ジュニア、コモン、シンディ・ローパー、ベン・プラット

【プレゼンター】
ビービー・レクサ、ジム・ガフィガン、トレバー・ノア、コモン、シンシア・エリヴォ、デュア・リパ、ビリー・ポーター、スモーキー・ロビンソン、シャナイア・トゥエイン、キース・アーバン、エイヴァ・デュヴァーネイ、オジー・オズボーン&シャロン・オズボーン、タニヤ・タッカー&ブランディ・カーライル

グラミー賞とは?WHAT’S
THE GRAMMY AWARDS®?

―それは、世界最高峰の音楽賞―


グラミー賞とは、「the Recording Academy」が主催する、世界最高峰の音楽賞。第1回の授賞式は1959年。ちなみに当初は蓄音機(グラモフォン)にちなんで、「グラモフォン・アワード」と呼ばれていた。(その名残がグラミー賞のロゴや受賞者に渡されるトロフィーのデザインに残っている。ぜひ授賞式で注目を!)


―「主要4部門」をはじめとする80以上もの部門賞が―

音楽業界で目覚しい業績を挙げたクリエイターやアーティストに贈られるグラミー賞は、授賞式が行われる前年に米国内で発売及び発表された楽曲・アーティストを対象に選考される。米国内12州に支部がある 「the Recording Academy」の会員の投票によってまずはノミネート作品が選ばれ、本選となる授賞式でウィナーが決定となる。
ノミネート、そして受賞の基準だが、決して販売部数や売上ランキングだけが指標になる訳ではなく、芸術的観点、技術的能力、および総合的に卓越した作品・人物が評価される。受賞部門はなんと80以上!なかでも『年間最優秀レコード』『年間最優秀アルバム』『年間最優秀楽曲』『最優秀新人賞』は、その年の音楽界の動向を象徴する「主要4部門」として大きな注目を集めている。

グラミー賞 みどころはココ!

閉じる

ジョン・カビラ コメント

最高峰の音楽の祭典、グラミー賞!定額配信の時代にジャンルとは?アルバムとは?その定義と境界線が曖昧になる中、やはりアーティスト、パフォーマー、ソングライターを称える意義がさらに深まっています。また、まさにその境界を超えるコラボレーションが一期一会に展開するのがグラミーの舞台です。新たな時代を切り開き続けるアメリカ音楽界の今が見えて来るグラミーを皆さんと共に楽しみ切りたいと思います。See you at Music’s Biggest Night!

閉じる

ホラン千秋 コメント

やってきました、グラミー賞の季節です!
今回は日本のスタジオからお届け。つまり今までよりも近い距離で、皆さんとグラミーモーメントと呼ばれる感動的な瞬間を共有できるんです。
世の音楽好き達の心の距離がギュッと縮まる歴史的な日を、今回も皆さんと迎えられることを今から楽しみにしています!

閉じる

山下智久 コメント

前回参加させていただいて、世界のトップで活躍されているアーティストの方たちを間近で見ることができ、グラミー賞という祭典が以前よりリアルに感じられるようになりました。本番はもちろん、リハーサルから見られたのは刺激的でしたし、感動しましたね。バックステージでのアーティストの姿に触れられたのは貴重な経験でした。前回よりは少しリラックスして臨めるのではないか?と思っていますので、心の鎧を落として、純粋にその場で感じたものを皆さんにお伝えしていきたいです。
洋楽好きな方もそうではない方も、グラミー賞授賞式はエンターテインメントとして楽しめますし、新しい出会いですので、ぜひ体感していただければと思います。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる