新着番組
連続ドラマW
東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」

6月放送・配信スタート
※第1話無料放送(全4話)

WOWOWプライムWOWOW4KWOWOWオンデマンド

仕事も恋愛も“全てはゲームだ”
東野圭吾が生んだ頭脳明晰でミステリアスな誘拐犯
主人公・佐久間駿介役に亀梨和也が決定!

 連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」(全4話)の放送・配信スタートが6月に決定。そしてこの度、主人公・佐久間駿介役を亀梨和也が演じることが解禁となった。

 本作の原作は2002年に刊行された東野圭吾の小説『ゲームの名は誘拐』(光文社文庫刊)。主人公の広告代理店の敏腕プランナー・佐久間駿介が、手掛けていた大型プロジェクトから突如降板させられたことを機に、自分を引きずり下ろした大企業の副社長に一矢報いるため、その娘と共謀して狂言誘拐を企てたことから始まるミステリーだ。2003年に一度実写映画化され、2020年には本作を原案としたドラマが中国で制作されるなど、長年にわたり世界中のファンを魅了してきた人気作である。WOWOWと東野のタッグは、2021年の連続ドラマW 東野圭吾「さまよう刃」以来3年ぶり9作目。脚本を「SUITS/スーツ」(フジテレビ)、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)の小峯裕之、監督を「連続ドラマW ギバーテイカー」「連続ドラマW シャイロックの子供たち」ほか数々のWOWOWドラマを手掛ける鈴木浩介が務める。

 この度、WOWOWの連続ドラマへの出演は2022年の「連続ドラマW 正体」以来約2年ぶり2度目、東野圭吾原作作品への出演は2018年のドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(テレビ東京)以来約5年半ぶり2度目となる亀梨が演じる主人公・佐久間は、画期的なアイデアと、どんな手を使ってでも必ず勝負に勝つ、という行動力を武器に、数々のクライアントを担当する敏腕広告プランナー。どこかミステリアスでつかみどころがない佐久間は女性にもよくモテるが、頭脳明晰で計算高く、仕事も恋愛も“ゲーム感覚”でクリアすることに快感を覚える人物だ。

 そんな佐久間を襲う大型プロジェクトからの降板劇――。完璧に進んでいたはずの“ゲーム”から突如引きずりおろされ、プライドを引き裂かれた佐久間は、敵である大手自動車メーカーの副社長への復讐のため、同じく父に恨みを持つ副社長の娘と手を組み狂言誘拐を実行する。しかし順調に滑り出したかに思われた佐久間の“誘拐ゲーム”は、やがて予想外の展開を見せていく……。
 佐久間と、娘を取り戻したい大企業の副社長の一進一退の“攻防戦”、そして誘拐犯である佐久間と共犯関係の娘との間で育まれるいびつで危険な“恋愛模様”が見どころの本作。今後解禁される豪華キャスト陣にもご期待いただきたい。

 連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」(全4話)は2024年6月、WOWOWにて放送・配信スタート。全てが覆る衝撃のラスト…見る者を欺く“究極の誘拐ゲーム”をお楽しみに!

関連情報

出演:亀梨和也 ほか 原作:東野圭吾『ゲームの名は誘拐』(光文社文庫刊) 監督:鈴木浩介 脚本:小峯裕之 音楽:羽岡佳 チーフプロデューサー:青木泰憲 プロデューサー:大原康明 清家優輝 製作:WOWOW ファインエンターテイメント

コメント

プロデューサー:大原康明

初めて原作を読んだ時は予想もしなかった衝撃の展開に、椅子から転げ落ちるほどの衝撃を受けました…

閉じる

プロデューサー:大原康明

初めて原作を読んだ時は予想もしなかった衝撃の展開に、椅子から転げ落ちるほどの衝撃を受けました。20年以上前に東野圭吾先生が執筆された作品ですが、現在でも全く色褪せることのない魅力を放ち続けています。ミステリーやスリリングな展開、裏切り、そして、ラブロマンス、など、原作の魅力と衝撃をどうすれば映像で届けられるか。「連続ドラマW」を数々手掛けてこられた鈴木浩介監督や脚本・小峯裕之さんの手腕をはじめ、キャストとスタッフ一同が懸命に挑みました。主人公・佐久間駿介役を務めるキャスト情報も近日発表を予定しています。頭脳明晰で危険な魅力あふれる佐久間役にぴったりだと確信しています。是非、ご期待ください!

亀梨和也(佐久間駿介役)

「連続ドラマW 正体」以来2作目のWOWOWドラマへのご出演となります。
オファーを受けた際のお気持ちをお聞かせください。

前回の「正体」を経て、また、このようにお話をいただけたことがとてもうれしかったです…

閉じる

亀梨和也(佐久間駿介役)

「連続ドラマW 正体」以来2作目のWOWOWドラマへのご出演となります。
オファーを受けた際のお気持ちをお聞かせください。

前回の「正体」を経て、また、このようにお話をいただけたことがとてもうれしかったです。
また再会できるスタッフさんや、今回の作品で初めてお会いするスタッフさんとの出会いも非常に楽しみでした。
「正体」の時と同様に準備段階からしっかりとしたコミュニケーション、熱量の中で時間が過ごせるという期待を持ち、今回のお話も受けさせていただきました。
結果的に非常にやりがいのある魅力溢れる作品に参加させていただけたことに感謝しております。

原作・ドラマの脚本を読んでの感想をお聞かせください。

この作品のスケール感、先の読めない展開、心理戦。あっという間に読み終えました。
これをまたどのような形で映像化していくことができるのか正直プレッシャーもありましたが、スタッフの皆さんと一丸となって撮影を終えることができました。
まだ作品の完成は僕自身見ていないのですが、登場する個性的なキャラクターの魅力やエンターテイメント性溢れるミステリーに是非、夢中になっていただけたらと思います。

佐久間駿介という人物について、脚本を読み、実際に演じられてどのように感じましたか。
また、演じる上で心掛けたことがあればお聞かせください。

僕が受け取った印象として佐久間自身、美意識やプライドが高く、それ故の思考であり行動が存在しているのではないか?と。キャラクターを作り上げていく上で、ファッションや仕草、目から捉えられるような情報というものに関しては特に細かく意識しながら演じさせていただきました。

ご自身のYouTubeチャンネルの開設や、ソロイベントの開催などの新たな挑戦、さらに映画や連ドラへ立て続けにご出演されている中での本作へのご出演だったかと思います。ご自身の活動の中で、本作はどのような位置付けの作品となったでしょうか。

撮影期間中、さまざまな角度のお仕事をさせていただきながら、僕自身、置かれている状況が大きく動き出すタイミングでした。振り返ると、自分としても少し覚醒しているような感覚の中でこの作品の時間を過ごさせてもらっていたなと。
現場に行くとスタッフの皆さんと共に作り上げているという充実した実感の中で細かな部分も諦めずに撮影ができたと思います。撮影を終えて約半年間時間が経っての放送にはなりますが、出来上がりを非常に楽しみにしています。

改めて、視聴者の皆様、楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。

魅力溢れるストーリー、登場人物たちに身を委ねていただきながら、騙し、騙されさまざまな思考を持って楽しんでいただけたらうれしく思います。是非、受け取って下さい。

原作

東野圭吾『ゲームの名は誘拐』(光文社文庫刊)

書影

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの