新着番組
ハリウッド共同制作オリジナルドラマ
「TOKYO VICE Season2」

世界同時公開!ついに特報映像解禁!!
アンセル・エルゴート、渡辺謙に続くオールキャスト発表!
さらに日本限定のキービジュアルも解禁!

WOWOWとアメリカのMax(旧HBO Max)の日米共同制作で贈る超大作ドラマ・シリーズ、
待望のSeason2がいよいよ4月6日(土)午後9:00、WOWOWにて日本独占放送&配信スタート!

 エンターテインメント・シーンの最前線で活躍するハリウッド最高のスタッフと日米のスター・キャスト陣によって、“世界で最も撮影が難しい都市”といわれる東京とその近郊で撮影され、WOWOWとMaxの日米共同制作で贈る超大作ドラマシリーズ「TOKYO VICE」 。舞台は1990年代の東京アンダーグラウンド。世界で最もきらびやかな大都会として憧れられた東京のリアルで凶暴な裏の姿を、Season1の第1話ではマイケル・マンが監督を務め、ハリウッドが誇る本気の“映像魂”がこの上ないクオリティーでよみがえらせた。その待望のSeason2がついにアメリカでは2月8日(木)からMaxで配信されることが決定。WOWOWでは4月6日(土)午後9:00より放送・配信がスタートする。
 世界が憧れた大都会“1990年代TOKYO”が牙をむく――。東京の大学を卒業したアメリカ人青年ジェイク(アンセル・エルゴート)は、故郷に戻ることを勧める両親に反し、難関な試験を突破して日本の大手新聞社に就職する。警察担当記者となったジェイクは特ダネを追いかけるうちに、ヤクザ絡みの事件を手練で解決する刑事、片桐(渡辺謙)と出会う。新聞記者として危険な闇社会へと入り込んでいくジェイクに片桐は忠告する。「この世界は、一度開いた扉は閉じるのが難しい」――。
 登場人物達それぞれがショッキングな展開を迎えるというクリフハンガーで幕を閉じたSeason1、男社会を渡り歩く女性記者・詠美(菊地凛子)、自立心の強い優秀なホステス・サマンサ(レイチェル・ケラー)、風俗街で暗躍する刑事・宮本(伊藤英明)、ジェイクと意気投合する若きヤクザのリーダー・佐藤(笠松将)、謎めいたカリスマホスト・アキラ(山下智久)、戸澤組組長の愛人・美咲(伊藤歩)らの運命はいかに。夢や希望ものみ込まれる東京のアンダーグラウンドで、生き残ることが出来るのは誰か。
 Season2では、ジェイクは東京の犯罪の裏社会により深く入り込んでいき、自分自身や身近な人々の命が危機にさらされていることに気づく。既報の通り、佐藤の兄貴分となるヤクザ・葉山(窪塚洋介)や、片桐の相棒となる警視・長田(真矢ミキ)、さらに、サマンサが昔務めていたクラブのママ・エリカ(玄理)もSeason2から新たに加わるのも見どころだ。
 この度、世界同時公開となる特報映像が解禁。怒りをあらわにするジェイクや何者かに命を狙われる片桐、病院のベッドに横たわる佐藤をはじめ、キャスト陣が登場する緊迫感溢れる映像は、本編への期待が高まる内容となっている。
 さらに併せて、日本限定のキービジュアルも解禁。真実に対して真っ直ぐなジェイクに片桐が重なる印象的な構図は、それぞれ別の方向を見ているが協力しあっているという特異な関係を表現したデザインとなっている。
 4月からの放送・配信をぜひ楽しみにお待ちいただきたい。

関連情報

出演:アンセル・エルゴート 渡辺謙 レイチェル・ケラー 菊地凛子 笠松将 窪塚洋介 真矢ミキ ほか 監督:アラン・プール ジョセフ・クボタ・ラディカ 福永壮志 エヴァ・ソーハウグ

コメント

アンセル・エルゴート(ジェイク役)

もう一回、東京バイスの撮影ができてとても嬉しかったです…

閉じる

アンセル・エルゴート(ジェイク役)

もう一回、東京バイスの撮影ができてとても嬉しかったです。
このテレビドラマのお陰で日本の文化を学ぶことができました。
東京バイス シーズン2の話は、もっと面白くなったとおもいますので、ぜひ見てください。
このドラマは90年代の東京の闇の世界がよく描かれているので、とっても面白いと思います。
東京バイス シーズン2は、シーズン1よりもっと面白い展開になっています。

渡辺謙(片桐役)

皆が窮地に追い込まれたSeason1のラスト…

閉じる

渡辺謙(片桐役)

皆が窮地に追い込まれたSeason1のラスト。
どうなっていくのか先の読めない状態で2がスタートしました。
1話ごとに急展開を見せる脚本に驚きながら、撮影が進みました。
サスペンス満載のSeason2を是非お楽しみ下さい。

菊地凛子(詠美役)

Season1に引き続き、自分が子供の頃に憧れていた90年代の世界へまた戻ってくることができました…

閉じる

菊地凛子(詠美役)

Season1に引き続き、自分が子供の頃に憧れていた90年代の世界へまた戻ってくることができました。細かい部分まで当時を再現した明調新聞社のセットに入ると、自然とまた詠美を演じることができた気がします。
90年代の光と闇、またジェイクや詠美たち、明調新聞のチームが、闇に光を当てようと奮闘する姿、そして、 Season1より更にパワーアップしたTOKYO VICEを皆さんに楽しんでご覧いただきたいです!

笠松将(佐藤役)

Season1から2年が経とうとしています。放送終了後、佐藤はあの後どうなったのか…

閉じる

笠松将(佐藤役)

Season1から2年が経とうとしています。放送終了後、佐藤はあの後どうなったのか、全世界からメッセージをいただきました。ようやく皆さんにお話の続きをお届けできます。
お待たせしました。TOKYO VICE Season2、よろしくお願いします。

窪塚洋介(葉山役)

「TOKYO VICE」Season2に服役から出所してくる千原会の若頭"葉山"役で出演しています…

閉じる

窪塚洋介(葉山役)

「TOKYO VICE」Season2に服役から出所してくる千原会の若頭"葉山"役で出演しています。
僕も好きな作品が多いHBO(現 Max)の作品に関わることができて大変光栄に思っております。
今までの役者人生の中で一番と言っても過言ではない、とても難しい役柄でしたが、日米共同制作の現場はいつもとても刺激がありました。
皆さんに観ていただけるのを楽しみにしています。

真矢ミキ(長田役)

80年代、そして90年代初頭、私は20代でした…

閉じる

真矢ミキ(長田役)

80年代、そして90年代初頭、私は20代でした。
異様なほど大人達に活気があり勢いがあった。そしてバブル崩壊。
今、役を通し改めて90年代を再び生き、その背中合わせとなる縦横無尽な裏社会の深さを知ります。
Season2は、生き残るために闇組織も形を変えざるをえない状態で膨れ上がり警察と化かしあい闘います。
私演じる警察組織に生きる女性は、当時の男社会を真っ向から浴びながら、そんな闇組織に立ち向かいます。
TOKYO VICEは海外から来た1人の青年記者の俯瞰の目線から時代と社会を大胆に斬り込み、
それとは対照的に必死に生きる人々の心の機微を繊細に描きます。一見バイコントラストに感じる社会と
人の組み合わせこそが、その時代を象徴するセットなのだとも気付かされます。
今、半年間続いた撮影が終わった達成感と何か途轍もない大きな経験をいただいた感謝が心の奥底にあります。
謙さんをはじめ、この作品で出会えた全ての皆さんにときめいた日々でした。

伊藤歩(美咲役)

1990年代東京アンダーグラウンド、さまざまな欲望が蠢き、張り詰めた緊張感のなか、戸澤に支配され…

閉じる

伊藤歩(美咲役)

1990年代東京アンダーグラウンド、さまざまな欲望が蠢き、張り詰めた緊張感のなか、戸澤に支配され闇社会に生きる愛人・美咲を演じました。
Season1に引き続き、日米のスタッフ・キャストと再び再会でき、そして美咲の新たな展開を演じる事ができてとても光栄です。さらにスピードを増す衝撃のドラマを是非、見届けてください!

玄理(エリカ役)

2022年の10月から撮影が始まりクランクアップまで約9カ月。LAではストライキもあったりで、やっと…

閉じる

玄理(エリカ役)

2022年の10月から撮影が始まりクランクアップまで約9カ月。LAではストライキもあったりで、やっと発表が出来ることに「待ってました!!」の気持ちでいっぱいです。オーディションで勝ち取ったエリカの役はいつも、何ならいまでも私に自信を与えてくれています。アメリカ現地と中継を繋いだ大がかりな本読み、信じられないくらい長い待ち時間と膨大な数のスタッフさんたち、撮影直前まで三日に一度届き続ける改訂台本、繁華街を封鎖しての撮影、そのどれもが最高の思い出です。こんなに自信を持って「絶対見て!」と言える作品に関われたことに心から感謝しています。絶対見て!

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの