オリジナルドラマ
連続ドラマW 坂の上の赤い屋根 (全5話)

連続ドラマW 坂の上の赤い屋根

「第1話 無知の新人小説家」

3/3(日)午後10:00

「第1話 無知の新人小説家」

3/5(火)午前0:00

「第1話 無知の新人小説家」

3/10(日)午前9:00

みどころ

女子高生両親殺害事件から18年後。ある新人小説家の連載企画から登場人物たちが、“黒い感情”の深みにはまっていく――。真梨幸子原作の衝撃のダーク・ミステリー。

            作品情報

            登場人物
            橋本涼

            橋本涼 桐谷健太

            轟書房の副編集長。18年前の「女子高生両親殺害事件」をモチーフとした企画を新人作家の沙奈と共に取材を進める。事件の主犯格とされる大渕の自叙伝の編集担当をしていた過去も……。

            小椋沙奈

            小椋沙奈 倉科カナ

            新人小説家。数年前に新人賞を受賞したが、その後は鳴かず飛ばず。大渕死刑囚の自叙伝に惹きつけられ、企画を橋本に持ち込む。取材を進めるうちに事件そのものに没入していくが……。

            大渕秀行

            大渕秀行 橋本良亮

            死刑確定囚。18年前に、当時付き合っていた高校生の青田彩也子を洗脳し、彼女の両親を殺害した罪で死刑が確定した。あることをきっかけに再審請求に乗り出す。彼の思惑は……?

            鈴木(大渕)礼子

            鈴木(大渕)礼子 蓮佛美沙子

            法廷画家であり大渕の妻。法廷画家として大渕秀行の裁判を傍聴したことがきっかけで、大渕と獄中結婚。 エリート一家の中で疎外感を感じており、大渕の存在が全てになっていく。

            市川聖子

            市川聖子 斉藤由貴

            大渕の元愛人。以前は轟書房の編集長代理として億単位の予算を動かしていたが、大渕のパトロンとして会社の経費を使い込み、解雇された。終始不遜な態度で周囲を翻弄する。

            鈴木孝子

            鈴木孝子 床嶋佳子

            礼子の母親。亭主関白の夫、俊彦に頭が上がらない。礼子を露骨に見下す俊彦や洋平と違って、礼子にも変わらない愛情を注ぐ……。

            人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子原作のダーク・ミステリー。同著者の小説は映像化不可能ともいわれる衝撃作が多く、尾野真千子主演で話題を呼んだ「フジコ」(原作『殺人鬼フジコの衝動』)、同じ名前の女性たちが悪の渦に巻き込まれる「5人のジュンコ」に続いて3作品となる衝撃の映像化。
            物語は、新人作家が18年前の“女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画を、出版社の編集者に持ち込んだことから始まり、やがて登場人物たちが抱える嫉妬、劣等感、孤独、過去など“黒い感情”の正体と事件の真実が明らかになっていく……。
            主人公の轟書房編集者・橋本涼役はドラマ、映画、舞台、CM出演に加え歌手としても活躍する桐谷健太、新人作家・小椋沙奈役は倉科カナが演じ、橋本良亮、蓮佛美沙子、斉藤由貴らWOWOWの数々の傑作ドラマに出演してきた実力派俳優陣が顔をそろえる。
            登場人物たちの心理が交錯し、見る者をくぎ付けにする中毒性があるストーリーは秀逸。ドラマ版オリジナルの展開も加わり、サスペンスやミステリー作品に目の肥えた人々をうならせる珠玉のダーク・ミステリーをお見逃しなく。

            <ストーリー>
            閑静な住宅街にある赤い屋根の家――。18年前、この家で開業医の両親を殺害し遺体を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子(工藤美桜)と、その恋人・大渕秀行 (橋本良亮)だった。世間を震撼させたこの事件の裁判中に、大渕は「早すぎた自叙伝」を出版し、過去に女子児童を手に掛けたことを告白。裁判では彼に洗脳された彩也子が凶行に及んだとされ、主犯の秀行は死刑、彩也子は無期懲役が確定した。
            それから数年後。「早すぎた自叙伝」を担当した轟書房の編集者・橋本涼(桐谷健太)のもとに、新人作家・小椋沙奈(倉科カナ)から事件をモチーフにした小説の企画が持ち込まれる。橋本と沙奈の2人は小説の連載を実現すべく、大渕死刑囚と獄中結婚した大渕礼子(蓮佛美沙子)や、大渕のかつての愛人 で元敏腕編集者・市川聖子(斉藤由貴)ら関係者たちの取材を始めていくうちに、黒い感情に引きずり込まれ……。その先には誰も知らない衝撃の真実が待ち受ける。

            5
            • 連続ドラマW 坂の上の赤い屋根

              「第1話 無知の新人小説家」

              連続ドラマW 坂の上の赤い屋根
              3/3(日)午後10:00
              3/3(日)午後10:003/3(日)午後10:00
              3/3(日)午後10:00
              3/3(日)午後10:003/3(日)午後10:00
            • 「第2話 元愛人からの忠告」

              3/10(日)午後10:00
              3/10(日)午後10:003/10(日)午後10:00
              3/10(日)午後10:00
              3/10(日)午後10:003/10(日)午後10:00
            • 「第3話 女の正体」

              3/17(日)午後10:00
              3/17(日)午後10:003/17(日)午後10:00
              3/17(日)午後10:00
              3/17(日)午後10:003/17(日)午後10:00
            • 「第4話 死刑囚妻の誤算」

              3/24(日)午後10:00
              3/24(日)午後10:003/24(日)午後10:00
              3/24(日)午後10:00
              3/24(日)午後10:003/24(日)午後10:00
            • 「最終話 谷底の少年」

              3/31(日)午後10:00
              3/31(日)午後10:003/31(日)午後10:00
              3/31(日)午後10:00
              3/31(日)午後10:003/31(日)午後10:00
            並び替え
            絞り込み

            WOWOWを配信でも

            WOWOWオンデマンド

            いつでもどこでもWOWOWを
            楽しめる番組配信サービス

            フォローWOWOW!
            最新情報はこちらから

            twitter
            Facebook
            YouTube
            LINE
            閉じる

            番組で使用されているアイコンについて

            初回放送
            新番組
            最終回
            生放送
            アップコンバートではない4K番組
            4K-HDR番組
            二カ国語版放送
            吹替版放送
            字幕版放送
            字幕放送
            ノンスクランブル(無料放送)
              
            5.1chサラウンド放送
            5.1chサラウンド放送(副音声含む)
            オンデマンドでの同時配信
            オンデマンドでの同時配信対象外
            2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
            劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
            2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
            R-15指定に相当する場面があると思われるもの
            劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
            R15+指定に相当する場面があると思われるもの
            1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの

            配信中の番組を今すぐ見よう!

            WEB会員登録(無料)してログインすると視聴できます。

            \簡単入力/ご登録はこちら