メニュー

ステージ
劇団☆新感線「偽義経冥界歌」 中島かずき×いのうえひでのり×生田斗真

劇団☆新感線「偽義経冥界歌」

7/10(日)午後3:45

生田斗真主演、笑いたっぷり、アクション満載の王道エンターテインメント!コロナ禍で東京公演が一部中止、福岡公演はすべて中止となった幻の舞台をLV編集版でお届け。

“義経黄金伝説”をモチーフに平安時代末期の奥州と冥界を大胆に描いた中島かずきの新作をいのうえひでのりがエンターテインメント性豊かに演出。偽者説、影武者説などドラマティックな謎を多く抱えている源義経が実際に奥州にかくまわれていたという史実をスタートラインに、奥州三代の盛衰の行方も絡め、ファンタジーもちりばめる。
タイトルロールの“偽”義経をドラマティックに演じるのは生田斗真。劇団☆新感線最大といわれるすさまじい立ち回りとエネルギーに満ちたこの役の魅力を圧倒的存在感で体現。りょう、山内圭哉、早乙女友貴、三宅弘城ら個性豊かな面々に加え、橋本さとし、粟根まことら新感線メンバーの体当たり演技の炸裂、さらに新感線初登場の中山優馬、藤原さくらのフレッシュな2人が祈りを込めて歌うシーンは感動ものだ。笑いタップリ、アクション満載、ダイナミックな王道エンターテインメントをライブビューイング版の編集でお届け!ご期待いただきたい。

My番組登録者数
  • 503
劇団☆新感線「偽義経冥界歌」

生田斗真主演、笑いたっぷり、アクション満載の王道エンターテインメント!コロナ禍で東京公演が一部中止、福岡公演はすべて中止となった幻の舞台をLV編集版でお届け。

日の本の国が、源氏と平氏の勢力で二分されていた時代。源頼朝(粟根まこと)が鎌倉を拠点に力を蓄えていた一方で、奥州はどちらにも属さず独立自治を貫いていた。そんな中、奥州をまとめる奥華一族にかくまわれていた頼朝の義理の弟、遮那王牛若(早乙女友貴)を奥華玄久郎国衡(生田斗真)が死なせてしまう。弟の次郎泰衡(中山優馬)をかばうためとはいえ牛若を死なせたのは大問題であり、玄久郎は牛若の代わりに源九郎義経を名乗り、僧・常陸坊海尊(山内圭哉)、そして武蔵坊弁慶(三宅弘城)とともに、頼朝が平氏打倒を目指す挙兵に参加する。
その頃、奥華の屋敷では当主の秀衡(橋本さとし)の妻で次郎の母でもある巫女長の黄泉津の方(りょう)が漆黒の洞窟で儀式を行なっていた。一方、戦いの途中で静歌(藤原さくら)という大陸渡りの歌うたいに出会った義経は、その歌が起こす不可思議な現象により、ある人物の亡霊と出会う。

収録日・収録場所

  • 2020年3月19日/東京 赤坂ACTシアター

出演

  • 生田斗真
  • りょう
  • 中山優馬
  • 藤原さくら
  • 粟根まこと
  • 山内圭哉
  • 早乙女友貴
  • 三宅弘城
  • 橋本さとし

スタッフ

  • 中島かずき
  • 演出
    いのうえひでのり

関連特集

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの