メニュー

ステージ
「THE BEE」演出:野田秀樹 阿部サダヲ×長澤まさみ×河内大和×川平慈英

「THE BEE」演出:野田秀樹
現在、放送予定はありません。

10秒に一度、何かが起こる……ユーモアと戦慄の75分!!キャストを一新し、連日満員の観客を震撼し続けてきた演劇史に燦然と輝く野田秀樹最大の衝撃作!

9.11同時多発テロ事件に触発された野田秀樹が英語戯曲として書き下ろした「THE BEE」。2006年、ロンドン初演で好評を博し、2007年に日本で日本語版が上演されるやいなや、演劇賞を総なめにした。これまで10カ国14都市で上演、各地で称賛され続けてきた本作は、いつの時代でも繰り返される“報復の連鎖”を、観る者の想像力を刺激しながら描き出す。幕が開いたが最後、ひたすら落ちていくだけのジェットコースターにでも乗っているかのような物語。
今回キャストを一新し、日本では9年ぶりの上演。これまで野田が演じてきた井戸役を演じる阿部サダヲ、NODA・MAP初登場の長澤まさみ、独特の存在感を放つ河内大和、瞬時に4役を切り替える実力派・川平慈英という豪華キャストが集結し、新たな舞台作品に生まれ変わった。これまで「THE BEE」全公演に出演してきた野田は、今回NODA・MAP作品としては初めて演出のみに専念。演出家としての集大成として、本作を捉えている。
恐怖に支配された人間の“業”を描く今作。いま、この世界で起こっていることとリンクせずにはいられない緊張と興奮が詰まった新生「THE BEE」は見逃し厳禁だ。

My番組登録者数
  • 0
「THE BEE」演出:野田秀樹

10秒に一度、何かが起こる……ユーモアと戦慄の75分!!キャストを一新し、連日満員の観客を震撼し続けてきた演劇史に燦然と輝く野田秀樹最大の衝撃作!

家路を急ぐ平凡なサラリーマンの井戸が自宅の前で遭遇したのは警察とマスコミの喧騒だった。脱獄囚の小古呂(おごろ)が井戸の妻子を人質に取り、井戸の家に立てこもっていたのだ。井戸は妻子を救出しようと、どこか頼りない警察とともに行動を起こすが、事態は思わぬ展開へ……。

収録日・収録場所

  • 2021年11月24日/東京 東京芸術劇場 シアターイースト

出演

  • 阿部サダヲ
  • 長澤まさみ
  • 河内大和
  • 川平慈英

スタッフ

  • 演出
    野田秀樹
  • 原作
    筒井康隆~「毟りあい」(新潮社)より~
  • 英語脚本
    野田秀樹&コリン・ティーバン
  • 日本語脚本
    野田秀樹

関連特集

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの