メニュー

映画
ペトルーニャに祝福を

ペトルーニャに祝福を
現在、放送予定はありません。

第69回ベルリン国際映画祭で、エキュメニカル審査員賞とギルド映画賞をW受賞。北マケドニアを舞台にひとりの女性が思わぬ珍騒動を巻き起こすさまを痛烈に描いた会心作。

北マケドニアの小さな町で、女人禁制の宗教的な伝統儀式に、ペトルーニャという名の女性がそうとも知らず参加し、〈幸せの十字架〉を手にしてしまったことから、町じゅうを巻き込んでの大騒動が勃発。そんな中、日頃から性差別的な扱いを受けてきたヒロインが、どこまでも毅然とした態度で自らの信念と主張を貫き通すさまを、同国の女性監督T・S・ミテフスカがオフビートな笑いの中にも痛烈な皮肉と風刺を込めて活写。第69回ベルリン国際映画祭をはじめ、国内外で幅広い支持と共感を集め、数々の映画賞に輝いた。

My番組登録者数
  • 0
ペトルーニャに祝福を

第69回ベルリン国際映画祭で、エキュメニカル審査員賞とギルド映画賞をW受賞。北マケドニアを舞台にひとりの女性が思わぬ珍騒動を巻き起こすさまを痛烈に描いた会心作。

北マケドニアの小さな町に暮らす32歳の独身女性、ペトルーニャ。恋人も定職もなく、いまだに実家で暮らす彼女は、ある日、母親の勧めで渋々就職の面接に出向くが、担当者の男性からセクハラに遭った上、あっさり就職を断わられてしまう。その帰り道、彼女は地元の宗教的な伝統儀式に遭遇し、司祭が川に投げ入れた〈幸せの十字架〉をつい手にするが、本来その儀式は女人禁制だったことから、彼女の行動は一大騒動へと発展し……。

作品データ

  • 原題/Gospod postoi, imeto i' e Petrunija
  • 制作年/2019
  • 制作国/北マケドニア/フランス/ベルギー/クロアチア/スロベニア
  • 内容時間(字幕版)/101分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ペトルーニャ ゾリツァ・ヌシェヴァ
スラビツァ ラビナ・ミテフスカ
警察署長ミラン シメオン・モニ・ダメフスキ
司祭 スアド・ベゴフスキ
ダルコ ステファン・ヴイシッチ

スタッフ

  • 監督
    テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
  • 製作
    ラビナ・ミテフスカ
  • 脚本
    エルマ・タタラジッチ
  • 脚本
    テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
  • 撮影
    ヴィルジニー・サン=マルタン
  • 音楽
    オリヴィエ・サムイヤン

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの