ドラマ
クラリス (全13話)

クラリス
現在、放送予定はありません。

サスペンス映画の金字塔『羊たちの沈黙』の続編ドラマ。バッファロー・ビル事件の1年後、FBI捜査官クラリス・スターリングが新たな事件に挑む。

1991年の『羊たちの沈黙』衝撃の劇場公開から30年。トマス・ハリスによる小説「羊たちの沈黙」の映画版で、空前絶後の凶悪犯と対峙した、FBIの新人女性捜査官クラ 続きを読む

13

現在、放送予定はありません。

  • #1 沈黙の終わり

  • #3 殺人者との対峙

  • #4 光と影

  • #5 恐怖の一夜

  • #6 記憶の欠片

  • #7 ねじれた真実

  • #8 生きた証し

  • クラリス #9 沈黙の代償

    サスペンス映画の金字塔『羊たちの沈黙』の続編ドラマ。バッファロー・ビル事件の1年後、FBI捜査官クラリス・スターリングが新たな事件に挑む。

    カロリーナが飲んでいたのはレプリゾルという薬で、その製造元のアラストル製薬はタイソン・コンウェイの父親の会社だと判明する。クラリスはタイソンを訪ねるが、14歳で母親を失い、父親に引き取られた彼に同情してしまう。一方、クラークの聞き込みからチームはアラストル製薬の経理担当ジュリア・ローソンにたどり着くが、ジュリアはクラリスが訪問し自己紹介すると態度を硬化させる。

    出演

    役名 役者名
    クラリス・スターリング レベッカ・ブリーズ 瀧本美織
    ポール・クレンドラー マイケル・カドリッツ 田中美央
    トマス・エスキヴェル ルカ・デ・オリヴェイラ 浅沼晋太郎
    シャーン・トリパティ カル・ペン 松川裕輝
    マーレイ・クラーク ニック・サンドウ 村治学
    アーデリア・マップ デヴィン・A・タイラー 國立幸
    ルース・マーティン ジェイン・アトキンソン 榊原良子
    キャサリン・マーティン マーニー・カーペンター 松井暁波
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの