映画
私をくいとめて

私をくいとめて

10/24(日)よる9:00

10/29(金)午後4:30

「勝手にふるえてろ」の原作者・綿矢りさ×大九明子監督が、再び強力なタッグを結成。年下男子との恋に思い悩むヒロインを、のんが魅力満点に好演した会心のラブコメディ。

「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を史上最年少の19歳で受賞し、その後も数々の話題作を発表して活躍する人気女性作家の綿矢。先に彼女の小説「勝手にふるえてろ」を松岡茉優の主演で映画化し、高い評価を得た大九監督が、本作で再び、綿矢原作の小説の映画化に挑戦。脳内に住み着くもうひとりの自分と対話しながら、おひとりさま生活を満喫するアラサーのヒロインを、のんが彼女ならではの魅力を存分に発揮しながら好演。林遣都や、「あまちゃん」以来の再共演となった橋本愛ら、共演者の顔触れも豪華多彩。

My番組登録者数
  • 12
  • 1228
私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の原作者・綿矢りさ×大九明子監督が、再び強力なタッグを結成。年下男子との恋に思い悩むヒロインを、のんが魅力満点に好演した会心のラブコメディ。

30代に突入しておひとりさま生活もすっかり板につき、いまや脳内に住み着くもうひとりの自分とあれこれ対話しながら、毎日を生きるみつ子。そんなある日、みつ子は、彼女の勤め先の会社によく顔を出す年下のイケメン営業マン、多田くんと、地元の駅前で偶然出会い、彼が近所に住んでいることを知る。自炊が苦手という彼のために、時々オカズを分けるようになった彼女は、果たして彼との関係をさらに深めるべきか、思い悩む。

作品データ

  • 制作年/2020
  • 制作国/日本
  • 内容時間/134分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・コメディ

出演

役名 役者名 役割
みつ子 のん 出演
多田くん 林遣都 出演
ノゾミさん 臼田あさ美 出演
カーター 若林拓也 出演
皐月 橋本愛 出演
中村倫也

スタッフ

  • 監督
    大九明子
  • 脚本
    大九明子
  • 撮影
    中村夏葉
  • 音楽
    高野正樹

関連特集

「私をくいとめて」放送記念!監督 大九明子

独自の世界が際立つ邦画界の気鋭監督に注目

特集:東京国際映画祭で出会った映画たち

東京国際映画祭で過去に上映された秀作群

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「私をくいとめて」放送記念!監督 大九明子

独自の世界が際立つ邦画界の気鋭監督に注目

特集:東京国際映画祭で出会った映画たち

東京国際映画祭で過去に上映された秀作群

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの