映画
ある画家の数奇な運命

ある画家の数奇な運命
現在、放送予定はありません。

激動の時代を生き抜くひとりの若き芸術家の姿を描き、第75回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で高評価を得、第91回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた秀作。

長編映画デビュー作の「善き人のためのソナタ」では、東西冷戦期の東ドイツの国家監視体制の実態を描いて、第79回アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、数々の映画賞に輝き、絶賛を博したF・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督。そんな彼が本作では、現代美術界の巨匠ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに、ナチス政権下から戦中・戦後に至る激動の時代のドイツを生き抜くひとりの若き芸術家の姿を、3時間余りにわたってじっくりと描き、再び高い評価を得た。主演は、「コーヒーをめぐる冒険」のT・シリング。

My番組登録者数
  • 0
ある画家の数奇な運命

激動の時代を生き抜くひとりの若き芸術家の姿を描き、第75回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門で高評価を得、第91回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた秀作。

ナチス政権下のドイツ。クルトは、芸術を深く愛する美しい叔母エリザベトから「何事からも目をそらさないで」と教わり、感受性豊かな少年に育つ。エリザベトはやがて精神のバランスを崩して入院し、ナチスの推進する政策に従って断種の処置を施された上、ついには安楽死させられる運命に。戦後、青年となったクルトは、芸術家を志して東ドイツの美術学校に進学。そこで亡き叔母にどこか似た女性エリーと出会い、彼女と恋に落ちる。

作品データ

  • 原題/Werk ohne Autor
  • 制作年/2018
  • 制作国/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/190分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
クルト・バーナート トム・シリング
カール・ゼーバント セバスチャン・コッホ
エリー・ゼーバント パウラ・ベーア
アントニウス・ファン・フェルテン オリヴァー・マスッチ
エリザベト・マイ ザスキア・ローゼンダール

スタッフ

  • 監督
    フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
  • 製作
    フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
  • 製作
    ジャン・モイト
  • 製作
    クイリン・ベルクほか
  • 脚本
    フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
  • 撮影
    キャレブ・デシャネル
  • 音楽
    マックス・リヒター

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 表現者の感性を垣間見た

    • ★★★★★
    • Tomozology
    • 2021/09/18 11:46

    ドイツの画家ゲルハルト・リヒターがモデルの作品。
    伝記映画は当たり外れが激しいが、本作品は三時間超の長尺ながら、全く飽きることのない超良作!

    面白いと感じた点
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの