映画
スパイの妻<劇場版>

スパイの妻<劇場版>

12/12(日)よる9:00

12/15(水)よる6:00

黒沢清監督が、激動する時代の波の中で大きな試練に直面した1組の夫婦の運命をスリル満点に描き、第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた話題の秀作。

太平洋戦争開幕前夜の日本。愛する夫が思いも寄らぬスパイ容疑にかけられ、妻も苦悩して大きな試練に立たされる中、2人が果敢に挑んだ大胆不敵な計画とその気になる成否や、いかに? 黒沢監督が、先に「ロマンスドール」でも夫婦役を演じた高橋一生と蒼井優を主役に据えて見応えのあるラブサスペンスを構築。共同脚本に、「ハッピーアワー」や「ドライブ・マイ・カー」を監督して国内外で高い評価と支持を得る俊英・濱口竜介が参加。二転三転するスリリングなドラマの行く末は、最後の最後まで目が離せない。

My番組登録者数
  • 3
  • 2077
スパイの妻<劇場版>

黒沢清監督が、激動する時代の波の中で大きな試練に直面した1組の夫婦の運命をスリル満点に描き、第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた話題の秀作。

1940年。貿易会社を営む夫の優作と、神戸で平和な結婚生活を送る聡子。ところがある日、彼女は、幼なじみの憲兵隊長・津森から呼び出しを受け、優作がひそかに満州から連れ帰った女性が急死した、という思いも寄らぬ話を聞かされて驚く。優作に疑念を抱くようになった彼女が、金庫に隠されていた夫の撮影フィルムを持ち出して見てみると、そこに映し出されたのは、日本が満州で行なっていた恐るべき国家機密の記録だった……。

作品データ

  • 制作年/2020
  • 制作国/日本
  • 内容時間/116分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー・歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
福原聡子 蒼井優
福原優作 高橋一生
津森泰治 東出昌大
竹下文雄 坂東龍汰
駒子 恒松祐里
草壁弘子 玄理

スタッフ

  • 監督
    黒沢清
  • 脚本
    濱口竜介
  • 脚本
    野原位
  • 脚本
    黒沢清
  • 撮影
    佐々木達之介
  • 音楽
    長岡亮介

関連特集

「スパイの妻<劇場版>」放送記念!黒沢清監督特集

世界の注目を集める、日本を代表する名監督

黒沢清監督特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「スパイの妻<劇場版>」放送記念!黒沢清監督特集

世界の注目を集める、日本を代表する名監督

黒沢清監督特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの