映画
21世紀の資本

21世紀の資本
現在、放送予定はありません。

今日の資本主義社会の実態を分析し、世界的な反響を呼んだ同名のベストセラー経済書を、著者のT・ピケティ本人の監修と共同監督で映画化した話題のドキュメンタリー映画。

貧富の格差が至るところで拡大している今日の資本主義社会。果たして格差はどのようにして生まれるのか? いくら働いてもお金持ちになれないのはなぜなのか? そうした今日の資本主義社会の実態を鋭く分析した、フランスの経済学者ピケティの経済書「21世紀の資本」。2013年に刊行されて以来、全世界で300万部もの売れ行きを記録したこの異例のベストセラーを、ピケティ本人の監修と共同監督で映画化。ピケティ以外にも、経済の専門家たちが多数出演して、今日の社会の仕組みを分かりやすく解き明かす。

My番組登録者数
  • 0
21世紀の資本

今日の資本主義社会の実態を分析し、世界的な反響を呼んだ同名のベストセラー経済書を、著者のT・ピケティ本人の監修と共同監督で映画化した話題のドキュメンタリー映画。

なぜ一握りの富裕層の人々だけがますます富み栄える一方、世の中の大多数の人々は、厳しい労働環境下、日々の生活に追われ、いくら働いても金持ちになれないのか? 本作は、資本主義社会が成り立つ過程やその仕組みを、過去300年にまでさかのぼり、さまざまな歴史的事例や、おなじみの名作映画、小説なども引き合いに出しながら、分かりやすく解説。今日の資本主義社会に警鐘を鳴らし、今後の社会のあり方について模索する。

作品データ

  • 原題/Capital in the Twenty-First Century
  • 制作年/2019
  • 制作国/フランス/ニュージーランド
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • ジャンル/ドキュメンタリー

出演

  • トマ・ピケティ
  • ジョセフ・E・スティグリッツ
  • ケイト・ウィリアムズ
  • フランシス・フクヤマ
  • イアン・ブレマー

スタッフ

  • 監督
    ジャスティン・ペンバートン
  • 監督
    トマ・ピケティ
  • 製作
    マシュー・メトカルフ
  • 監修
    トマ・ピケティ
  • 撮影
    ダリル・ウォード
  • 撮影
    ジェイコブ・ブライアント

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 4K以外を待っていましたが…

    • ★☆☆☆☆
    • int*******
    • 2021/08/21 15:05

    ようやく4K以外の放送が2021/08/18にありましたが、103分より大分短かった。4K以外でノーカットで再放送して頂きたいです…

  • 4K以外での放送をお願いします。

    • ★★★☆☆
    • おかんむり
    • 2021/06/06 23:24

    去年映画館で見たかったけど外出もままならず見れなかった作品です。WOWOWで放送と知り小躍りするくらい嬉しかったのですが、今のところ4Kのみでの放送のようでがっ 続きを読む

  • 「なぜ、自分の生活が良くならないのか」が分かるドキュメンタリー

    • ★★★★★
    • p098iop
    • 2021/04/02 15:14

    有名な「21世紀の資本」を映像化した作品ですが、非常に分かりやすいですね。

    特に日本人は「バブル期以前・冷戦終結前」とその後の区別が分からない人がまだいるよう
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの