映画
母との約束、250通の手紙

母との約束、250通の手紙

6/13(日)よる10:00

6/26(土)よる11:45

フランスの人気実力派作家R・ガリの自伝小説を、P・ニネ&C・ゲンズブールの共演で映画化。第43回セザール賞で4部門にノミネートされ、本国で大ヒットした感動作。

フランスの権威ある文学賞ゴンクール賞を史上唯一人、2度受賞。外交官や映画監督としても活動し、「勝手にしやがれ」の人気女優ジーン・セバーグの夫としても知られた才人ガリ。彼のその特異な才能が開花した陰には、彼を溺愛し、叱咤激励する強烈な母親の存在があった。その知られざる真実を書き綴った彼の自伝小説を、E・バルビエ監督が再映画化。固い絆と愛情で結ばれた母子を、「アンチクライスト」のゲンズブール&「イヴ・サンローラン」のニネが鮮やかに好演し、笑いと涙あふれる熱い感動作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 612
母との約束、250通の手紙

フランスの人気実力派作家R・ガリの自伝小説を、P・ニネ&C・ゲンズブールの共演で映画化。第43回セザール賞で4部門にノミネートされ、本国で大ヒットした感動作。

1914年、当時のロシア帝国(現リトアニア)に生まれ、14歳のとき、フランスに移り住んだロマン。シングルマザーのニーナは、ひとり息子を溺愛して、将来彼が軍人として活躍して外交官、さらには大作家になると信じて疑わず、その過大な期待と重圧に押しつぶされそうになりながら、ロマンは目標達成のため懸命に奮闘。第2次世界大戦中、彼は自由フランス軍の兵士として活躍し、戦場で書き上げた小説の出版も決まるのだが…。

作品データ

  • 原題/La promesse de l'aube
  • 制作年/2017
  • 制作国/フランス/ベルギー
  • 内容時間(字幕版)/131分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ロマン ピエール・ニネ
ニーナ シャルロット・ゲンズブール
アレックス ディディエ・ブルドン
ザレンバ ジャン=ピエール・ダルッサン
レスリー キャサリン・マコーマック

スタッフ

  • 監督
    エリック・バルビエ
  • 製作
    エリック・ジュエルマン
  • 製作
    フィリップ・ルスレ
  • 脚本
    エリック・バルビエ
  • 脚本
    マリー・エイナール
  • 撮影
    グリン・スピーカート

関連特集

放送と配信で観る!フランス映画特集

今月は特別に秀作フランス映画10本を特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

放送と配信で観る!フランス映画特集

今月は特別に秀作フランス映画10本を特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの