映画
日本侠客伝 昇り龍

日本侠客伝 昇り龍

3/24(水)午後1:00

3/24(水)午後1:00

1964~71年の間に計11本作られ、高倉健の人気を決定づけた東映の任侠映画シリーズ第10作。前作に引き続き、火野葦平の「花と龍」を豪華スターの競演で再映画化。

第1作から本シリーズの監督をずっと務めてきたマキノ雅広に代わって、本作では山下耕作が新たに演出を担当。シリーズ前作の第9作に引き続き、今回も物語のもととなったのは火野の人気小説「花と龍」。原作者の実父である主人公の侠客・玉井金五郎を高倉、彼の背中に入れ墨を彫る美しい女侠客・お京を富司純子が演じるのは前作と同じだが、本作は前作の物語の続編ではなく、また一から仕切り直したリブート的作品。この2人に加え、片岡千恵蔵、鶴田浩二、中村玉緒らのスター陣が集結し、豪華な充実作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 231
日本侠客伝 昇り龍

1964~71年の間に計11本作られ、高倉健の人気を決定づけた東映の任侠映画シリーズ第10作。前作に引き続き、火野葦平の「花と龍」を豪華スターの競演で再映画化。

北九州の若松で玉井組を率いる玉井金五郎。石炭労働者たちの組合結成活動に奔走する彼は、親分衆たちとの会合のため、温泉場での慰安旅行に参加するが、彼の活動を快く思わない共同組幹部・友田喜造が刺客を差し向け、金五郎は深手を負うはめに。そんな彼を救ったのは、先に賭場で差しの博打勝負をし、彼の気性に惚れ込んだ女侠客のお京だった。彼をかくまって看病する一方、お京は金五郎の背中に昇り龍の入れ墨を彫り込むが…。

作品データ

  • 制作年/1970
  • 制作国/日本
  • 内容時間/118分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
玉井金五郎 高倉健
お京 富司純子
マン 中村玉緒
吉田磯吉 片岡千恵蔵
島崎勇次 鶴田浩二
友田喜造 天津敏

スタッフ

  • 監督
    山下耕作
  • 脚本
    笠原和夫
  • 撮影
    吉田貞次
  • 音楽
    斎藤一郎

関連特集

生誕90年 高倉健「日本侠客伝」一挙放送

名優が魅力を放った人気シリーズを一挙放送

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

生誕90年 高倉健「日本侠客伝」一挙放送

名優が魅力を放った人気シリーズを一挙放送

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの