映画
日本侠客伝 花と龍

日本侠客伝 花と龍

3/23(火)午後1:00

3/23(火)午後1:00

1964~71年の間に計11本作られ、高倉健の人気を決定づけた東映の任侠映画シリーズ第9作。火野葦平の人気小説をもとに実在の侠客・玉井金五郎の豪快な半生を描く。

今回の物語の原作となったのは、昭和の人気作家・火野が、自らの実父である玉井の波瀾万丈の生涯を書き綴った新聞連載小説「花と龍」。連載終了直後の1954年に2部作が作られたのを皮切りに幾度も映画化されてきたこの人気小説を、今回は、「日本侠客伝」シリーズのうちの一編として再映画化。主人公を取り巻く2人の女性を、星由里子と富司純子が各自魅力的に演じ分けるのも見もの。第1作からずっと演出を手掛けてきたマキノ雅広は、これを最後に本シリーズの監督から離れ、残りの2作はそれぞれ別監督の手に。

My番組登録者数
  • 246
日本侠客伝 花と龍

1964~71年の間に計11本作られ、高倉健の人気を決定づけた東映の任侠映画シリーズ第9作。火野葦平の人気小説をもとに実在の侠客・玉井金五郎の豪快な半生を描く。

日露戦争が終わった明治時代の末。戦友を訪ねて北九州にやって来た玉井金五郎は、大勢の仲間たちとともに港湾労働者として働きだす。持ち前の度胸ときっぷのよさで金五郎はたちまち周囲の信頼と敬服を得るようになり、次第に皆のリーダー的存在へとのし上がっていく。仕事仲間の林助の妹で気性の荒いマンと当初は衝突ばかりしていた金五郎は、やがて彼女と結婚する一方、賭場で出会った女侠客お京にも心惹かれるようになる。

作品データ

  • 制作年/1969
  • 制作国/日本
  • 内容時間/112分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
玉井金五郎 高倉健
マン 星由里子
お京 富司純子
吉田機青 若山富三郎
大田新之助 二谷英明
林助 山本麟一

スタッフ

  • 監督
    マキノ雅広
  • 脚本
    棚田吾郎
  • 撮影
    飯村雅彦
  • 音楽
    木下忠司

関連特集

生誕90年 高倉健「日本侠客伝」一挙放送

名優が魅力を放った人気シリーズを一挙放送

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

生誕90年 高倉健「日本侠客伝」一挙放送

名優が魅力を放った人気シリーズを一挙放送

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの