映画
ペット・セメタリー(2019)

ペット・セメタリー(2019)

2/9(火)深夜1:15

S・キングのベストセラー小説を再映画化した戦慄のホラー。埋めた死体がよみがえる呪われた土地の存在を知った主人公が、突然の事故で娘を失った悲しみに耐えられず……。

怪奇小説の古典「猿の手」に着想を得たキングの傑作ホラー小説を再映画化。埋葬した死体がよみがえるが、その性格が邪悪にゆがんでしまう禁断の地をめぐる恐怖を描く。比較的原作に忠実だった1989年の映画版に比べ、今作では序盤こそ原作通りだが、中盤以降、結末までが独自の展開をたどり、原作や前回の映画版を知る人でも新たに楽しめる。「ゼロ・ダーク・サーティ」や「ナチス第三の男」の実力派J・クラークが、幼い娘の死を前に葛藤する父親役に扮した。娘を演じた子役J・ローレンスの熱演も特筆ものだ。

My番組登録者数
  • 214
ペット・セメタリー(2019)

S・キングのベストセラー小説を再映画化した戦慄のホラー。埋めた死体がよみがえる呪われた土地の存在を知った主人公が、突然の事故で娘を失った悲しみに耐えられず……。

家族と田舎町に引っ越してきた医師ルイス。彼らの新居の裏には、近隣の住人が亡きペットを埋葬する墓地があった。ある日、一家の飼い猫が死んでしまい、ルイスはペット墓地に埋葬しようとするが、親しくなった近所の老人ジャドに導かれ、さらに奧の森に死体を埋める。すると不思議なことに、翌日猫が再び姿を現わした。だが、おとなしかった猫は凶暴な性格に豹変していた。そんな中、ルイスの娘エリーが事故で帰らぬ人に……。

作品データ

  • 原題/Pet Sematary
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/101分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー・ホラー

出演

役名 役者名
ルイス・クリード ジェイソン・クラーク
レイチェル・クリード エイミー・サイメッツ
ジャド・クランドール ジョン・リスゴー
エリー・クリード ジェテ・ローレンス
ビクター・パスコウ オバッサ・アーメド
ゼルダ アリッサ・レヴィン

スタッフ

  • 監督
    ケヴィン・コルシュ
  • 監督
    デニス・ウィドマイヤー
  • 製作
    ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
  • 製作
    マーク・ヴァーラディアン
  • 製作
    スティーヴン・シュナイダー
  • 脚本
    ジェフ・ブーラー
  • 撮影
    ローリー・ローズ
  • 音楽
    クリストファー・ヤング

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの