映画
轢き逃げ 最高の最悪な日

轢き逃げ 最高の最悪な日

7/16(木)午後2:00

「相棒」シリーズでおなじみの人気俳優・水谷豊が、あるひき逃げ事件とその裏に秘められた意外な真実を怒涛のストーリー展開で重層的に描いた、注目の長編映画監督第2作。

2017年、「TAP THE LAST SHOW」で念願の映画監督デビューを果たした水谷が、今回は自らのオリジナル脚本をもとに、重層的なミステリードラマに挑戦。結婚を間近に控えた青年が、ある日、思いも寄らぬひき逃げ事故を起こし、同乗していた親友とともにそのまま逃走。その裏に秘められた意外な真実を、二転三転するトリッキーな映画話術を駆使してスリリングかつドラマティックに描く。オーディションで抜擢された中山麻聖と石田法嗣がW主演を務めるほか、水谷監督も被害者の父親役で熱演を披露。

My番組登録者数
  • 302
轢き逃げ 最高の最悪な日

「相棒」シリーズでおなじみの人気俳優・水谷豊が、あるひき逃げ事件とその裏に秘められた意外な真実を怒涛のストーリー展開で重層的に描いた、注目の長編映画監督第2作。

大手ゼネコン会社に勤める若きエリート社員の宗方秀一。会社の副社長の娘・早苗との結婚式を3日後に控え、式の打ち合わせのため、長年の親友で同僚の森田輝を助手席に乗せて、車で急いでホテルに向かう途中、秀一はひとりの若い女性を思いがけずはねてしまう。「誰も見てない」という輝の声に促され、秀一は無我夢中で現場からそのまま逃走。その後、TVの報道で被害者の女性が死亡したことを知り、秀一は思わずぼうぜんとなる。

作品データ

  • 制作年/2019
  • 制作国/日本
  • 内容時間/128分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
宗方秀一 中山麻聖
森田輝 石田法嗣
白河早苗 小林涼子
時山光央 水谷豊
時山千鶴子 檀ふみ
柳公三郎 岸部一徳

スタッフ

  • 監督
    水谷豊
  • 脚本
    水谷豊
  • 撮影
    会田正裕
  • 音楽
    佐藤準

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの