映画
テリー・ギリアムのドン・キホーテ

テリー・ギリアムのドン・キホーテ
現在、放送予定はありません。

鬼才監督T・ギリアムが、長年映画化を夢見てきた宿願の企画をついに完成。自らをドン・キホーテと信じる老人が巻き起こす珍騒動を奔放なタッチで描いた冒険ファンタジー。

構想から約30年。ギリアム監督がこれまで何度も映画化に挑みながら、幾多の悪夢に見舞われて挫折を余儀なくされてきた〈呪われた企画〉(その紆余曲折は、映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」をぜひご覧あれ)を、ついに完成。第71回カンヌ国際映画祭のクロージング作品としてお披露目上映された話題作がこれ。自らをドン・キホーテと信じる老人に「未来世紀ブラジル」のJ・プライス、そして、現代のサンチョ・パンサよろしく彼の旅のお供を務めるCM監督を、「パターソン」のA・ドライヴァーが愉快に好演。

My番組登録者数
  • 0
テリー・ギリアムのドン・キホーテ

鬼才監督T・ギリアムが、長年映画化を夢見てきた宿願の企画をついに完成。自らをドン・キホーテと信じる老人が巻き起こす珍騒動を奔放なタッチで描いた冒険ファンタジー。

スペインでロケ撮影中、CM監督のトビーは、かつて彼が学生時代に監督して賞に輝いた映画のDVDを偶然手にすることに。映画の舞台となった村がすぐ近くにあることに気付いたトビーは、その村を久々に再訪。映画の中でドン・キホーテを演じた靴職人の老人ハビエルは、いまやすっかり自分が本物の騎士であると信じ込んでいた。さらにトビーをサンチョ・パンサと思い込んだハビエルは、彼をお供に連れ、奇妙な旅へと出発する。

作品データ

  • 原題/The Man Who Killed Don Quixote
  • 制作年/2018
  • 制作国/スペイン/ベルギー/フランス/イギリス/ポルトガル
  • 内容時間(字幕版)/133分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
トビー アダム・ドライヴァー
ハビエル(ドン・キホーテ) ジョナサン・プライス
ボス ステラン・ステルスゲールド
ジャッキ オルガ・キュリレンコ
農民 セルジ・ロペス
農民の妻 ロッシ・デ・パルマ

スタッフ

  • 監督
    テリー・ギリアム
  • 製作
    マリエラ・ベスイェフスキ
  • 製作
    ヘラルド・エレーロ
  • 製作
    エイミー・ギリアムほか
  • 脚本
    テリー・ギリアム
  • 脚本
    トニー・グリゾーニ
  • 撮影
    ニコラ・ペコリーニ
  • 音楽
    ロケ・バニョス

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの