映画
チャタレイ夫人の恋人(1991)

チャタレイ夫人の恋人(1991)
現在、放送予定はありません。

先に「レディ・チャタレー(1989)」にも主演した人気官能女優のマルーが、ここでも同じ役柄のヒロインに扮して体当たりの熱演を披露する、イタリア製文芸エロス映画。

イギリスの作家D・H・ローレンスの背徳文学の名作、「チャタレイ夫人の恋人」を独自に翻案して幾多生み出された官能映画のうちの1本。「レディ・チャタレー(1989)」に続いて人気女優のマルーが当たり役のヒロインを再び熱演し、官能的魅力を存分に披露。前作ではフランク・デ・ニーロ名義で撮影を手掛けたP・ファネッティが、本作では同じ変名を用いて監督に昇格。その後彼は、「チャタレイ夫人の娘」も監督することに。

My番組登録者数
  • 0
チャタレイ夫人の恋人(1991)

先に「レディ・チャタレー(1989)」にも主演した人気官能女優のマルーが、ここでも同じ役柄のヒロインに扮して体当たりの熱演を披露する、イタリア製文芸エロス映画。

性的不能に陥った貴族の夫チャタレイと、一見平穏だが満たされない日々を送っていた若妻のジョエル。そんなある日、彼らの屋敷の使用人だった青年のチャールズが、刑期を終えて出所。チャールズは再び屋敷で働き始め、かつて彼と肉体関係を結んでいたジョエルの情欲も再燃。夫の目を盗んでジョエルはチャールズと密会を重ねるが、実はそんな2人の行動をチャタレイはひそかに見守っていた。3人のゆがんだ関係は、次第に暴走し…。

作品データ

  • 原題/L'amante
  • 制作年/1991
  • 制作国/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/82分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ジョエル(チャタレイ夫人) マルー
チャールズ キーラン・カンター
チャタレイ アンソニー・ステファン

スタッフ

  • 監督
    パスクァーレ・ファネッティ
  • 脚本
    パスクァーレ・ファネッティ
  • 脚本
    マリサ・カリア
  • 撮影
    パスクァーレ・ファネッティ
  • 音楽
    セルフラン

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの