映画
蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

8/11(火)よる7:25

8/16(日)午前11:15

松岡茉優、松坂桃李らの共演で、第156回直木賞と第14回本屋大賞に輝いた、恩田陸の同名小説を映画化。ある国際コンクールに挑んだピアニストたちの内面と苦悩に迫る。

史上初めて直木賞と本屋大賞をダブル受賞した小説を、「愚行録」も高く評価された石川慶監督が映画化。ある世界的なコンクールに挑むピアニストたちの繊細な心情を、リアルなコンクールの場面を通じて表現。ポーランド国立映画大学で演出を学んだ石川監督は同国出身のP・ニエミイスキに撮影を任せ、映像もサウンドもこれぞ映画という高品質に。「勝手にふるえてろ」「万引き家族」の松岡、「新聞記者」の松坂、ハリウッド映画「レディ・プレイヤ-1」の森崎ウィンら多彩なキャストがそれぞれの役どころを熱演した。

My番組登録者数
  • 806
蜜蜂と遠雷

松岡茉優、松坂桃李らの共演で、第156回直木賞と第14回本屋大賞に輝いた、恩田陸の同名小説を映画化。ある国際コンクールに挑んだピアニストたちの内面と苦悩に迫る。

3年に1度開かれ、若手ピアニストの登竜門となっている芳ヶ江国際ピアノコンクール。かつて天才少女と呼ばれて将来を嘱望されたが7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えた亜夜は、このコンクールに再起を懸ける。その一方、岩手の楽器店で働きながらこれを最後のコンクール出場と決めたサラリーマン高島、幼少のころ、亜夜とともにピアノを学んだ、優勝の本命との呼び声が高いマサルらも大きな決意を胸に出場していて……。

作品データ

  • 制作年/2019
  • 制作国/日本
  • 内容時間/120分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
栄伝亜夜 松岡茉優
高島明石 松坂桃李
マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 森崎ウィン
風間塵 鈴鹿央士
ジェニファ・チャン 福島リラ
ナサニエル・シルヴァーバーグ アンジェイ・ヒラ
嵯峨三枝子 斉藤由貴
小野寺昌幸 鹿賀丈史

スタッフ

  • 監督
    石川慶
  • 脚本
    石川慶
  • 撮影
    ピオトル・ニエミイスキ
  • 劇中音楽
    篠田大介

関連特集

真夏の邦画スペシャル

話題の邦画を22本の特大ボリュームで放送

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 消化不良

    • ★★★☆☆
    • ミーケン
    • 2020/08/10 10:49

    原作を読んでいたので、正直「えっ、それだけ?」感はいなめない。難しい題材だと思う。ピアノの演奏シーンは絶対必要だし、でも人間ドラマも深いし。なので、その両方が中 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

真夏の邦画スペシャル

話題の邦画を22本の特大ボリュームで放送

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの