映画
アマンダと僕

アマンダと僕
現在、放送予定はありません。

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門のマジックランタン賞、そして第31回東京国際映画祭では最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した感動の秀作。

思いも寄らぬ悲劇によって大切な母親を失い、ひとりぼっちになった7歳の少女アマンダ。そして、少女の身の回りの世話をすることになった24歳の叔父の青年ダヴィッド。心に大きな喪失感を抱えた2人が、その悲しみを乗り越え、ともに手を携えて懸命に生きようとするさまを、これが長編3作目となるM・アース監督が彼らにそっと寄り添うようにしてじっくりと観察。注目の若手俳優V・ラコストと、オーディションでアース監督に見いだされた新星I・ミュルトリエが、ともに初々しい好演を披露するのが何より見もの。

My番組登録者数
  • 0
アマンダと僕

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門のマジックランタン賞、そして第31回東京国際映画祭では最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した感動の秀作。

パリで便利屋として働く24歳の青年ダヴィッド。彼には仲の良い姉のサンドリーヌがいて、シングルマザーの彼女には7歳の愛娘アマンダがいた。美しい女性のレナと知り合い、ダヴィッドに新たな恋が芽生えたころ、パリ市内で無差別テロ事件が起き、サンドリーヌがその犠牲者のひとりとなって急死。かくして身寄りを亡くしたアマンダの世話役をダヴィッドが引き受けることになるが、まだ若い彼には荷が重すぎて不安が先に立ち…。

作品データ

  • 原題/Amanda
  • 制作年/2018
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第75回(2018)ヴェネチア国際映画祭マジックランタン賞

出演

役名 役者名
ダヴィッド ヴァンサン・ラコスト
アマンダ イゾール・ミュルトリエ
レナ ステイシー・マーティン
アリソン グレタ・スカッキ
サンドリーヌ オフェリア・コルプ

スタッフ

  • 監督
    ミカエル・アース
  • 製作
    ピエール・グィヤール
  • 脚本
    ミカエル・アース
  • 脚本
    モード・アメリーヌ
  • 撮影
    セバスチャン・ブシュマン
  • 音楽
    アントン・サンコ

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション

世界中で生まれた良質な作品をご紹介

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの