映画
火口のふたり[R15+指定版]

火口のふたり[R15+指定版]

8/18(火)深夜0:00

柄本佑と瀧内公美が主役の男女に扮して体当たりの熱演を披露。荒井晴彦監督が直木賞作家・白石一文の同名小説を赤裸々なタッチで映画化して絶賛を博した濃密な人間ドラマ。

「赫い髪の女」「Wの悲劇」ほか、数々の名作を世に送り出し、現代の日本映画界きっての名脚本家として活躍する荒井晴彦が、本作では、「この国の空」以来、4年ぶりに自らメガホンも握り、3度目の映画監督業に挑戦。彼が長年編集長を務める雑誌「映画芸術」の2019年日本映画ベストテン第1位に輝いたのみならず、第93回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベストテン第1位にも堂々選出され、絶賛を博した。久々に再会し、激しい性愛にのめり込む主役の男女を、柄本佑と瀧内公美が体当たりで熱演するのも見もの。

My番組登録者数
  • 286
火口のふたり[R15+指定版]

柄本佑と瀧内公美が主役の男女に扮して体当たりの熱演を披露。荒井晴彦監督が直木賞作家・白石一文の同名小説を赤裸々なタッチで映画化して絶賛を博した濃密な人間ドラマ。

妻子に捨てられ、仕事もうまくいかず、東京で無為な日々を送る賢治。ある日、元カノの直子から、自衛隊員の男性と結婚すると知らされた彼は、故郷の秋田に帰省して彼女と5年ぶりに再会。結婚式を間近に控えた直子につき合わされ、新居へ運び込む家財道具の買い出しや運搬を手伝った賢治は、彼女から熱っぽく迫られて衝動を抑えきれなくなり、婚約者が戻るまでの5日間、直子と2人きり、再び激しい情欲にのめりこんでいくことに。

作品データ

  • 制作年/2019
  • 制作国/日本
  • 内容時間/116分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
永原賢治 柄本佑
佐藤直子 瀧内公美

スタッフ

  • 監督
    荒井晴彦
  • 脚本
    荒井晴彦
  • 撮影
    川上皓市
  • 音楽
    下田逸郎

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

W座からの招待状

小山薫堂と信濃八太郎が本物の映画を案内

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの