映画
殺し屋(2018)

殺し屋(2018)
現在、放送予定はありません。

引退間近の伝説の殺し屋が、運命的に出会った女性と心を通わせながら最後の危険な大仕事に挑むさまを、個性派男優R・パールマンの主演で渋く描いたクライムアクション。

「ヘルボーイ(2004)」やその続編「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」で知られるパールマンが、本作では引退間近の伝説の殺し屋に扮して渋い個性と強烈な存在感を存分に発揮。そしてまた、孤高の一匹狼として長年生きてきた主人公が、ひょんなことから巡り合い、お互いに心通じ合うようになる運命の女性を、「X-MEN」シリーズなどでおなじみのF・ヤンセンが好演。他にもR・ドレイファス、J・ビセットらが顔をそろえ、サスペンスフルであると同時に人間ドラマとしても見応えのある一作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 0
殺し屋(2018)

引退間近の伝説の殺し屋が、運命的に出会った女性と心を通わせながら最後の危険な大仕事に挑むさまを、個性派男優R・パールマンの主演で渋く描いたクライムアクション。

NYでひとり暮らしをしながら、近所のクリーニング店を通じて殺しの指令を請け負う、殺し屋のアッシャー。孤高の一匹狼として長年この稼業を続けてきたものの、全身に古傷を抱え、最近の彼は思うように体が動かなくなっていた。ある日彼は、標的の男を狙撃しようとして近くのアパートの部屋に倒れ込み、住人の女性ソフィーに助けられる。次第にアッシャーは、彼女と心通じ合う一方、彼の背後には思いも寄らぬ危険が迫っていた…。

作品データ

  • 原題/Asher
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/104分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
アッシャー ロン・パールマン
ソフィー ファムケ・ヤンセン
ウジエル ピーター・ファシネリ
アヴィ リチャード・ドレイファス
ドラ ジャクリーン・ビセット

スタッフ

  • 監督
    マイケル・ケイトン=ジョーンズ
  • 製作
    アダム・フォーク
  • 製作
    ジョセフ・メンシュ
  • 製作
    ロン・パールマンほか
  • 脚本
    ジェイ・ザレツキー
  • 撮影
    デニス・クロッサン
  • 音楽
    サイモン・ボスウェル

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 別な意味でハラハラドキドキ

    • ★★★☆☆
    • lunalovegood
    • 2020/06/23 17:57

    初老の殺し屋・アッシャーさん。昔はかなりの腕利きだったんだろうけど、殺しの手口が全然ハイテクじゃないのが、なんかいい感じでした。殺しに入ったビルのエレベーターが 続きを読む

  • タイトル

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2020/06/19 19:55

    邦題が今時「殺し屋」、キャストがパールマンにヤンセン、ドレイファス&ビセット。若者アピールゼロ(笑)ちなみに原題はパールマンの役名「アッシャー」。これから分かる 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの