ドキュメンタリー
ノンフィクションW 松尾スズキ 人生、まだ途中也

ノンフィクションW 松尾スズキ 人生、まだ途中也

3/28(土)よる8:45

大人計画主宰、劇作家、演出家、俳優、映画監督、小説家、はたまたシアターコクーン芸術監督。唯一無二の“おもしろい人”、松尾スズキに迫る初の本格ドキュメンタリー。

My番組登録者数
  • 359
ノンフィクションW 松尾スズキ 人生、まだ途中也

大人計画主宰、劇作家、演出家、俳優、映画監督、小説家、はたまたシアターコクーン芸術監督。唯一無二の“おもしろい人”、松尾スズキに迫る初の本格ドキュメンタリー。

1962年北九州に生まれ、1988年に「大人計画」を旗揚げし、作家、演出家、俳優、映画監督としても活躍、2018年には芸能生活30周年を迎えた松尾スズキ。そして2020年には蜷川幸雄の後を継ぎ、日本演劇界の頂点ともいえるBunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任する。
2019年夏、自ら企画・プロデュースした2人芝居「命、ギガ長ス」は、認知症気味の母の年金を当てに生活する50代ニートでアルコール依存症の男という“8050問題”をテーマにした新作書き下ろし舞台だ。今回、最小限のスタッフで松尾が自ら作、演出、出演、美術、企画、プロデューサーを務め、並々ならぬ想いで取り組んだ舞台の稽古場にカメラが入り、初めての長期密着が行なわれた。
稽古場の風景、俳優・演出家として取り組む松尾とともにカメラが捉えたのは、松尾自身がカメラに語り掛ける姿だ。芸術監督就任時には「シアターコクーンを不真面目な色気のある劇場にしていきたい」と語り周囲を驚かせ、芸能生活30年を超えてもなお新たな試みに挑む。30年間、ブレることなく信念を曲げなかった松尾の言葉、そしてその生きざまに迫るドキュメンタリーをお届けする。

出演

  • 出演
    松尾スズキ
  • 出演
    安藤玉恵
  • ナレーション
    多部未華子

関連特集

松尾スズキ大特集!

関連特集

松尾スズキ大特集!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの