ステージ
ローザス舞踊団「ブランデンブルク協奏曲」in パリ・オペラ座

ローザス舞踊団「ブランデンブルク協奏曲」in パリ・オペラ座

8/23(金)よる9:30

パリ・オペラ座バレエ団の2018-19年のプログラムから、コンテンポラリーダンスの金字塔、ケースマイケル率いるローザス舞踊団を招聘した公演を放送。

My番組登録者数
  • 308
ローザス舞踊団「ブランデンブルク協奏曲」in パリ・オペラ座

パリ・オペラ座バレエ団の2018-19年のプログラムから、コンテンポラリーダンスの金字塔、ケースマイケル率いるローザス舞踊団を招聘した公演を放送。

パリ・オペラ座の創立350周年記念となる2018-2019プログラムの中から、振付家アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルが、主宰するダンスカンパニー・ローザス舞踊団を招聘した公演を放送する。J・S・バッハの「ブランデンブルク協奏曲」の生演奏をバックに踊る、日本未上演の最新作をお届けする。
ローザス舞踊団は1983年の結成以降、世界のコンテンポラリー・ダンス・シーンを牽引してきた。ケースマイケルはこれまで、バッハ、モーツァルト、バルトークなどの音楽とダンスの関係性を探求した作品を数々発表し、世界的に高い評価を得ている。2019年5月に行なわれた来日公演では、ジャズ界の巨星ジョン・コルトレーンによる「至上の愛」やバッハの「無伴奏チェロ組曲」に着想を得て振り付けられた新作を上演し、大好評を博した。現代ダンスをリードし続ける秀才ケースマイケルの流麗なステージ。音楽とダンスがみごとな調和を見せた傑作をご覧いただく。

収録日・収録場所

  • 2019年3月/フランス・パリ オペラ・ガルニエ

出演

  • ローザス舞踊団

スタッフ

  • 振付
    アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
  • 音楽
    ヨハン・セバスチャン・バッハ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの