映画
プリズン・ランペイジ

プリズン・ランペイジ
現在、放送予定はありません。

1978年夏、アリゾナ州立刑務所から脱獄し、メキシコ目指して血みどろの逃走劇を繰り広げた実在の犯罪者一家の運命の行く末を、息詰まるタッチで描いた犯罪サスペンス。

1978年夏、アリゾナ州立刑務所に終身刑で服役中の殺人囚ゲイリー・タイソンが、息子3兄弟の協力を得て、同房の囚人仲間とともに脱獄に成功。一行は、メキシコ目指して逃走を続けるさなか、血みどろの犯罪を積み重ね、全米を震撼させることに。この実話を、息詰まるタッチで映画化。「ターミネーター2」のR・パトリックが、必要とあらば殺人もいとわない犯罪者一家の長を冷徹非情に演じるほか、「ブギーナイツ」のH・グレアム、「いちご白書」のB・デーヴィソンらが、見応えのあるアンサンブル演技を披露。

My番組登録者数
  • 0
プリズン・ランペイジ

1978年夏、アリゾナ州立刑務所から脱獄し、メキシコ目指して血みどろの逃走劇を繰り広げた実在の犯罪者一家の運命の行く末を、息詰まるタッチで描いた犯罪サスペンス。

1978年夏、殺人の罪により無期懲役でアリゾナ州立刑務所に服役中だったゲイリーは、彼に面会に来た長男のドニーをはじめとする息子3兄弟の協力を得て、同房の囚人仲間ランディとともに脱獄に成功。一行は、メキシコ目指して逃避行の旅を続ける一方、警察は、ゲイリーの妻ドロシーを拘束して、厳重な捜査網を敷く。逃走を続けるさなか、父親の冷徹非情な一面を目の当たりにした3兄弟の間で次第に亀裂が生じるようになり…。

作品データ

  • 原題/Last Rampage: The Escape of Gary Tison
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/93分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ゲイリー・タイソン ロバート・パトリック
ドロシー ヘザー・グレアム
クーパー ブルース・デーヴィソン
ドニー アレックス・マクニコル
ランディ クリス・ブラウニング

スタッフ

  • 監督
    ドワイト・H・リトル
  • 製作
    エリック・M・ブレイマンド
  • 製作
    ロバート・パトリック
  • 脚本
    アルヴァロ・ロドリゲス
  • 脚本
    ジェイソン・ローゼンブラット
  • 撮影
    ラファエル・レイヴァ
  • 音楽
    リチャード・パトリック
  • 音楽
    トビアス・エンフース

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 見れなくはないが 期待外れ

    • ★★☆☆☆
    • ハムハム探検隊
    • 2019/10/10 00:44

    悪役の ロバート・パトリックはまずまずながら緊迫感は乏しく、盛り上がりに欠ける。プリズンブレイクのようなウィリアム・フィクナー演じるFBI捜査官みたいの出てこな 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの