映画
蜘蛛の巣を払う女

蜘蛛の巣を払う女

10/21(月)午後3:00

10/26(土)午前4:00

世界的ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化。名コンビ、女性リサーチャーのリスベットとジャーナリストのミカエルは、新たなトラブルに巻き込まれる。

作者スティーグ・ラーソンの他界を受け、3部作で止まった小説「ミレニアム」シリーズだが、D・ラーゲルクランツが執筆した第4作を、第1作を「ドラゴン・タトゥーの女」として映画化したD・フィンチャー監督らが製作総指揮し、ハリウッドで映画化したのが本作。これまでの各映像化以上にヒロインのリスベット(ドラマ「ザ・クラウン」で高い評価を受けたC・フォイが新たに好演)の活躍が派手になり、基本はミステリーながらアクションもふんだんな痛快作となった。監督は「ドント・ブリーズ」のF・アルバレス。

My番組登録者数
  • 638
蜘蛛の巣を払う女

世界的ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化。名コンビ、女性リサーチャーのリスベットとジャーナリストのミカエルは、新たなトラブルに巻き込まれる。

ストックホルム。天才的なハッカーでありリサーチャーのリスベットは人工知能研究の世界的権威バルデル博士から、彼が開発した核攻撃プログラム“ファイヤーフォール”を米国のNSA(国家安全保障局)のコンピューターから取り返すよう依頼される。リスベットはそれに成功するが直後、謎の集団に襲われてプログラムを奪われる。リスベットはかつての仲間ミカエルに集団について調べてもらうが、敵を率いるのは意外な人物だった。

作品データ

  • 原題/The Girl in the Spider's Web
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/116分
  • 内容時間(吹替版)/116分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
リスベット・サランデル クレア・フォイ
ミカエル・ブルムクヴィスト スヴェリル・グドナソン
カミラ・サランデル シルヴィア・フークス
フランス・バルデル スティーヴン・マーチャント
エドウィン・ニーダム ラキース・スタンフィールド

スタッフ

  • 監督
    フェデ・アルバレス
  • 製作総指揮
    デヴィッド・フィンチャーほか
  • 製作
    スコット・ルーディン
  • 製作
    オーレ・ソンドベルイ
  • 製作
    ソーレン・スタルモスほか
  • 脚本
    フェデ・アルバレス
  • 脚本
    ジェイ・バス
  • 脚本
    スティーヴン・ナイト
  • 撮影
    ペドロ・ルケ
  • 音楽
    ロケ・バニョス

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの